レザーショップ横浜 レアーなコードバンジャケット、。

自立するコードバン、馬革ジャケットを
見た事がありますか?

レザージャケットの自立。そう自分で立っている馬革ジャケット。
レザーの厚みも結構な物、そして固さもかなり固い、馬革(コードバン)レザージャケット。
そしてこの馬革はレザージャケットを専門として作る
アーティスト自身が日本のタンナーとの共同開発した馬革
(コードバンレザーを含む)なんです。
個性的な革ジャケットやコートや、レアな革ジャケットを好む方には
きっとたまらないコードバンジャケットの一点なはず。

オーストリッチジャケットもご覧ください

 

 

レザージャケット、コート専門に作るアーティストとは

若きアーティストREI
この作品は、REI自身が日本のタンナーと共同開発で作った馬革/ホースレザー。
革からオリジナルで作ってしまう拘り。
REIの代表作のような馬革レザージャケット作品です。

厳密に言うと革は馬のコードバンを含むお尻全体の革を使用
表になる方が内臓側になります。
馬の生きていた状態を、革の表情として、
荒々しく生かした作りになっています。
かなり革も厚く固いので、こうしてジャケットが自立するほどです。
2.3年かけて、自分の体になじませていく、
それも一つの楽しみですね。

同じ馬革で作ったこちらの靴もなかなかです。

コードバンとは

コードバンとは
馬革の中でも、馬のお尻のへこんだホッぺのような部分をコードバンレザー言います。
馬のお尻はムチでたたかれ固くなるとも言われますが、馬は後ろ足で蹴るので、そのほっぺのような部位が一番固くなるようです。
固く磨けばとても艶が出て丈夫な革として、
馬の革の中でも、高級とされ人気のあるコードバンレザーです。
固く黒っぽくなっているところが
いわいる、馬革の中でもコードバンと言われる部位ですね。
このジャケットは全てがコードバン部位を使ってると言う訳ではありません。
コードバンを含む馬のお尻全体の革を使用して作られたホースレザージャケットです。

 

経年変化

着込んでいくうちに自分の体にそっていきますが、
多分数年かかります。
革を育てる。
そういう事ですね。

数年かけてじっくり自分の体のシルエットにしていく
Men’sレザーならではの楽しみですね。
革好きにはたまらないレザージャケットになりますね。
どんな風に変化していくかは、オーナー様の
扱い次第です、。
経年変化にもワクワクしますね。
思いっきり着倒してやって下さい。

 

男前なすわり姿です。。笑
こちらの黒はかなり固いのですが、一番表情があります。
男性の力がないと着れないですね。
女性が着るときっと体中傷だらけになりそうな固さです。
もちろん着込んでいくうちにだんだん柔らかくなっていきます。。
長く味わって来て頂きたい一点です。

 

 

ムートンジャケット&メッセンジャーバック

 

 

 

ブルレザー メッセンジャーバック

 

シンプルで上品なムートンジャケット

ムートンが持つ適度な光沢感もクオリティーの

高さを物語っていますね。

抜群の存在感。

人とは違う、そして本物のクオリティーを

求めるならREIのジャケットですね。

 

アーティストREIの拘りをここから紹介します。

ヨーロッパの学校出て、テーラーの仕事をしてきているので
パターンからオリジナルです。
革は自身が開発に関わる事もありますが、
それ以外はイタリアやアメリカの老舗のタンナーから
着分だけ取り寄せて作ります。
扱う革の拘りも半端でなく、私自身がほぼ今まで手に取った事のないような
革ばかりで、扱うこちらがまず勉強させられ、感動しています。
もちろん手に取られるお客様も一緒です。
そして、縫製も全てREI自身が手掛けます。
効率をよくする為少し外注に出したら?
と言うと、人の手が加わったら、自分らしさがなくなるから、
それはしない。
との返事。。
そうですよね、そこまで拘るからこのオーラ―が出るんですよね。
金具にも加工を施しているのですが、そこまで手作業です。

 

昨今、デザインをする人や、作る人は
沢山いますがこんなにきっちりと勉強してきて、
デザインも出来て、パターンもひけて、縫う力もある。
日本中探しても今のところREIぐらい。

アーティストREIとの出会い

REIとの出会いは、数年前のアパレルの展示会、
数百社出展する中で、作品が一番際立っていて、
鳥肌が立つような感動でしたね。
出会った時は、
おおー、、出てきた出てきた!!
って言う感動です。
作品が、
「どうだ見てくれ。」
って言わんばかり。
REIはそこにたたずんでいたような、口数も少なく、
ひたむきな海外の画家のような印象でしたね。
そんな出会いでした。。

 

工房へ

先日アトリエにお邪魔した時の写真です。
こうしてREI自身が作っています。
作る作業を見せて頂いたのも初めてでしたが、
扱う革が厚いのでとても洋服の裁断とは
思えない作業でしたね。

 

 

全て彼の手作業によって一着一着完成していきます。

REIの扱う革は一枚一枚革に寄っても表情が違います。

同じものをオーダー頂いても一着一着は一点物のように
同じようには出来上がりません。
その革の良さを最大限にジャケットに表現するからです。
魂のこもった一点ですね。
一度REIの作品を見て頂いた方には忘れられない作品のひとつに残ったはずです。
今井がまだこの先大きな伸びしろを感じるレザーアーティストの一人です。

 

アーティストの顔出しはNGなので。。

 

 

ショールムで来季の作品の打ち合わせ、

ショールームはREIの世界観そのままです。
はっきり写るとご迷惑が掛かるので、
なんとなくの写真です。
毎回ぞくっとさせられる作品を出してきますね。
そして今回思ったのは、
「のってきた」
そう、アーティストとしてだんだんのってきた。
そう感じました。
伸びしろも一番期待するアーティストですね。

 

 

 

 

販売について

この商品は実店舗でのみ販売をしています。オンラインでのお求めは
お電話でご連絡下さい。
参考上代 ジャケット20万円~25万円
(メーカーの意向により上代は提示していません)
サイズや扱う革によって値段は違ってきます。

 

サイスオーダー

REIの作品はサイズオーダーが出来ます。
サイズ 46~52
オーダーの締め切りは年二回
3月末までのオーダーで出来上がりは年末
9月までのオーダーで翌春の出来上がり
全て手作業ですので多少納期は遅れることがありますがご了承ください

 

フルオーダー

オーナー様の体に合ったフルオーダーも可能になりました。
フルオーダーはアーティスト自信がお店でオーナー様の採寸から
行います。
*価格 既存商品価格の2倍~2.5倍+諸経費10万円

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

 

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

オーダーメイドで、刑事コロンボ?の革コート作ります。

映画の中で見た革コートってオーダーメイドでつくれるの?

今回のリクエストは70年代の有名映画の中の役者さんが着ていた革のコートが
気に入ってて、ずーっとどこかでこの革のコートをオーダーメイド
出来る所はないかと探してたら、
馬車道今井にたどり着いたとか。。
早速ビデオを見させて頂き、これなら作れそう。
って事で、映画の俳優さんの着ていた革の
コートのオーダーメイドのスタートです。
どこまで再現できるかお楽しみに。。

 

 

オーナー様の趣味や世界観を把握するために、いつも
ご来店時には好きなファッションを着て来て頂きます。
そして好きな映画、ブランドお持ちのお洋服などなど
出来る限り写真やNETから資料となるものを見せて頂きます。
まずこの段階で私が把握できないファッション感覚や趣味の方などは
お断りします。
私がオーナー様の感覚をきちっとつかめるものしか
承りませんのでご安心ください。
もちろんまずは電話である程度ヒアリングの上ご来店頂きます。

 

拘りの70年代ファッション

ずーっと70年代のファッションが好きなオーナー様
ブーツカットのパンツは今や探すが難しいはず。。
拘りが半端ないですね。。
こういうぶれない拘りかっこいいです。
日本人は流行に左右されがちですから。。

どう作っていくか?

お借りした資料をまずじっくり私が把握したうえで、
作るメーカーの社長に見て頂き、大まかな判断を頂きます。
いけそう、って事で次はパタンナーの判断を頂きます。
ここが大事で、社長、私、パタンナーの3人が
「出来る」
っと一致した感覚を持たなければすすみません。
資料を見た感想が3人一致しましたので、
まずはシーチングからつくります。
ここはパタンナーの腕の見せ所ですが、
うちのパタンナーの感性はとても素晴らしい!!
って手前味噌ですが。。
この人が出来ると言えばほぼ出来ます。
若手のパタンナーです、海外ブランドのパターンをひきこなしているので
安心していつもお任せしています。。

 

 

 

オーナー様の好きな世界です。こういうのも

教えて頂きます。

 

シーチング出来上がり

一回目のシーチングが出来上がりました。
パタンナーから写真を見せてもらった時
お~。。。なかなか良い出来栄え。。。
画像の雰囲気通りに出来上がっています。
さすがうちのパタンナー。。笑
私はワクワクしてきました。。
しいて言えば、ちょっと襟の形が違うと思いましたが、
直す前にオーナー様に一度試着して頂く事にしました。
そして試着です。
全体のラインはOKを頂きました。
細かな修正です。
身幅が少し小さい。
そしてやはり襟の形の修正です。
襟のライン出しはパタンナーも苦戦したようです。
写真とスマホで試着の様子を映像に残し
パタンナーに報告です。
細かな事も録画しながら、オーナー様の着心地も
お聞きしながら、入念にチェックです。
今回のオーダーメイドは再現なので、
本当に慎重に慎重にチェックしていきます。
そしてこれで修正をかけていきます。

 

 

襟の形やセンターラインをこんな風に

修正していきます。

でもなかなか良い感にラインがでています。。
次は二回目のシーチングチェックです。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

 

横浜で蛇革の長財布を選ぶなら、馬車道今井で

新年、財布も新調するならこの蛇革の長財布

新年、気持ちも新たに財布も新調しませんか?

毎年年末年始は財布を買い変える方が多いですね

そこで新しい年にふさわしい蛇革の長財布の紹介。

当店の腕利きの職人が仕立た、この蛇革の長財布です。

蛇革は縁起が良いと言われ、白系の蛇革は特に良いと言われていますね。

お財布でよく言われるのが、蛇革財布はお金が溜まる。

長財布はお札が入りやすいので財布の中でも長財布はお金が溜まる。

そして白蛇は特別な威力があります。

そうこの蛇革の長財布は

「開運 蛇革の財布」

とでも言いましょうか。。

男性なら業績アップ間違いなしの蛇革長財布です。

表情はとてもワイルドですが、仕立ての良さから

高級感もきっちりとあります。

そして機能も抜群。

新年に買い替えるならこの蛇革長財布です

今井オリジナル パイソンロングウォレット カラー 白

オンラインからも購入できます ↓
http://bis.shop-pro.jp/?pid=133376433

革のセレクト

革屋さんに足を運んで、革屋さんのアドバイスも受けながら、

蛇の革を一枚一枚選びます。

蛇の革も選ぶ時の感覚はいつも同じ、

これだ。

直感でビビッときたものを選びます。

 

革がまんべんなく厚みがあり、

程よい弾力感、そしてしっとりしています。

上質のヘビの革です。

 

鱗ははがれる?

よく鱗がはがれていきませんか?

と聞かれる事がありますが、鱗は

使えば使うほど鱗はしっとりとねていきます。

特に財布は手の油が良い栄養にもなって、

自然と鱗がねていき、艶が出てきます。

使わないで乾燥させてほったらかしにしていると

当然鱗はそりかえっていきます。

ただ早々はがれてくることはありませんので

ご心配なく。

特に私が選ぶ蛇革はクオリティーが良いので、

使えば使うほど艶が上がり鱗は自然と

しっとりとねていきますので。

 

職人技の光る内装の仕立て力 これぞ職人技!

財布を開けた時のこのシンプルでシャープな仕立て。

この厚みの中にこの容量。

細部まで細かな技術が光ります。

きっとこの内装の仕立ては職人の中でも右に出る職人は

そうはいない。

当たり前に見えるかもしれませんが、この当たり前なシンプルな表情、

全て革を使ってのこの仕立て。

世に出回っている内装がシンプルでうすい財布は

素材が生地だったり合皮だったりするのが多いですが、

この内装に使った革も職人が選んだ

内装に一番適したイタリアの牛革。

この革選びと仕立ては全て職人にお任せしました。

出来上りは素晴らしい。

是非お店で手に取って確認して頂きたいです。

内装の仕様

ファスナー YKKエクセラ
サイズ:横20x縦11厚さ2.5(cm)
仕様:小銭入れ×1
マチポケット大(札入れ)×2
マチポケット小(札入れ)×1
マチ無ポケット(領収書等入れ)×3
カード16枚収納

価格  税込み ¥100.000ー

 

 

 

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

レザーショップ横浜、オーダーで作るドイツシュリンクのリュックサック

 ドイツシュリンクレザーを使った
リュックサックはなぜヒットし続けるのか?

ドイツシュリンクレザーを使用したオーダーメイドの
リュックサック。今だにオーダーが絶えません。
今回このドイツシュリンクレザーのリュックサックを
オーダーメイドして頂いたのはこんなキャシャな
そして粋な女性。
このリュックサックは圧倒的に女性からのオーダーが多いのですが
年齢もお使いになる用途も皆様様々。
でも共通点は皆様一目ぼれ。
ドイツシュリンクレザーの品質と仕立ての良さが
上手くマッチしたこのリュックサックの
シンプルで上品なオーラに吸い込まれるようです。
ほとんどの方が即決でオーダーをして頂けます。
私達も職人も驚きの大ヒットオーダーメイドの
リュックサックになりました。

こんな素敵な方々にオーダー頂きました。

 

 

レザー専門セレクトショップが提案する、ドイツシュリンクレザーを使用した、
リュックサックをセミオーダーでお作りさせて頂いています。
とてもシンプルなリュックサックだから、仕立ての良さが一目でわかり存在感が
とてもあります。
そしてドイツシュリンクは傷が目立たなく、安定した丈夫さと、
色の変化が少ないのが特徴ですね。
そんなシュリンクレザーをうまく引き立たせたこのリュックを
セミオーダーでお作りしています。

どうして一目ぼれでオーダーするのか?

抜群の仕立て力を持ったアーティストISIGUROのつくる
セミオーダーのドイツシュリンクレザーを使用したレザーリュックサック
昨年からずっとオーダーの絶えない、お店の人気のリュックとなりました。ほとんどの方が一目ぼれでオーダーして頂いています。
ではなぜ一目ぼれするのでしょうか?
理由はきっと簡単です。

素材のクオリティーと縫製力が対比
しているからです。
お寿司屋さんに例えると、新鮮な魚のネタを一流の板前さんが握る
だからお客様をうならせるお寿司が味わえる。
そんな感じでしょうか。。
オーダーメイド専門店で10年の修行を積んだ職人の腕と
感性。その縫製力を持って、なかなか手に入らないシュリンクレザーの
最高級ドイツシュリンクレザーを使っての作成。
だからオーラが違うんですね。
すべてがパーフェクト。
だからオーナー様皆さんが一目ぼれ。
見ちゃったから、出会っちゃったからと言われて皆様即決でオーダーされます。

プエブロレザーのリュックもご覧ください

使用するドイツシュリンクレザーとは?

 

シュリンクレザーとは、簡単に言うと牛革を収縮して表面にブツブツした
シボと言われる表情出した革の事をいいます。
そしてこのドイツシュリンクレザーと言うのは正式に言うと
シュランケンカーフと言って、ドイツの老舗タンナーが作る
革なのです。
カーフとは生後6か月までの子牛の事、このカーフレザーは
柔らかくしなやか。
そしてぺリンガー社の独自の加工によって作られるシュリンクレザーは
他社が作るシュリンクレザーとは比べ物にならないほどの
発色や弾力間があり、水にも強い、そしてシボのきめの細かさもとても上品で
高級感があります。
革の中ではとても安定していて、傷も目立たないですね。
だから海外有名ブランドも長くこの革を使用していますね。
シュリンクレザーと言ってもぺリンガー社のシュリンクレザーを
使用してのはごく稀です。
このリュックサックは、
このぺリンガー社のシュランケンカーフレザーに
も拘りがあります。

選んで頂く色は3色とアンテロープレザー
一番人気のドイツシュリンクレザーのグリーン色

どちらかと言うと女性に人気で一番人気は写真下の
このグリーン色。

 

 

可愛いさと爽やかなブルー色

この色は、わたくし今井とアーティストによって配色を決めたものです、
写真では分かりずらいかもしれませんが、ステッチに効かせてる
ピンクとの相性がっても良く、年齢をとわず女性に人気のカラーです。

男性に人気のアンテロープレザー

(シュリンクレザーとは別の革です)

こちらは、アンテロープと言う牛にかっこいい角が生えたような
牛化の動物の革です。
こちらの革は荒々しさがあるので、男性に人気です。
この革も、水に強く傷も目立ちずらいです。

 

 

 

 

 

たっぱもあるがっちりとした男性からのオーダー

少し前に作らせて頂いた、アンテロープレザーで作ったものです。
こちらのオーナー様は、野球部体系の
とてもがっちりとした背の高い男性でしたので、
ショルダーベルトは別注で、体に合わせて長さを長くしてお作りしました。

 

そしてオーナー様の好きな赤色をきき色にして。
とてもワイルドな雰囲気に出来上がりオーナー様の
雰囲気にもピッタリでしたね。。

 

 

アンテロープレザーとは

アンテロープレザーとは、牛にかっこいい角が生えたような動物です。
アンテロープは革一枚一枚全て表情が違います。
薄い部分が多かったり、濃い部分が多かったり、
生きていた頃の傷も様々。
傷もあじの一つになっています。
雨にも比較的強い革になります。

 

 

ファスナーの色と、内側のピックスエードの色を赤にしました。

 

 

女性のオーナー様に気に入って頂きました。

こちらのオーナー様は先週末引き取りに来て頂きましたが、
何度も「可愛い、可愛い」を連呼して頂き
とても喜んで頂けました。
引渡の時がいつもドキドキですが、
喜んで頂けると、本当にこちらも嬉しいです。
そしていつもすぐそのオーナー様の声を
アーティスト達にも伝えるようにしています。
そうアーティスト達もそれが励みになるのです。
そして喜びを分かち合い、又次も良い物を提案するのです。。

 

 

 

 

この下の写真は、アーティスト自身がしょってるものです。
作品を作るにあたっては、何度も何度もアーティスト自身チェックを
しながら修正もしながら、形になっていきます。

 

 

 

 

 

アーティストISIGUROのご紹介

神戸のオーダーメイド専門店にて10年の修行後
静かな場所で物創りがしたいと、京都の自然の中に
工房を構え移り住み作品を作っています。
豊かな感性を持ち合わせていて、デザインも出来るアーテストです。
革を縫う技術力は日本でもトップクラス。
女性の細やかさが出来栄えに映し出されます。
縫製のどの細部を見ても一切の妥協がありません。
そしてデザインをまねて作ったとしてもこの完璧なオーラは
他のどの職人にも出せる技術ではありません。
馬車道今井がアーティストと認めた一人女性職人ISIGUROです。

価格 税込19万円
革色 ブルー ベージュ グリーン アンテロープレザーの4色が基本ですが、
他にもお選びいただけます。
納期 1ヶ月~2ヶ月

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

ブルゾンのオーダーならレザーショップ横浜へ

気に入ってたけど破れてしまった
レザーブルゾン
同じように作れるの?

はい。このようにお作りしました。
馬車道今井のレザーオーダーメイドは可能な限り
リクエストにお応えします。
今回のレザージャケットのオーダーメイドの依頼は
長年気に入っていたけど破れてしまったレザーブルゾンを
まったく同じように作り替えて欲しいとのリクエスト。
こんな風に胸を開けて着るスタイルが好きだとか。。
サイズ感がとても気に入っているので、全く同じに。。
破れないように強度のある革で。
との依頼で革ブルゾンをオーダーメイドさせて頂きました

 

元の形はどんなの?

元々着ていたのはこのブルゾン、ひょっとしたことで
引っかけてしまい破れたそうです。

確かにかなり長く着られた感じですね。

この時代の物は今は探してもなかなかないですものね。

オーナー様は、胸板の厚い方で、確かに胸を開けて着られたら

かっこいいんですよね。
このサイズ感がどうしても気に入っていて
どこを探してもなくて、馬車道今井にたどり着いたようです。
このようなオーダーメイドならお安い御用です。
必要な方はご依頼ください。
このブルゾンを革を丈夫な山羊の革にして
お作りしました。

 

 

こんな風に再現しました。

 

袖口は時計のサイズにあわせて少し大きめにしました。
これもリクエストの1つでした。

 

このファスナーも同じ形にしました。

内側の生地の色はグリーンにして。

 

 

出来上がりをご試着頂きました。

ぴったり。

良かった。。

ホッとしました。

 

オーナー様は、中学の時から革がお好きになったそうです。
お父様に連れられて行った革屋さん、欲しかったけど
買ってもらえなかった思い出があるそうです。。
そのころからお洒落な革好きだったんですね。

 

ポケットのデザインも全て同じように作りました。

オーダー参考価格
羊革 セミオーダー 12万~15万

馬車道今井のオーダーはレザーであれば何でもご相談ください。

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜で革ジャケットのオーダーメイドをするなら馬車道今井で

革ジャケットのオーダーメイドは
パートナー様とご一緒にお作りしますよ。

今回の革のパーカージャケットのオーダーメイドは、
馬車道に食事に来られた時ふらっと来店して頂いたのが
きっかけでオーダーメイドして頂く事になりました。
馬車道今井のお店は場所柄、けっこうふらっと。。。
が多いんですよ。。
最初は彼女だけに革のパーカージャケットをオーダーメイドと言う話でしたが、
シーチングチェックで二回目のご来店の時に
彼の方も同じ形の革のパーカージャケットを気に入って頂き
同じ形の革のパーカージャケットを
オーダーメイドして頂く事になりました。
東京方面から来て頂いたお二人、最初の印象は、女優さんとプロダクションの社長さん?
と言う雰囲気のお二人、綺麗でかっこいい。。
オシャレなお二人にこちらも緊張します。。
馬車道は大人デートが似合う場所ですよ。

 

 

選んで頂いたのはこのパーカージャケット。

サンプルを着て頂いた写真です。
細い方なので、当然ブカブカですが、
雰囲気を見て頂く為です。

 

 

①仮縫いシーチングでチェック

お店で採寸をして、出来上がったのがこの
シーチング。
見た目はぴったり、ラインもとてもきれい。
でも身幅がちょっとぴったり過ぎたので、
若干の修正を掛けます。
もう一度シーチング合わせをさせて頂きます。

 

よくこのシーチングを売りもののジャケットと
間違われますが、それだけきっちりと
シーチングも作るんです。

 

② 二度目のシーチングチェック

一回目のシーチングがちょっと小さかったので
全体に少し大きくしました、
今回はピッタリ。
良かったです。
これで本番にいきます。

彼のアドバイスで、フードの落ち具合を若干カットします。

余談ですが、今日もオシャレな装いでした。
この履いてらっしゃるスカートにもきっと合わせられるはず。
こんな綺麗でおしゃれな方はこちらも緊張しますね。

 

③付属選び

パーカーの中と袖口は可愛いレースです。
内側の裏地も色を選んで頂けます。

 

 

ボタンも選んで頂けます。

④そして出来上がり!

残念ながらご試着頂いた時の写真を撮り忘れました。。。
ちょっと見ずらい写真かもしれませんが、
出来はこんな感じに可愛くちょっと濃いピンクがきいてます。
サイズもピッタリで気に入って頂けました。

この羊の革はしっとりとして光沢もあり
とても上品な仕上がりになります。
安定した革ですね。

黒の羊革に黒のレースそして鮮やかなピンクの内側の生地もはえますね。

 

男性用はこちら。

この写真はサンプルです。
裏地は無地のウール素材に変更します。

彼の方は今日は採寸、そしてスマホで写真とビデオを撮って
パタンナーに送ります。
これからシーチング作成に入ります。

後日。。
といって、シーチングの試着の写真を
取り忘れてしまいました。。。
シーチングサンプルのサイズはピッタリだったので、
これで作成に入ります。
少しボタンの位置のみ変更します。

 

男性はボタンは水牛が高級感があって人気ですが、
今回は焼き加工したボタンを選んで頂きました。
このボタンもオシャレですね。

 

出来上がり。

ご試着の写真も撮れずでしたが、羊革の質感も
とてもしっとりして高級感もあり上品な
ちょっとカジュアルで大人の雰囲気のあるジャケットに
出来上がりました。

 

 

 

 

 

内側も同じ色のウール素材にしました。

写真の投稿のご協力ありがとうございます。
ご試着頂いた写真がお撮りできなかったので
今度ご来店頂けるときはぜひ着て来て
頂けると嬉しいです。
遠方より何度もありがとございました。

 

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231―0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜でレザーをオーダーメイドするなら馬車道今井へ

レザーでダウン風ベストのオーダーメイドできますよ。

今回のレザーのフルオーダーはレザーでダウン風
のベストを作って欲しいとのリクエスト。
最初お聞きしたときは、
ん?ん?。。。
でしたが、単純にダウンを入れられるベストを
オーダーメイド、と言う事でした。
ダウンと言えば、ナイロン生地で横に縫い目が
何本かありその中にダウンが入っていますよね。
このナイロンの素材をレザーにして、中のダウンは
ご自分で調達されるとの事でした。
こんなレザーのオーダーメイドもお受けしていますよ。
馬車道今井ならではのオーダーメイドですね。

こちらは採寸をした後に作ったサイズ合わせの
シーチングと言うものです。
馬車道今井のオーダーメイドはこのシーチングを
一度お作りして、サイズ感やデザインの雰囲気を
確認して頂きます。
このシーチングを作成することで、
サイズ感の間違いがありませんね。

 

今回は一回でOKでした。
小さかったり大きかったりする場合もありますから、
シーチングを修正する場合ももちろんあります。

 

シーチングを試着して頂き、こんな風に写真やスマホで
録画して、シーチングを作るパタンナーに修正箇所や着心地
を伝えます。
↓この写真の向かって右側は厚みをの
感覚を出すために綿を入れています。
こうして出来上がりの雰囲気を見て頂きます。
全てOKだったので、これで作成スタートです。

 

工場から出来上がりの写真が送られてきました。
前立てにボタンをつける予定でしたが、
このシンプルな前立ての方がいいのではないかと思い
オーナー様にメールでこの写真を見て頂きました。
そしてボタンなしのこの前立てで仕上げることに
なりました。
すでにボタンをつけるようにしたててたので、
前立てごと作り替えてもらいました。

 

そして出来上がり。
引き渡しの時はいつもドキドキですが。。
気に入って頂きました。
良かったです。
そのまま着てお帰りになられました。
ほっとしました。。。笑

 

革は強度も考え牛革です、そしてマスタードが良いと言う事でしたので、
ちょうどこの国産の牛革を気に入って頂きこの牛革に決定しました。

 

 

 

 

内側はこんな風にダウンを自分で入れられるように、
沢山ファスナーを付けました。
ダウンを入れるときはジップロックのようなものに
ダウンを一度入れてそしてこの中に一か所ずつ入れて
頂きます。

 

 

オーナー様、お待たせしてすみません。
気に入って頂き良かったです。
そして素敵な生き方ですね。
目標にします!

レザーであれば基本何でもオーダーメイドしますよ。
お気軽にご相談ください。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜でブライドルレザー財布のオーダーメイドをするなら


横浜でブライドルレザー財布のオーダーメイド
をするなら馬車道今井で。

今回のブライドルレザーのオーダーメイドは
「一万円札を150枚をピタッと入れる」
これがメインのリクエスト。
これまでお使いの財布は、財布の横幅がお札のサイズより若干大きく
隙間が空くのが気に入らないとか。。
男の方はこう言う拘りを持つ方はホント多いですね。
そしてカードは5枚入ればよい。
領収書を入れるポケットが一か所。
このリクエストを元にブライドルレザーでお財布を、
フルオーダーさせて頂きました。

 

ブライドルの色は黒です、そしてコバの赤色がきいています。

 

内側はヌメ革、だんだんあめ色に変わっていくのも

楽しみの一つですね。

領収書入れのポケットが湾曲しているのは、

お使いの財布はこの湾曲してる部分がよれてきたから

その不安を取り除くためです。

まっすぐなラインでも構造上の問題は

無かったのですが、単純に不安を取り除くために

このラインにしました。

そしてイニシャル入り。

先日お渡ししましたが、

「150万ピタッと入るよ、

使いやすいよ。」

っと気に入って頂きました。

良かったです。。

こんなフルオーダーもお受けしますよ。

ご遠慮なくご相談下さい。

↓ここからは還暦のお祝いに作らせて頂いた
ブライドルレザーの二つ折り財布

今回は若い男性のお客様からお父様の還暦のお祝いにと言う事で、
ブライドルレザーを使った二つ折りの財布をお作りさせて頂きました。
お父様はいつも二つ折りの財布を使っているとの事で
形は同じような形にして、革はブライドルレザーの黒を
選んで頂き、還暦と言う事で赤のコバにしました。

職人からの提案で、せっかくの記念の財布なので、

イニシャルをサービスでお入れさせて頂く事にさせて頂きました。
出来上がりはとても立派に出来上がりました。
記念に贈るのにはとてもふさわしいオーダーメイドのブライドルレザーの
財布になりました。
きっと喜んで頂けるはずです。

お客様には何度かお店に来て頂き、
ご家族の事やご自身の事など聞かせて頂きました。
どんなご家庭でどんなご関係で、ご家族の何を
大切にされてるのかその辺もお聞きしながら
どんな革が良いのかどんな仕立てが良いのか
私の中で感覚をつかんでいく作業です。
決めて頂いたのをただ作れば良いというものではありません。
なんとなく会話の中から望まれている感覚を頭で整理させ、
一番お似合いになりご希望とされる目的にふさわしい財布
これを提案します。
今回私が提案させて頂いたのは、記念品ですから、
ブライドルのこの輝き、気品、重厚感。
この革しかない、そして還暦にふさわしい、
赤。
ブライドルレザーに赤のコバ仕立てが得意な
職人に仕立てはお願いしました。
立派な気還暦祝いの財布の出来上がりです。

 

 

 

↓ここからは依然オーダーメイドさせて頂いたブライドルレザーの財布です

愛用してきた財布だけど、ここにこんなのがあったらもっといいのに。って思っていませんか?

お任せください、ご愛用の財布を元にもっと使いやすくご希望通りにオーダーメイドしますよ。
よくお問い合わせ頂くのが、今使ってる財布にもっとカード入れが多いのが欲しいとかこの小銭入れがもう少しこうだったら。。っと言うように今の財布からもう少し機能を変えたのが欲しいという財布のオーダーメイドです。
市販のものをいくら探しても見つからない、と言う方にはお勧めな財布のオーダーメイド。
出来る限り使い勝手良く改善して、出来る限りかっこよく
丈夫なお財布をオーダーメイドでお作りします。
当店の財布のオーダーメイドは革の調達から縫製までをすべて一人の職人による
手作業で行うのが他社との違いです

 

ブライドルレザー長財布のフルオーダーの流れ

入念なヒアリングから始めます

今回のオーナー様のご希望は写真のお使いになっていた二つファスナーの海外ブランドの長財布を、二つのファスナーが面倒だから1つのファスナーにして容量は出来る限りそのままで、と言うリクエストを頂きました。

 

好みのレザー、革の選択、革は何で作ろうか?

何の革が良いのか革の種類の指定はあるのか?
革の鞣しは、タンニン鞣しにこだわるのか?
クロム鞣しが良いのか?
堅いのが良いか?
柔らかいのが良いか?
シボがあるのが良いか?
色の変色はしない方が良いのか?
色はどんな色にしようか?etc。。

決定したのは本場イギリス産のブライドルレザーとは?

ブライドルレザーとは。
古くからイギリスの王朝に愛されてたと言われている革です
馬具に使う革としてヨーロッパで生まれた革で、ピット槽と言われるプールで
数か月かけて鞣された丈夫な成牛だけを使い、
手作業にて数種類のロウを丹念に擦り込ませます
「ブルーム」
と呼ばれる浸み込んだツヤの成分が白く表面に現れるのが特徴です。
使い込めば使い込むほど美しい艶も出るので、
経年変化もとても楽しみなブライドルレザーです。
芯までロウが浸み込んでいますから、耐久性と柔軟性もあり
馬車道今井でもとても人気のあるレザーでとてもお勧めです

中の仕様はどう変えていきますか?
わがまま一杯言ってください

今の財布に入ってるカードはそのまま同じ枚数を使うか?
カードを増やすか減らすか?
お札入れは何か所いるか?
領収書など入れるポケットは何か所必要か?
小銭入れのファスナーはどっちの向きに付けるか?
実際に店内の同じような財布を手にして頂き
使い勝手を試してみます。

 

職人との打ち合わせ

オーナー様のリクエストを職人に確認して、
構造上の無理はないか?カードはスムーズに入れられるか?
カードの枚数は多すぎないか?
耐久性やコバの色のバランス。
などなど今度は職人との打ち合わせ。
オーナー様のご希望でも、構造上問題がある場合は
きちっと説明して、最善策のご提案をします。
基本的に、職人が勧めないものは私もお勧めできないので、
でもなるべくご希望に添う最善策を考えます。

そして、出来上がり。

 

ブライドルレザー長財布出来上がり

内側も肌色のヌメ革がとてもきれいです。
このヌメ革はだんだん飴色に変化していきます
コバの赤もとても鮮やかに効いています。

馬車道今井の職人について

馬車道今井の作品を作る職人は、基本一人の職人が
全て手作業にて仕立て上げます。
もちろんお願いする職人は
国内の中でも抜群の腕を持った若手職人達です。
そして何より作ることに一途で真面目な
腕利きばかりです。
私の目にかなった職人にしか
お願いしませんので、ご安心ください。
目利きには自信を持っていますので。

 

 

 

内側のヌメ革もとても綺麗です、
このヌメ革はだんだんあめ色に
経年変化していきます。
革の変化が一番わかりやすいヌメ革ですね。

ファスナーはなぜykkがいいのか?

長財布の幅は、最大限に大きくしました、約3センチほどあります。
ファスナーはもちろんYKKのエクセラを使用
YKKのエクセラの中でも一番街幅が大きなファスナーです
そうなんといってもファスナーはYKKです。
洋服でも小物入れでもなんでもそうですが、ファスナーは
やっぱり日本のYKKです。
長く使っていくと、引手部分が壊れることがまれにありますが、
本体のレール部分が壊れることはまずありません。
売る側の私達にとっても安心して商品を売る事ができます。
デザインとして時々メンズメーカーで海外のファスナーを使うのは
別として、ファスナーはやはり日本のYKKです。
そして馬車道今井が使うのは全てYKKの中でも
エクセラと言う最高級のクオリティーのファスナーです。
安価な物にYKKとついていたら騙されないように!
よーくみると  「Y」の部分が、「V」と「I」に分かれていますから、
海外の偽物、YKKに似せたファスナーですよ。
お間違えなく。

引手の拘り

ファスナーの引手もオリジナル、ここまで職人の手作業です
大柄なオーナー様だったので、かなり分厚く作りました。

 

同じブライドルレザーで作った鞄もご覧下さい
http://atelier-bis.jp/wp/bridle-leather-original-bag/

 

 

参考価格 ブライドルレザー使用フルオーダー長財布 15万円~20万円

上記ブライドル長財布 18万円

クロコダイルでのオーダーメイドはこちらをご覧ください

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜のレザーショプで探すバレンタインの革財布

横浜でバレンタインの贈り物を探すなら、
馬車道今井で素材にも拘った
革財布を選ぶのがお勧めです。

新しい年を迎え、毎日使うお財布も新調してみてはいかがでしょうか。
もうすぐバレンタインなので、日ごろお世話になっている大切な方に
プレゼントしてもいいですね。
馬車道今井では、革製品のフルオーダーやセミオーダーで、
お客様のご希望の商品をお作りしていますが、
オーダーではない革製品もお店にたくさん並んでおります。
どれも、今井自ら拘りを持って選んだ商品です。
素材、デザインともに気に入って頂けると思います。

 

この写真は、馬革を使ったW&Dの財布です。
今井で扱っているのは、ブラックとブルーの2色です。
しなやかで軽く、使っているうちにツヤが増し、経年変化も楽しめるレザーです。

W&D財布

 

こちらは、女性にも人気の商品です。
ファスナー財布は、水牛を使用しております。
二つ折り財布は、プエブロレザーを使用しております。

marume財布

 

プエブロレザーとは

オイルレザーの表面を毛羽立たせている手の込んだ革で、
使い込むとだんだん毛が寝て艶が増し、色や表情を変えていきます。
経年変化を楽しむ革好きの方にお勧めのレザーです。

marume財布

marume財布

 

水牛革を使用したファスナー財布

アルカヌエバ財布

アルカヌエバ財布

 

店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜のレザーショップがお勧めする、POST&COのイタリアンレザーベルト

上質でお洒落なアクセサリーを選ぶならPOST&COのイタリアンレザーベルトをお勧めします。

馬車道今井の革小物は、男心を擽る商品ばかりです。
馬車道今井では、POST&COの商品をいくつか揃えております。
なかでもベルトの種類が豊富で、お客様の間でもとても人気です。

もうすぐバレンタインですね。

大切なパートナーへの贈り物に困った女性の方、
是非、馬車道今井に寄ってみてください。
メンズの商品が揃っている店内ですが、女性の方も入りやすい雰囲気です。
勿論、女性の方に使って頂ける商品もございます。

牛革ベルト

 

POST&COのレザーベルト

POST&COのレザーベルトは、イタリアの革職人が一本一本拘りを持って作り上げているので、写真の様なシンプルなベルトでも味わい深い表情があります。

COLOR : T.MORO

牛革ベルト

 

COLOR : TAUPE
牛革ベルト

牛革ベルト

牛革ベルト

牛革ベルト

SIZE : 90cm
MATERIAL : 牛革
原産国 : イタリア
PRICE : ¥17,820(税込)

オンラインショップからご購入頂けます

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>