横浜でオーダーメイドする、ちょい悪オヤジのヘビ鞄

遠方からでもヘビ革バックをオーダーメイド出来るの?

はい、もちろん、馬車道は仕事で地方から来られる方も多く
ふらっと寄ったのがご縁で、そこから鞄のオーダーメイドが始まります。
それも結構遠方の方に。。。
小さなレザー専門レザーセレクトショップだから、鞄のオーダーメイドの
融通は利かせて頂いています。
そしてヘビ革の鞄のオーダーメイドにもお答えできます。
ヘビ革の鞄をただオーダーメイドするだけでなく、
センス、感性はヘビ革の革選びも独自のもの。
他のショップではきっと提案できないセンスとオーナー様の世界観を
ヘビ革を使ってオーダーメイドの鞄に表現します。
それが馬車道今井のヘビ革の鞄のオーダーメイドです。
ご来店出来ない遠方の方でも可能です、メールや、電話、FBを使って、
やり取りしながら、楽しく作らせて頂いていますよ。
ちょい悪?でなくても、こんなヘビ革の鞄をオーダーメイドしたい、
という男性はぜひオーダーメイドのご相談をお気軽に。

 

 

「テーマは不良中年の夏休み」 提案した革はパイソン

こちらのオーナー様には前回は秋冬用でアザラシで鞄を
作らせて頂いていましたので、
今回は夏用の鞄です。
そして頂いた

 

アザラシの鞄はこちらから

http://atelier-bis.jp/wp/leather-bag-full-order/

選んだのは谷くろ染のこのパイソンレザー。

蛇革に一度ピンク色を染め、手作業で表面を拭き取る作業で
作られたパイソンレザー。
鱗の中のピンクが角度によって見え隠れします、とてもきれいな発色で
珍しいパイソンを見つけました。
一目でオーナー様にはこのパイソン!
っと私の中では決まりました。
白の表面に中が紫がかったピンク色のパイソンレザー。
派手さが欲しい、でも安っぽくなっては大人は持てない。
このパイソンレザーは、大人の派手さと、やんちゃさがうまく出るような
オーナー様のご希望通りというか、ぴったりお似合い。
この表情は女性が好みそうな色気、だからこそオシャレなちょい悪が
持つと思いっきりはまるパイソンレザーの表情です。
これです、このパイソンレザーです!決まりです。

 

 

フェイスブックでパイソンレザーを確認

オーナー様にこれどうです?
これ以外考えられないんですが。。。
いいね、いいね。。
ですよね。これですよね。。
ってな会話して、とりあえずパイソンレザーはオッケーでした。。笑

 

オーナー様は遠方の方なので、まずは手っ取り早くフェイスブックに
このパイソンレザーの写真を載せて、パイソンの色を確認して頂きました。
(フェイスブックはこのように遠く離れてる方に、簡単に確認して頂ける
ツールとして利用しています。)
写真で見て頂くのが一番分かりやすいのでね。
まずパイソンのオッケーを頂きました。

このターコイズとこのパイソンのコンビも綺麗だなと思いましたが、
オーナー様からは脚下されました。。笑
そして職人からもダメだし。。
飽きが来て、安っぽくなると。。

 

こうしてみると鱗の中にしっかりとピンク系の
紫色が見えますね。

パイソン当然自然の中の生き物ですから、
傷や穴も開いています、
そして良いパイソンレザーは裏側の表情が柔らかく
さわり心地がとてもいいです

デザインの決定

そしてこの選んだパイソンを職人に送り職人と共に
デザインを決めていきます。
オーナー様の今回のご要望を私の方で、電話やメールでお聞きして、
大体の形を決めていきます。

オーナー様のご要望

①前回が冬用だったので、今回のアザラシバックとは真逆のイメージ
②派手さの中に、上品さ
③大人のちょい悪だけど、品もあり高級感も欲しい
③イメージとして軽さと、夏らしさ
③明るい中にシャープさもある
⑤容量は前回と同じ
⑥ポケットのしようも前回と同じ
⑦内側はペイズリー柄のような派手な生地(紫、イエロー、ピンク)
⑧白が良いけど汚れが気になる
このイメージを元にラフ画のデザイン画5型をデザイン
その中から決定したのがこの形
(残りの4型に関してはデザイン画の流出を防ぐため投稿は出来ません)
デザイン画の意図を職人からよーく聞いて、職人と私とで、
ある程度この形なら、こう。こっちの形ならこうなると言うような事を
じっくりと聞いて共有します。
そして忘れないうちにすぐ、オーナー様に電話!

ご納得頂ける様説明をきっちりして、この形に決定!

 

それから、メールや電話、FAXで細かな打ち合わせを何度も何度も。。
とにかく空想の世界を形にしていく訳ですから
細かな感覚、世界観まで、気になるところは何度でも
聞きます。
何回も電話メールしますよ。。オーナー様も忙しいのにね。。笑
時には「今移動ちゅ~。。又あとで~。。」
どこまで派手にします?
大阪の派手なノリまでいきます?
そこまでいかない?
いや~。。
そこまで。。。ン~でもやっちゃいましょうか。。笑。。笑
じゃあこの位のパンチきかせましょうか??
ってな話を繰り返し、
派手さもどこまで出すかがポイント。
それを、オーナー様、私、職人で共有する作業をとことんするのです。
だから楽しい、でも私はかなりプレッシャー。。笑。。

 

細かな仕様の決定

何度も何度も、オーナー様と職人の感性のすりあわせ。
そしてオーナー様の希望が作成上無理がある場合
どう変更していくか
どう作ったら使い勝手がよく納得頂けるか細かな事まで共有していきます。
オーナー様の要望をお聞きして把握する、それを職人に可能かどうか
なぜだめか、どういう風に変更したらご希望に添えるか。
オーナー様の希望を出来るだけ叶える為に、職人とのやり取りも
入念に何度もします。
それが私の責任。

①革 パイソンがあまり経年変化しない革なので、
本体になる革も経年変化があまりないクロムなめしの革
②本体の色 オーナー様は汚れが気になるから白は避けたい、
っとおっしゃってたのですが、
このパイソンに合うのは白系かグレー。
迷われましたが、白は普通の人は持たない色で贅沢な色、
そしてかっこいい色。
迷われましたが、かっこよさを取って時は白系に決定
③金具色 私もそうですが金具の色で金色はあまり好きではありません、
なのでこの好みは必ずお聞きします、
今回のオーナー様はどちらでもよいとの事だったので、
作りながら職人の感性にお任せ
④コバの色 革と革を合わせた側面を削って磨く
コバしたてのコバの色は赤系に決定、
濃淡も職人の感覚にお任せ。
⑤鞄底の仕様 鞄が床に付かないように底鋲を付ける
⑥持ち手の予備  1本変えを作る
⑦内側生地  内側はペイズリー柄の、ピンク、紫、黄色、紺、の派手めな色を希望、
本体の色とのバランスを見て職人に任せる
⑧本体マチ部分がぼてっとならないようにする
⑨ポケットの仕様 ペンさし4本、ファスナーポケット、オープンポケット2か所
外ポケット パスモ入れ用。
ポケットはオーナー様から頂いた図面を元に作成

そして、出来上がりました!

堂々の出来上がり、素晴らしい!
創造道りです、美しい、かっこいい!
オーナー様の持つ姿が目に浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックスタイル

キャリーケースに差し込めるように後ろ身頃にはベルトを付けました。
これも前回のアザラシ鞄と同じ使用です。

 

内側の生地は職人にお任せでしたが、こんなオシャレな生地でした。
4本のペン刺しをご希望でした、ちゃんと付いていますよ。

 

そして、オーナー様のもとへ出荷

出荷前にFBにアップしてみて頂きましたが、
直接実物を見て頂くまではドキドキです。
作品を送る時は婿に出す気持ちになりますね。。笑
ちゃんと仕えてくるんだよ、っと思いを込めながら。。
そして、昨日無事到着。

お電話を頂き、気に入って頂きました!

とてもドキドキ緊張しますが、ホッとする瞬間です。
アザラシバックとは真逆で、シャープで、
本体を真っ白にしなかったこの革も良いと。。
リクエスト道りだと言う事で、とても喜んで頂けました
又次も考えるっておっしゃって頂けたので、
本当にホッとしました。嬉しかった!
良かった。そして職人にもすぐ報告

そしてなぜオーダーを自信を持って受けるか

私にはデザインする才能はないけれど、物を見抜く目利きには
何より自信を持っています、きっとそれが当店の強み、
物は作れなくても、デザインの発想がなくても、
売れる商品、クオリティーの高い物、職人の腕、
ここを見抜く力は誰にも負けない自信があります。
そして、お客様の感覚を掴む感性。
私にない才能は、デザイン力と縫製力です。
だから、デザイン力豊かで、抜群の縫製力を持ったアーティストと
組むのです。
もちろん彼らに絶対的な信頼がなければ、オーダー商品は実現しません。
ありがたく、素晴らしい若きアーティストと組むことが出来ています。
だから自信を持って、オーダーをお受けし気に入って頂ける
作品が提供できるのだと思っています。

納品。

 

そして、久しぶりにご来店

久しぶりに鞄が仕えてるオーナー様と
里帰り?
そんな気持ちですね。。
婿に出した息子が里帰りしてくれたような。。
突然でしたがとても嬉しかったです。
鞄もとても綺麗に使って頂いています。
そして今回はキーケースのオーダーを頂きました。
いつもありがとうございます。

 

 

 

レザーオーダーはお気軽にご相談ください。

参考価格 パイソンレザー使用 鞄30万~40万円

当店のオーダーは、私と職人が企画し、全てその職人一人が縫い上げます。

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

 

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜のレザーショップ、馬車道今井で選ぶierib

ieribとは

ロンドン カレッジ オブ ファッションパターン&ガーメントテクノロジー課の
イギリス式テーラーリングをベースとしたパターンデザインを学ぶ。
卒業後イタリアのフローレンスでテーラーの修行をし、帰国後京都にアトリエを構える。
革は自身が開発に関わる事もありますが、
それ以外はイタリアやアメリカの老舗のタンナーから
着分だけ取り寄せて作ります。
扱う革の拘りも半端でなく、私自身がほぼ今まで手に取った事のないような
革ばかりで、扱うこちらがまず勉強させられ、感動しています。
もちろん手に取られるお客様も一緒です。
そして、縫製も全てREI自身が手掛けます。
効率をよくする為少し外注に出したら?
と言うと、人の手が加わったら、自分らしさがなくなるから、
それはしない。
との返事。。
そうですよね、そこまで拘るからこのオーラ―が出るんですよね。
金具にも加工を施しているのですが、そこまで手作業です。
昨今、デザインをする人や、作る人は
沢山いますがこんなにきっちりと勉強してきて、
デザインも出来て、パターンもひけて、縫う力もある。
日本中探しても今のところREIぐらい。

アーティストREIとの出会い

REIとの出会いは、数年前のアパレルの展示会、
数百社出展する中で、作品が一番際立っていて、
鳥肌が立つような感動でしたね。
出会った時は、
おおー、、出てきた出てきた!!
って言う感動です。
作品が、
「どうだ見てくれ。」
って言わんばかり。
REIはそこにたたずんでいたような、口数も少なく、
ひたむきな海外の画家のような印象でしたね。
そんな出会いでした。。

 

工房へ

先日アトリエにお邪魔した時の写真です。
こうしてREI自身が作っています。
作る作業を見せて頂いたのも初めてでしたが、
扱う革が厚いのでとても洋服の裁断とは
思えない作業でしたね。

 

 

全て彼の手作業によって一着一着完成していきます。

REIの扱う革は一枚一枚革に寄っても表情が違います。

同じものをオーダー頂いても一着一着は一点物のように
同じようには出来上がりません。
その革の良さを最大限にジャケットに表現するからです。
魂のこもった一点ですね。
一度REIの作品を見て頂いた方には忘れられない作品のひとつに残ったはずです。
今井がまだこの先大きな伸びしろを感じるレザーアーティストの一人です。

 

アーティストの顔出しはNGなので。。

 

 

ショールムで来季の作品の打ち合わせ、

ショールームはREIの世界観そのままです。
はっきり写るとご迷惑が掛かるので、
なんとなくの写真です。
毎回ぞくっとさせられる作品を出してきますね。
そして今回思ったのは、
「のってきた」
そう、アーティストとしてだんだんのってきた。
そう感じました。
伸びしろも一番期待するアーティストですね。

 

 

 

ieribの商品一覧はこちらから。

レザーショップ横浜、クロコダイルコートのフルオーダー

男はやっぱりかっこいいクロコダイル一着
欲しくありませんか?

似合ってますね。大人の男は自然とクロコダイルが似合います。
若さで着るのも良いけれど、やっぱり上質のクロコダイルが決まるのは
大人の男ですね。
クロコダイルでコートをフルオーダー、贅沢の極み。
大人の男だからこそ出来る贅沢フルオーダー。
クロコダイルフルオーダー「NineーB」がお売りするのは
最高の贅沢です。

ご来店頂いたついでに写真を撮らせて頂きました。
背の高い方は当然市販の洋服はサイズが合いません。
こういう方にはフルオーダーです。そしてクロコですから最高です。
バックスタイルもかっこいいです。
フードまでクロコダイルを贅沢に使いました。

 

クロコダイルジャケットもこちらに投稿しています

とても軽いね。
っと言っていただきました。
そう上質のクロコダイルだから軽いんです。
そして柔らかく上品なクロコです。

まずはシーチングサンプル作成

採寸を元にシーチングを作ります。
コマかなチェックと修正を図ります。

合皮でサンプル作成

そして、合皮ですが、こんな立派な
合皮でサンプルを作り最終チェックします。
スタッフも皆、本物のクロコダイルかと
間違えるような上質の合皮でサンプルをつくり、
サイズはもちろん、雰囲気も見て頂きます。

着心地などゆっくりとチェックして頂きます。

 

 

 

 

クロコダイルの財布のオーダーもしていますよ、こちらから。

店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜で革のテーラードジャケットをオーダーメイドするなら馬車道今井で

男なら一着は欲しい革の
テーラードジャケット。
馬車道今井でオーダーメイドしませんか?

 

ジャケットの定番と言えばテーラードジャケット
そう、革でも一着は欲しいテーラードジャケット
馬車道今井のメンズレザージャケットの一番人気は
やはりこのテーラードジャケット。
もう何着作ったか??SSサイズの方からビックサイズの方まで。。
ジャケットを生地から革に変えるだけでぐっと
お洒落になりますよね。
ちょっと良いウールのジャケットを買うなら
革のテーラードジャケットにしませんか?
馬車道今井の革ジャケットのオーダーメイドは
もちろんご自身の体に合ったサイズでお作りさせて
頂いていて値段も手ごろなので好評です。
革ジャケットのオーダーってどうなの??
って思ってる方ぜひご覧ください。
馬車道今井一番人気のメンズ、革ジャケットの
オーダーメイドのご紹介です。.

 

 

↓こちらが馬車道今井一番人気のテーラドジャケット

採寸

こちらのお客様はご自身の気に入ってるジャケットを
お持ち頂きました。
このジャケットのサイズがとても気に入ってらっしゃるという事で
サイズを参考にします。
お店で私達スタッフが採寸します、そして採寸の寸法と一緒に
店内でサンプルを着用した写真を撮らせて頂きます。
この資料をシーチングサンプルを作る
パタンナーに送ります。

オーナー様のご要望をヒアリング

拘りポイント

こちらのオーナー様はとてもお洒落さん、
拘りは体にピタッとしたサイズ感。

もう一つのこだわりポイントは袖丈

この袖丈がむつかしい。。。
あえて短め、そしてシャツが少し出る長さ、
だけど。。。
そこはシャツが出ててもお洒落。っと思う短さ。。
けっして丈が足りないって思われない袖丈感。。。
これが難しい。。。

パタンナーとの打ち合わせ

お客様の採寸と希望丈。。。
身幅の拘りや袖丈の丈の拘りを
忘れないうちに打ち合わせが終わったらすぐに
パタンナーに資料と写真を送って伝えます。
そしてシーチングサンプルの出来上がりを待ちます。

 

シーチングサンプルとは

こちらが試着用に出来上がったシーチング生地を
使った試着用のサンプルです。
シーチングって何?って
聞かれますが、専門用語ですね。。
こういう試着用に使われる白いパリッとした生地を
シーチングと言います。
この記事で仮のサンプルを作るのです。
そして試着していただき、着心地等々を
確認していただきます。
もちろんサイズが合わなければシーチングの修正を
してもう一度試着して頂きます。
大体一回で終わることが多く、もし合わなかったとしても
一度修正すればピッタリです。
うちのパタンナーは感性豊で腕が良いんです。。。笑

 

 

 

袖丈を気持ち長く。。
0.5㎝でもないし0.3でもないし。。。
そうちょっと短く、もうちょっと長く。。
短すぎなく、おしゃれに。。
長さの攻めきあい。。。

 

シーチングOKで出来上がりを待ちます。

 

そして完成!

 

納品の時はいつも気に入って頂けるかドキドキです。

まずお見せしたら。。

無言。。。

「や~。。どうでしょうか?。。。。

だ。。め。。ですか?????」

恐る恐る。。。

 

 

「うん」

「うん」

「うん。。いいよ」

うん。いいよ。ピッタリだよ。いいよ」

 

よかった~。。。。

ほっとした瞬間でした。。。。。笑

革はワンウォッシュかけた羊革

艶があり少し張り感があります。

 

内側はかっこいい紫を選んで頂けました。

袖の一か所のみ裏地と同じ紫にしました。

ワイン色の出来上がり

今回は表側の羊革はワイン色
裏地は茶色みがかったベージュをお選び
頂きました。

 

 

一番人気の黒の出来上がり

このジャケットはやはり一番人気は黒ですね。
もう何着作らせて頂いたか。
今回のオーナー様も革のオーダーは初めてと言う事で
やはり黒をお選び頂きました。
何着も持っている方でしたら、他の色もお勧めするのですが、
初めの一着はやはり黒ですね。
音楽の発表会?に着て下さるとかで、
とてもお似合いで喜んで頂けましたね。
良かったです。

 

 

 

セミオーダーレザージャケット

¥100.000-+税

*料金システム

指定の羊革使用

革色 5色から選択

ボタン 水牛やメタリック数多くの中から選択

裏地  50色ほどの中から選択

 

*上記写真のワンウォッシュ羊皮使用の場合

アップチャージ¥40.000ー+税

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜がおすすめするヘビ革二つ折り財布

貴重な手染めのヘビ革を二つ折り財布に
仕立てました

革屋さんで出逢った美しい小さなヘビ革。
牛革とあわせて二つ折り財布に職人KAZANに仕立ててもらいました。
ヘビ革のマットな染まり具合としっとりとした手ざわり…
かなり上質なヘビ革です。
ふっくらとした厚みもあり、財布を手に取ったとき、手に馴染みやすく温かみを感じます。
「なんて柔らかい」
と、間違いなく感じて頂ける財布に仕上がっています。
一度手に取ったなら、離したくなくなる。。
他の革では味わえないヘビ革独特の感触です。
他の人とは被らないちょっと拘った、
ヘビ革の二つ折りの財布をお探しの方にはお勧めの
一点です。

 

ヘビの革のウロコが剥がれたり、取れたりしない?

と、ヘビ革のお財布はよく聞かれます。
もちろん使い方にもよりますが、
日常生活でお使いいただく中で、剥がれたり取れたりすることは
滅多にありません。
お財布は特に手の油が良い栄養になって、
使えば使うほど鱗に手の油が浸透して、
しっとりと鱗がなじんでいきます。
ヘビ革特有のウロコ同士の重なりの面白さや先端の突起などを含め、
使い込んでいくうちに
自然な変化を楽しんでいただけたら嬉しいです。

目を奪う革目の美しさ。唯一無二の一点ものです。
人目を惹くこと間違いなしです。

 

 

 

財布の仕様

中にはカードが3枚収納できます。
お札収納スペースには仕切りもあり、
お札とレシートやチケットを分けて収納もできます。

レザーショップ横浜馬車道今井が
自信を持っておすすめするヘビ革のお財布。
一点ものですので、お早めに。

 

MATERIAL:ヘビ革×牛革

PRICE:¥50,000(税込)

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

レザーショップ横浜 WOLF&DOGの馬革コインケース

WOLF&DOG馬革のコインケース

馬車道今井では、W&Dの馬革商品を数多く取り揃えております。
今回ご紹介するのは、馬革使用のシンプルなコインケースです。
W&Dの馬革はとても柔らかく、しっとりとした手触りが特徴的です。
手に取った瞬間から、ずっと触っていたいと思わせる馬革のコインケースです。

ワイルドな表情が特徴

ウルフ&ドックの馬革の表情は独特の

表情がありますね

経年変化もとてもあり、あっという間に色が濃くなり

艶々になっていきます。

とても軽くて丈夫なウルフ&ドックの馬革

コインケースです。

W&D コインケース

W&D コインケース

W&D コインケース

MATERIAL : 馬革
生産国 : 日本
PRICE : ¥10,260(税込)

オンラインショップからご購入頂けます

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

 横浜でプエブロレザーのリュックをオーダーメイドするなら

革マニアが好むプエブロレザーで
リュックサック/バックパックを
オーダーメイドしませんか?

存在感抜群のプエブロレザーリュック。
プエブロレザーを得意とする腕利きの職人が
仕立て上げます
プエブロレザーの色や、内側生地の色を選んで頂いて
一点一点丁寧にお作り致します。
プエブロレザーの独特な革の表情を上手く表現した
このプエブロレザーリュック(バックパック)。
プエブロレザーの良さをこれ以上表現できた
鞄、リュックはきっと他には見あたらない。
職人の腕も一目でわかるこのプエブロレザーリュックです。

↓ 最近の出来上がり。このプエブロ火がついたようです。

 

最近の出来上がり。

ここのところこのプエブロレザーのリュックに火が
付いたかのように人気急上昇。
男性からも女性からもこのプエブロリュックはオーダーがあります。
皆さんやはり革好きの方ばかり、
プエブロレザーはやはり革好きにはたまらないんですね、
それにこの仕立てですから、よそでは
手に入りません。
先日もこのブログをみて決めたという方に
わざわざ遠方からご来店頂き即決で
このプエブロレザーリュックを
オーダー頂きました。
プエブロレザーはどうしても色移りがありますから、
キャメルや、グレーがお勧めですが、
あえて赤や、紺色と言う方もいらっしゃいます。
実物は大小とお店にサンプルを展示していますから、
是非実店舗で実際に手に取ってこの
存在感を味わってみてください。

プエブロレザーって何?

プエブロレザーって何?って言われる方も多いかと思います。
プエブロレザーは簡単に言うとオイルをたっぷり含ませたレザーの
表面を、あえてやすりのようなもので、毛羽立たせているのが
特徴のレザー、プエブロレザーです。
使っていくうちにその毛が寝ていき艶もでて元道りの革に戻るような
イメージです。
オーダー頂ければ、抜群の腕を持った
職人WAKATUKIがプエブロレザーを最高の作品に料理します。
出来上がるリュックの一つ一つが、それぞれの存在感を醸し出しています。

Lサイズ↓

ドイツシュリンクで作るリュックもご覧ください

 

大きさは、LサイズとMサイズの二種類
写真で見比べてみてください。
Lサイズは出張にも行けそうな大容量
Mサイズは普段通勤に使えるサイズ
LサイズMサイズ両方パソコンの収納ペースがあります。

Lサイズオーダーはこちらから

Mサイズ↓

Lサイズ↓

Mサイズ↓

Lサイズ ↓

Mサイズ↓

Lサイズ↓

Lサイズ↓

オーダーメイドの出来上がり

今回は都内からわざわざ馬車道に来てくださりオーダーメイドさせて頂きました。女性のお客様で少しパーツ部分をグレーにして欲しいというリクエストを
頂きこんなラフ画を職人に書いて頂きました。
このラフ画を見て頂き手元は本体と同じであとは絵のように
と言う事で作成に入りました。
本体の底の部分に特定の水筒入れが欲しいとのリクエストでした。
職人はわざわざ同じ水筒を買ってピッタリのサイズにしてくれました。
職人の気合の入った一点です。。。笑
と言うかこの職人の腕は半端じゃありません。。
いつも完璧、別の職人も絶賛するほどです。。

 

 

グレーとのコンビも良い感じです。

 

 

 

 

ここに水筒がすっぽりと入りますよ。

ファイルが入れやすいようにポケットの切り口を下げました。
携帯と名刺入れもつけて。。
オーダーメイドですから、多少の融通がききますよ。

オーダーメイドで作るプエブロレザーのリュック
とても味があってよいものですよ。
オーダーメイドで鞄を作ってみませんか。

価格 Lサイズ 税込¥190.000-

Mサイズ 税込¥180.000-

納期 1ケ月~2カ月

このプエブロレザー財布のセミオーダー、リュックの詳細はこちらから。

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜レザーショップがヘビ革で提案するオーダーメイドのバック

お任せください貴方に似合ったバックを
ヘビ革でオーダーメイドしますよ?

横浜レザー専門レザーセレクトショップが提案する
お任せオーダーメイドのヘビ革バック。
好みの形や、革、用途等々、どんな風なヘビ革バックを作りたいか
漠然とでも教えて頂ければ、わたくし今井がオーナー様に似合う
パンチのきいたヘビ革バックをオーダーメイドします。
いわゆるお任せのヘビ革オーダーメイド。

今井にオーダーメイドのバックを託してみませんか?

今回のオーナー様にはヘビ革/パイソンのバックを提案しました。
パイソンと言ってもヘビの革も色々爬虫類専門の革屋さんの所で
オーナー様に一番似合いそうな、ヘビ革を選んでのオーダーメイドです。

ラグジュアリーって、こういう事?

今回のオーナー様は以前クロコダイルレザーでお財布を
作らせて頂いたオーナー様
今回は、
「荷物はほとんど持たないんだけど、何かかっこいい
鞄を作ってくれ。任せるよ。」
っと、完全お任せのフルオーダーです。
ファッションはいつも黒系でちょっとラフな洋服が多い、
ネクタイはしないけどジャケットはいつもはおってらっしゃる、
なので私がビビッときたのは、
あえてカチッとしたビジネス鞄色は薄いグレー系のパリッとカチッとしたビジネスバック。
やっぱりパイソンかな。。。

以前作らせて頂いたクロコダイルレザー財布はこちらから

菅原文太?

この方、見間違えますよね、文太さんじゃないんですよ、
でも相当間違われたようです、かっこいい方です。
たっぱもある方なので、荷物は入れなくても、
横40㎝縦30位はないとバランスがとれません、
写真は、W&Dの鞄を持って頂いてバランスを見させて頂いてる所です。

 

イメージが決まったらレザー選び

そして選んだのは、このグレー系の谷くろ染めのパイソン。
革屋さんに一枚だけありました。
迷いなく
「これだ。」
艶なしのパイソンレザー、文太さんにはこのパイソンレザーです。
パイソンレザー表面の表情が渋さもあり高級感もある、
そして落ち着いた大人のイメージもある
とにかくかっこいいパイソンレザーを発見。

そしてまたまた文太をお店にお呼びして、
パイソンレザーをお見せして、
「これで作ります。」
っと。。
有無を言わせません、笑。。

 

デザインの決定

パイソンを職人に送って、私のイメージをよーく伝えて、
出してくれた5型のデザイン画
(デザインの流出を防ぐため却下したデザインは投稿できません)
の中から決めてただいたのは、こちらのデザイン。
文太さんは細かなご要望はなかったので、
「じゃあ、とにかくかっこよく作りますね。」
っと言って打ち合わせが終わりました。
オッケーが出たので、後は職人に「とにかく文太風にかっこよく
作ってね」
っと念押し、そしてチェックはサイズ感。
後は待つばかり。今月末には出来上がるかも。

 

出来上がりました!

上品な出来上がり、さっそくオーナー様に連絡。
出来上がりの時の写真は残念ながら撮らせて頂けませんでしたが、
とても気に入って頂けました。
思ったより良い。っておっしゃって頂いたのでほっとしました。
フルオーダーはいつも引渡の時がドキドキです。
無事に婿入り出来た感じです。良かったです。

  • 堂々の出来上がり。

引手まで手作業です。渋くかっこよく出来上がりました。
色も良い感じに落ち着きました。
大人が持つへび革/パイソンバックですね

 

こんなお任せオーダーもお受けしています。
わたくし今井がオーナー様のイメージに合う一点をお作りします。
私に託して頂けませんか?

お気軽にご相談ください。
参考価格 パイソンフルオーダー鞄  38万円~45万円

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜のレザーショプが作る、メンズのセカンドバックのフルオーダー

メンズの拘るセカンドバックのフルオーダー

 

レザーに拘るメンズ、人とは違うメンズセカンドバックをお作りしますよ。
メンズレザーセカンドバックを探しても気に入った物がない方、
馬車道今井はとことんご要望をお聞きしますよ。
革,色や,仕様,オーナー様の使い勝手の良いようにフルオーダーで
メンズレザーセカンドバックをお作りします。

セカンドバックをそろそろ買い換えたいけど
どこ探してもないってことありませんか?

当店のお客様がよくおっしゃるのは
使ってるバックや財布がとても気に入ってるんだけど
どこ探しても同じようなの無いんだよね。
そうおっしゃる方にはフルオーダーはお勧めです、
今使ってる鞄を更に使いやすく、そして自分だけの
オリジナルが出来ます。
人とは一味違う使い勝手の良い鞄をフルオーダーで
お作りしますよ。

 

じっくりヒアリング

お使いだったこのレザーセカンドバックが気に入ってるのだけど
そろそろ買い換えたい、そして願わくば、
もうひとまわりサイズを大きくして、A4サイズが入る大きさにしたい。
そして、人気の海外ブランドバックのデザインも少し入れたい。。。etc。。。

色々とご要望をお聞きします。
ほんの数センチ大きくすることにしたのですが、
この数センチが結構難しいのです、大きすぎると不格好で、
持った時の安定感がなくなります。
でも小さいとA4ファイルが入りません。
何度も何度もファイルを入れるのを優先するか?
デザインを優先するか?
お聞きして。
そしてファイル以外は何を入れるのか、左手でどのように持って
右手でどうファスナーを開け閉めしたいか。
鍵は何個ぐらいどこに収めたいか。etc。。。
よーく、よーく。お聞きします。

 

セカンドバックに一番合う革の選択

アーティストと相談して選んだ革は、山羊の革/ゴートレザー。
柔らかく細かいシボがあるので、傷が目立ちづらい。
そして光沢があるので上品な高級感があります。
せっかくのフルオーダーですので、アーティストの腕も
もちろんですが、革選びも重要なポイントです。
絶対的な信頼の元お願いするアーティストですから、
革の最終的なジャッジはアーティストの意見を優先します。
作るレザーアーティストがこの革が一番、っと言う判断がなければ
よいフルオーダーの作品は出来ませんから。

 

ステッチの色や金具の色をアーティストと
連絡を取りあいながら、選んでいきました。
お客様のご要望は、A4ファイルを入れたいとの事でしたが、
A4ファイルをそのまま入れるサイズにすると
大きすぎてしまうので、ファイルは折って入れる事に
して頂き大きすぎず、小さすぎずのサイズになりました。

 

中の写真を撮り忘れてしまいましたが、
中のポケットの仕様も
携帯を入れるポケットや名刺入れを入れるポケット
など、持ち物を教えて頂き、どこにどう入れたいかなど、
細かくお聞きして形を決めていきました。

 

出来上がり

出来上がり後すぐにオーナー様が引き取りに来られたので、
写真がこの一枚くらいしかないのが残念ですが、
とても喜んで頂けました。
ありそうで、ないMen’sのセカンドバックです

 

参考価格
セカンドバック/フルオーダー  15万~20万円
革種類やアーティストによっても違ってきます。

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

レザーショップ横浜がお薦めする真鍮のマネークリップ

真鍮とレザーのコンビのお洒落な
マネークリップを提案

マネークリップも色々ありますが、馬車道今井は真鍮と水牛のコンビの
お洒落なマネークリップを作りました。
真鍮はもちろん「上白石」の真鍮を使用し、
アルカヌエバにて一点一点仕上げたマネークリップです。

使用する真鍮

無骨だった真鍮をエレガントな金属に発展させた金属の老舗「上白石」の真鍮にこだわり使用しています。真鍮は使えば使うほどに革と同じように経年変化をしていきます。丁寧に作られたタンニンなめしの革と同じですね。
革と真鍮の経年変化をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>