横浜のレザーショップが扱うieribの馬革/ホースレザーフードジャケット

拘るメンズが持つべきはieribの馬革/ホースレザーフードジャケット

オシャレなメンズは他人と同じレザーフードジャケットは避けたいはず。
レザー専門セレクトショップがメンズ達にお勧めする今回のierib馬革ジャケットはこの馬革/ホースレザーフードジャケット。
数多くある馬革ジャケットの中でもひときわ目立ち異彩を放つ、また技術と経験、才能に裏付けされた魅力を放つのがieribの馬革ジャケットであり馬車道今井が扱う馬革ジャケット作品。
他の人よりも圧倒的な差をつけるならやはりieribの馬革/ホースレザーフードジャケットでしょう。

ierib作品 3階にて展示 予約制


馬革ですが薄く、比較的軽いです。
サイズは46と48でロット違いが二着あります。

ierib商品一覧はこちら

アーティストREIの拘りをここから紹介します。

ロンドン カレッジ オブ ファッションパターン&ガーメントテクノロジー課の
イギリス式テーラーリングをベースとしたパターンデザインを学ぶ。
卒業後イタリアのフローレンスでテーラーの修行をし、帰国後京都にアトリエを構える。
革は自身が開発に関わる事もありますが、
それ以外はイタリアやアメリカの老舗のタンナーから
着分だけ取り寄せて作ります。
扱う革の拘りも半端でなく、私自身がほぼ今まで手に取った事のないような
革ばかりで、扱うこちらがまず勉強させられ、感動しています。
もちろん手に取られるお客様も一緒です。
そして、縫製も全てREI自身が手掛けます。
効率をよくする為少し外注に出したら?
と言うと、人の手が加わったら、自分らしさがなくなるから、
それはしない。
との返事。。
そうですよね、そこまで拘るからこのオーラ―が出るんですよね。
金具にも加工を施しているのですが、そこまで手作業です。

昨今、デザインをする人や、作る人は
沢山いますがこんなにきっちりと勉強してきて、
デザインも出来て、パターンもひけて、縫う力もある。
日本中探しても今のところREIぐらい。

アーティストREIとの出会い

REIとの出会いは、数年前のアパレルの展示会、
数百社出展する中で、作品が一番際立っていて、
鳥肌が立つような感動でしたね。
出会った時は、
おおー、、出てきた出てきた!!って言う感動です。
作品が、「どうだ見てくれ。」って言わんばかり。
REIはそこにたたずんでいたような、口数も少なく、
ひたむきな海外の画家のような印象でしたね。
そんな出会いでした。。

 

工房へ

先日アトリエにお邪魔した時の写真です。
こうしてREI自身が作っています。
作る作業を見せて頂いたのも初めてでしたが、
扱う革が厚いのでとても洋服の裁断とは
思えない作業でしたね。

 

 

全て彼の手作業によって一着一着完成していきます。

REIの扱う革は一枚一枚革に寄っても表情が違います。

同じものをオーダー頂いても一着一着は一点物のように
同じようには出来上がりません。
その革の良さを最大限にジャケットに表現するからです。
魂のこもった一点ですね。
一度REIの作品を見て頂いた方には忘れられない作品のひとつに残ったはずです。
今井がまだこの先大きな伸びしろを感じるレザーアーティストの一人です。

 

アーティストの顔出しはNGなので。。

 

 

ショールムで来季の作品の打ち合わせ、

ショールームはREIの世界観そのままです。
はっきり写るとご迷惑が掛かるので、
なんとなくの写真です。
毎回ぞくっとさせられる作品を出してきますね。
そして今回思ったのは、
「のってきた」
そう、アーティストとしてだんだんのってきた。
そう感じました。
伸びしろも一番期待するアーティストですね。

 

 

 

販売について

この商品は実店舗三階でのみ販売をしています。
ご覧になりたい方はご予約下さい

参考上代 ジャケット20万円~25万円
(メーカーの意向により上代は提示していません)
サイズや扱う革によって値段は違ってきます。

 

サイズオーダー

REIの作品はサイズオーダーが出来ます。
サイズ 44~52
オーダーの締め切りは年二回
3月末までのオーダーで出来上がりは年末
9月までのオーダーで翌春の出来上がり
全て手作業ですので多少納期は遅れることがありますがご了承ください

 

フルオーダー

オーナー様の体に合ったフルオーダーも可能になりました。
フルオーダーはアーティスト自信がお店でオーナー様の採寸から
行います。
*価格 既存商品価格の2倍~2.5倍+諸経費10万円

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

 

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

レザーショップ横浜、クロコダイルの巾着のオーダーメイド

クロコダイルで巾着もオーダーメイドできるの?

はい出来ますよ。今回はパートナー様へのプレゼントと言う事で、
クロコダイルレザーを使った巾着をオーダーメイドさせて頂きます。
クロコダイルを何枚使うか、ご予算はどのくらいか、理想とする形の
資料など送ってもらったり
少しメールでやり取りをしてから、
ご来店頂き打ち合わせをさせて頂きました。
(もちろんお店ご来店頂いてオーダーするかどうかは決めて頂いています。
ご相談だけでも大丈夫ですよ)
職人にあらかじめ、どんなクロコダイルの革で、どんな縫い方で巾着にするか
クロコダイルで巾着にした場合何か問題点はないか、
どんな仕様にしたら使い勝手がよくクロコダイル理想的か
どんなふうにクロコダイルの革を使うか、クロコダイルの革が足りないところは
どんなふうにするか、入念に打ち合わせをしてこんなラフ画を用意させて頂き。。
ご来店の当日はドキドキ。。。。
ご来店頂き打ち合わせは、お客様が安心してオーダー出来て、
ご納得頂けるよう、クロコダイルの革の説明や特徴、
なぜ巾着でもクロコダイルで作ると高くなるのか、、

そして仕様に関しての職人の見解。
色々説明をさせて頂きご納得頂きます。
当初はクロコダイルの革を一枚使い,片面だけクロコダイルにする
予定でしたが、
両面クロコダイルの革を使った巾着のフルオーダーになりました。
とても贅沢なクロコダイルレザーを使用する巾着のフルオーダーです。
出来上がりが楽しみです。

職人のデザイン画

ご提案するデザイン画はこんな感じです。
持ちてはつなぎ目を無くして縫います。
本体の上の部分は絞ったときにクロコダイルの革ですと
硬くて絞りが綺麗でないので、イタリア産牛革を使います。

 

大体のイメージですが、こんな感じに仕上げていきます。

 

この写真のクロコダイルの革は少し前に財布を作ったクロコダイル
ですが、こんな革を実際に見て頂き、ご納得して頂きます。
クリスマスのプレゼントと言う事で時間がなかったので、
色は黒か紺色のどちらかで、クオリティーが良く
予算にもはまるものを選ばせて頂くことにしました。

 

これは、クロコを扱う革屋さんの中で、
クロコの革の手入れをしている様子です。
クロコは高価な革で貴重な革。
だからこうして、一枚一枚丁寧に
汚れを取ったり磨いたりするのですね。
当店の選ぶクロコはこんな丁寧に加工された
クロコダイルの革でお作りさせて頂きます。

 

ワニ革の厳選

ワニ革は貴重な革なので、国内でも扱っているメーカーが
あまりありません、いつもお願いしているメーカーには
紺色は枚数も数枚しかなく、表面の状態が今一つでしたので、
選択しから外して、黒の中から厳選しました。
クロコは本当に貴重な革です、色物は出会いです。
探すとなかなか良いクオリティーのものは手に入りませんね。
サイズ違いなど何枚か見せて頂きました。

 

 

表面の状態のなるべく綺麗なもの
しなやかさのあるもの
府が揃っているもの
などなど一枚一枚メーカーさんのアドバイスも聞きながら
チェックします。

持っていた型紙も合わせてみて、実際の
サイズにしたらどうとるか。
型紙で出方をチェックします。

ある程度絞り込んだ中から、型紙を合わせ最終的に二枚選びます。
そう選んだのはこの二枚。
これに決定。
さっそく職人のもとにクロコを送ります。

 

 

職人に革を見てもらい、OK頂きこれで
作成開始です。
オーナー様に写真を送り作成にかかります、
と報告して。。
これで開始。
今回は時間がとてもタイトだったので、職人にも
無理を言って早く作業を進めて頂きました。
そして届いた写真、こんな風に真鍮の金具を
付けていきます。

 

 

 

そして完成!

良い感じに仕上がりました。
後はオーナー様が取りに来るのを
待つばかり。。。

英国の映画に出てきそうな職人の
KAZANさん
穏やかで紳士的な若手職人、
この方が仕立て上げてくれました。

クロコダイルはクオリティーや府の揃った部位をどこまで使うか
によってお値段は違ってきます。
クロコダイルはご予算に応じてお作りします。

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

クロコダイル参考価格
巾着 クロコダイル2枚使用 30万~35万円

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

 

レザーショップ横浜がお勧めする、post&coクロコダイルのバングル

POST&COクロコダイルのバングル

馬車道今井には、他のお店ではあまり見る事の出来ない
オシャレで上質なイタリア製POST&C0のクロコダイルの
バングルやベルト。
イタリアの職人の作るPOST&COのクロコダイルのバングルは、
男心を擽る魅力的な物ばかり。
イタリアならではのオシャレな雰囲気のあるクロコダイルのバングルや
ベルトが揃っています。

 

クロコバングル

クロコバングル

 

COLOR :  RED

クロコバングルRED

クロコバングルRED

クロコバングルRED

クロコバングルRED

 

COLOR : BLUE

クロコバングルBLUE

クロコバングルBLUE

クロコバングルBLUE

クロコバングルBLUE

 

SIZE : FREE
MATERIAL : ワニ革
原産国 : イタリア
PRICE : ¥17,280(税込)

オンラインショップからご購入頂けます

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

レザーショップ横浜、バケッタレザーのビジネスバック

ビジネスバックも人とは違ったバックを
持ちたい方にお勧めバケッタレザーバック。

イタリアのタンニン鞣しの代表的な革、
バケッタレザーを使用して職人に仕立ててもらった
バケッタレザーのビジネスバック。
ビジネスもこんなお洒落なバックを持って欲しいな。
日本人は、ちょっと鮮やかだったり、色が少しでも
目立つと仕事では使えないという方がいますが。
馬車道今井は、出来る男だからこそ持って頂きたい
バケットレザーのビジネスバックです。
カチッとしすぎないので、ジーンズにジャケットと言う
コーディネイトにも合います。
ビジネスバックだけど、どこかヨーロッパ調の紳士的な
上品さがあります。
人とは被らないビジネスバックを探してるなら、
このバケッタレザーのビジネスを持って欲しいな。

 

 

 

 

 

 

革 イタリアンバケッタレザー

縫製 職人仕立て

価格 税込 ¥180.000-

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

ierib ムートンレザージャケットを選ぶならこの一着

拘るメンズは、誰ともかぶらないムートンジャケットにしたくないですか?

そんな拘るオシャレなメンズにお勧めしたいのが
このieribのレザームートン ライダース ジャケット。
ieribアーティストの作るこのムートンライダースジャケットは
ムートン革の表面の光沢感がとても綺麗で、
シンプルだけどとても高級感があります。
そしてムートンは重いものが多いですが、
温かくとても軽いのも特徴です。
ieribのムートンライダースジャケットは
ムートンレザージャケットの概念を覆すような
しなやかで軽く高級感のある、とてもレアーな
ieribムートンジャケット。
ieribアーティスト自身が裁断から縫製まで
一貫して作成する為、一点一点全て表情が違います
人とは被りたくない、クポリティーの高いレアーな
ムートンジャケットを一着と思う方はぜひ
このieribムートンジャケットを見て頂きたいですね。
きっと他にない満足感があるはず
本当にレアーなムートンライダースジャケットです。

ierib作品3階にて展示 予約制

ieribムートン バックスタイルieribムートンieribムートンジャケットieribムートン 馬車道今井

  1. ムートン 横浜ムートンジャケット 横浜

販売について

このムートンジャケットは実店舗三階にて展示しています。
ご覧になりたい方はご予約下さい

実店舗&オンラインショップ情報

〒231―0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜。ierib一点物、ラクダ革のコート

ieribラクダの革のレザーコートって触れた事がありますか?

イタリアの老舗タンナーから革をひいて、アーティスト自身が
裁断から縫製まで手掛けたラクダ革のコート。
ieribラクダ革ってどんな革?
ちょっとハリ感もありとても艶やかな光沢もある
ラクダ革のコートです。
ラクダの革は国内ではまず手に入らない珍しい革。
ieribがイタリアの老舗タンナーから輸入したこのラクダ革。
独特の表情があります、このラクダ革をこれだけ
贅沢につかってのラクダ革コートの出来上がりです。

そしてサイズは50で作りました、ieribの貴重な一着です。

パターンはアーティストのオリジナルパターン。
とてもシンプルで、高級感があります。
人とはかぶらないとてもレアーなラクダ革のロングコートが
久しぶりに入荷しました。

革の表情

独特の表情のあるラクダ革
表面は艶があり張り感もあります。
色は見る角度によっても違って見えます。
茶系にも見えるしグレーも入っています。
ブラウン系の虹色でしょうか。。

 

サイズ50 ブラウン

価格は実店舗のみ公開しています。

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

横浜のレザーショップが扱う、ieribのコードバン/ブルレザー/馬革の長財布

ieribの長財布コードバン/ブルレザー/馬革の長財布/マルチケース新入荷しました

ierib貴重な長財布を入荷しました。アーティストが手作業で縫い上げたワイルドで
革好きにはたまらない一点物商品のieribの大き目サイズの長財布です。
コードバンに関してはアーティスト自身が日本のタンナーと共同開発したもの。
ブルレザーは三歳以上の雄牛で去勢されていないものにしか現れないシボが特徴の革。
光沢のある馬革はホースレザーを、シュリンクさせて半分程度まで意図的に縮めることで、
革のシボ感を強調したものです。
最後に1トンの重さで熱をかけて艶感もプラスしています。

上の写真のように中の小銭ポケットが取り外し可能なため航空券やパスポートなどを収納する
マルチケースとしても使えます。

コードバン

シュリンク ホースレザー

ブルレザー


より詳しい写真はオンラインページに掲載しています。
是非ご覧ください。こちらをクリック

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜、手染めの赤いハラコの鞄

人とは被りたくない鞄をお探しの方に勧めたい一点物の手染メンズ鞄

アンティークな感じに見えるこの革の鞄、特殊な手染をかけた革と
ハラコのコンビの鞄です。
アーティストの独自の染色で茶色に染められた革と、
ハラコの赤がとても良い感じにマッチした
ちょっとアンティークな雰囲気を持つ手染+ハラコ鞄。
馬車道今井では毎年秋冬の定番になったこの手染&ハラコ鞄。。
アーティストが時間をかけて、丁寧に革に染色をした革と、
牛革のハラコの赤が鮮やかでとても引き立つメンズ用の個性的な鞄です。
すでにもう何個か作りましたが、この手染&ハラコ鞄のシリーズは一点物に
こだわっていますから、一点一点どこか違う手染&ハラコの鞄に
出来上がっています。
馬車道今井のアーティストでなければ出来ない染めの技法です。
手染の良さが一目でわかり、鞄のかっこ良さも際立つ、
とても魅力的な大型鞄です。
こんな素敵な鞄を日本のメンズ達にも
堂々と持って頂きたい手染め+ハラコの鞄の一点です。

アーティストの世界観

ヨーロッパの老舗ブランドからヒントを
得て、その時代の鞄作りに拘ったアーティスト
彼の鞄作りには独特の世界観があって
どの作品も一点ものに拘った個性的な
オーラを放つ作品です

アーティストの手作業の手染とは?

染の技術はアーティストによってまちまち、
企業秘密もあるので、詳しくはお伝え出来ませんが、
筆を用いて、丁寧に一筆一筆色を重ねていく作業は
画家の様です。
そう染めを施すアーティストはどこか皆画家の様な
絵を書く才能がある方ばかりですね。
染めをするアーティストの中には絵描きになりたかったけど、
絵描きじゃ食べていけないから、靴職人になり、
靴の染をしている方もいますね。
革に染めを掛けて、なおかつハラコの革と組み合わせて
鞄にする、とても手が凝った鞄の出来上がりです。
これぞ職人技、そしてアーティストでなければ
このようなバランスの良いオシャレな鞄には
出来上がりません。
馬車道今井が自信を持ってお勧めできる
アーティストの作品です。
↓こんな風に色を乗せていきます。

鞄の高級感を引き出す、手縫いの見分け方

下の写真の左側のはっきり見える縫い目が手縫いです。
この手縫いをする事で高級感が出ます。手間がとても掛かるのですが、
このひと手間が鞄の雰囲気を出すのです
一点物だからここまで拘ります。

細かな所まで全て手作業で作られています。
とても時間が掛かりますが、その分とても迫力のある
鞄に仕上がりました。
この鞄を持って出かけるのが楽しくなりそう。
そして会社や取引先に持って行ってもらえると
商談がきっと楽しく成功する。
業績アップ鞄です。。笑

 

 

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜、イギリス産ブライドルレザーの名刺入れ

イギリス産ブライドルレザー
出来る男の名刺入れ

ビジネスマンにとってレザー名刺入れは毎日使う必需品。
そして自分の品格やセンスをひそかに表すのが
レザー名刺入れですよね。
そう、同じ持つなら、オシャレで、上品なこのブラドルレザーの
名刺入れをお勧めします。
ブライドルレザーを得意とする職人に全て手作業で名刺入れを
作って頂きました。
ブライドルレザーと言えばレザーの中ではとても品格のあるレザー。
当店のブライドルレザーはブライドルレザーの本場イギリス産のブライドルを
使用しています。
同じ持つなら、当店のこのブライドルの名刺入れをお勧めしますよ。

 

見られています。
貴方の名刺入れ大丈夫ですか?

仕事と言えばまず名刺入れ。
ほぼ毎日使いませんか?
毎日使うからこそ意外と古くなってきてる事を
見落としがち。。
そして、同性はともかく、以外と女子からも見られているあなたの名刺入れ。
よれよれになっていたり、ヒビ割れが酷かったり、糸がほどけてきたり
気が付けばみっともなくなっていませんか?
馬車道今井がこだわったのは、上質で、丈夫、そして大容量。
そう、出来る男の必需品、上品な名刺入れを作りました。

 

この名刺入れはオンラインからもご購入いただけます。

こちらからご購入ください

同じブライドルレザーで作ったビジネスバックは

こちらをご覧ください。

BRIDLE (ブライドル)

英国産ブライドルレザーとは

ブライドルとは馬具の綱を意味し、もともとは馬具に使う革としてヨーロッパで生まれました。
特に英国の王室に愛された革として有名です。
ピット槽と呼ばれるプールで数か月かけて鞣された丈夫な成牛の革だけを使い、
手作業にで数種類の蝋を丹念に擦り込ませます。
「ブルーム」と呼ばれ浸み込んだ蝋の成分が白く表面に現れるのが特徴で、
初めはマットな質感ですが、使えば使うほどに自然なツヤが現れます。
芯まで浸み込んだ蝋は革に耐久性と柔軟性を与え、防水の役割もあります。

 

「耐久性」と「気品」を両立したイギリス伝統の革

馬具用に作られただけあって耐久性はもちろんですが、
カラーや質感など英国革独特の上品さがあります。
使いはじめはブルームで表面が覆われていますが、
使い込む事で生まれるブライドル特有の奥行きのある艶感は
新品時の艶やコーティングによる艶とは全く別物です。
スーツ等のビジネススタイルでは勿論の事、ジーンズやカジュアルな
コーディネイトにもお持ちになれます。

 

実は元サッカー日本代表の岩本輝雄氏にも
この名刺入れを気にって頂きました

こちらをご覧ください

 

 

 

 

色は、左上から、
茶色、グリーン、ネイビー、タン。
この4色。
側面のコバは、
オリジナルのワイン色

 

 

 

この名刺の使い勝手の良さはこれです。

沢山入るように、ポケットは2つ、普通の名刺なら70枚ほど収納できます
そして、内側の革はヌメ革を使用しています。
このヌメの革は使い込むとだんだんアメ色にだんだん変化していきます。
革の好きな方にはこの経年変化がたまらないですね。
そして、一つずつ職人に作って頂いていますから、
あじもありますし、丈夫で温かみもありますね。
そして使い込めばだんだん艶が出てきます。
ブライドル独特の艶です。
これが楽しみの一つ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白く浮き出てるのは何?

よくこの白く浮き出てるのは模様ですか?
っと聞かれますが、違います。
革の中にしみ込んでいるロウです。
自然に革の表面に浮き上がってくるのですね。。
これを最初から拭き取って磨き上げてから使うか、
少し拭き取ってから使いだすか。
使う方によって様々ですね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

レザーショップ横浜の一押し、ieribコードバンサンダル

ieribこの馬革の靴は、雪駄?サンダル?

はい。馬革を使用し靴職人が作った、れっきとしたierib馬革の靴です。
この馬革もとてもレアな馬革。そうコードバンを含む馬のお尻全体の革を
使い、サンダル?雪駄?雪駄風サンダル?に仕上げました。
ierib独特の存在感のある、オシャレな馬革サンダルです。
縫製は靴職人が一点一点木型に合せてつ作っていますから、
もちろん丈夫で味も出てきます。
個性的なオシャレを好むメンズにお勧めしたい一点です。
着物に合わせて履いても、普段着やジーンズに合わせても、
かっこよく、注目のierib馬革のサンダルになりますね。

馬革のサンダルって履き心地は?

はい。ちゃんと木型から起こし、職人が作っていますから
土踏まずもピッタそうので、とても履き心地も良い物です。
多少重さもありますが、不思議と靴の重いのは
履き心地が良い物です。

この革を使ったジャケットもなかなかの存在感です。こちらから。

 

 

靴底の拘り

ついつい靴底まで見せたくなります。
この拘りよう。
歩くと独特の音が響きます。

拘るシューズの一点にしてほしいな。。

 

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>