レザーショップ横浜、クロコダイルで時計ベルトをオーダーメイド

クロコダイルで時計のベルトをオーダーメイド

男の拘りの一つに時計のベルトもありますよね。
時計のベルトと言えば、やはりクロコダイル。
オーナー様の雰囲気に似合うクロコダイルの
ベルトが出来上がりました。
職人に渡したクロコダイルの革から
ベルトが引き立つ部位を厳選してもらい
クロコダイルの時計ベルト、とても繊細に出来上がりです。
やっぱりクロコダイルはかっこいいですね。。

時計ベルトのオーダーは、本体からベルトの
取り外しが出来る物のみお受けします。
時計本体をお預かりしてのオーダーは
お受けしていません。

参考価格5万~8万円(使用する部位は限定します)

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜馬車道で不良中年の象革フルオーダーのキーケース

遊び心いっぱいの不良中年に今回は
象革とクロコのコンビでキーケースをお作り。

親しくさせて頂いているいかつい不良中年。。いやいやまじめな経営者さんに今回は象革のキーケースをお作りです。
「今度はどんな革が良いかな?」「ん~、、ヘビは前作ったし、シャーク、カバ、トカゲ。。アッ象はどう?」「アッ良いね。。」「じゃあこのクロコ使ってもいい?」というような会話から、こんな象革のキーケースをフルオーダーでお作りしました。
象革は革の中でもとても貴重な革でこのブルーは特に珍しい色。
一目で気に入っていただきました。でもこの方にはこれだけじゃ物足りない。アッこのクロコも使っちゃえ。
早速連絡して、了解いただき作成です。
表は象、キーケースを開けると中心にクロコダイルの黒、脇に象革、両サイドはシャイニング加工したワインレッドのクロコダイルを組み合わせ。
出来上がりました。

この方の好みは大体把握できているので、こちらから提案させて頂き毎回ちょっと面白く遊ぶ心があるけど高級感もある、大人の一点を提案しています。
なんだかんだと言いながら、お立場のある方なので、その辺は慎重です。

使った金具は全て 上白石の真鍮。上白石の真鍮は革と共に良い感じに経年変化していきます。
馬車道今井は金具まで拘ります。

象革の表面はとても神秘的です。
見る角度によってはサンゴのような雰囲気も持っています。
象革と言えばグレーが多くみられますが、珍しい発色の良い象革ブルー。

参考価格 ゾウ革 クロコ使用。 6万円~8万円

ierib象革/エレファントレザーのブーツはこちらからご覧ください。

象革のラウンドファスナー長財布はこちらから

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

ブルゾンのオーダーならレザーショップ横浜へ

気に入ってたけど破れてしまった
レザーブルゾン
同じように作れるの?

はい。このようにお作りしました。
馬車道今井のレザーオーダーメイドは可能な限り
リクエストにお応えします。
今回のレザージャケットのオーダーメイドの依頼は
長年気に入っていたけど破れてしまったレザーブルゾンを
まったく同じように作り替えて欲しいとのリクエスト。
こんな風に胸を開けて着るスタイルが好きだとか。。
サイズ感がとても気に入っているので、全く同じに。。
破れないように強度のある革で。
との依頼で革ブルゾンをオーダーメイドさせて頂きました

 

元の形はどんなの?

元々着ていたのはこのブルゾン、ひょっとしたことで
引っかけてしまい破れたそうです。
確かにかなり長く着られた感じですね。
この時代の物は今は探してもなかなかないですものね。
オーナー様は、胸板の厚い方で、確かに胸を開けて着られたら

かっこいいんですよね。
このサイズ感がどうしても気に入っていて
どこを探してもなくて、馬車道今井にたどり着いたようです。
このようなオーダーメイドならお安い御用です。
必要な方はご依頼ください。
このブルゾンを革を丈夫な山羊の革にして
お作りしました。

 

 

こんな風に再現しました。

 

袖口は時計のサイズにあわせて少し大きめにしました。
これもリクエストの1つでした。

 

このファスナーも同じ形にしました。

内側の生地の色はグリーンにして。

 

 

出来上がりをご試着頂きました。
ぴったり。
良かった。。
ホッとしました。

 

オーナー様は、中学の時から革がお好きになったそうです。
お父様に連れられて行った革屋さん、欲しかったけど
買ってもらえなかった思い出があるそうです。。
そのころからお洒落な革好きだったんですね。

 

ポケットのデザインも全て同じように作りました。

オーダー参考価格
羊革 セミオーダー 12万~15万

馬車道今井のオーダーはレザーであれば何でもご相談ください。

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜レザー専門セレクトショップがお勧めする真鋳のキーホルダー/アクセサリー

金属屋の老舗、上白石が作る
真鋳のキーホルダー/アクセサリーを知っていましたか?

上白石の真鍮との出会いはある展示会での事。
金属の中で、真鍮の中で、こんなにお洒落で人目を惹く物があるのか。
どのパーツも目を引くお洒落なデザイン、そして人の手が作るどこか暖かさがにじみ出ているそんな上白石の真鍮との出会いでした。
アトリエを訪ねるとそこに待っていてくれたのは二代目の代表上白石氏。
真鍮にかける熱い思いを語ってくれました。
無骨だった真鍮をここまでお洒落でエレガントな金具に変えたのは二代目上白石氏と言っても過言ではありません。
長年の熱い物作りが今や海外からも支持されています。
そんな上白石代表との出会いから、当店でも上白石の真鍮を取り扱う運びになりました。
革屋と真鍮。こだわりを持つ職人やアーティストの多くは
あえて上白石の真鍮を扱っているのです。
当店のアーティストたちも真鍮金具は上白石の真鍮でした。
そんな上白石の真鍮をご紹介します。

 

真鋳とは

銅と亜鉛の合金で、今では家や車のカギ、機械、鞄、財布、服など
私たちの生活を支えてくれています。
意外とこれもそうだったの。。
っと気づく物も沢山あります。

コンセプト

「持ち運ぶインテリア」
メインはキーホルダーとして、小物としてもお使い頂けますが、
ただ持って歩く、それだけでお洒落。
そう、新しいお洒落アイテムとしてとらえて頂ければ

オンラインショップからご購入いただけます。
こちらをクリック

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

レザーセレクトショップ横浜、会社の実印専用、革の印鑑入れ

会社の実印入れをちょっとオシャレに革の印鑑入れにしませんか?

アルカヌエバとの共同企画第二弾
社長向けに会社の実印入れを革の印鑑入れで提案します。
ありそうでなかった革の実印入れ、それも会社の。
社長に会社の実印入れを革で提案します。
会社の実印入れって結構地味ですよね、そこで
馬車道今井とアルカヌエバの企画は
オシャレな会社の実印入れを革で提案します。
馬車道はオフィス街、プレゼントの需要も多くあります、
そしてお客様も経営者さんが多く来られます。
そこで考えたのが、ちょっと気のきいたプレゼントに
革の印鑑入れ、会社の実印限定の革の印鑑入れ。
こんなオシャレな会社の実印入れを革でお作りしました。

馬車道の老舗の印鑑店「土橋印房」のオーナー職人からのアドバイス

出来上がった、印鑑入れをお店のすぐ裏の印鑑の老舗、
土橋印房のオーナー職人に図々しくもアドバイスを頂きに、
主任と作業所のN君と一緒に行ってきました。
いや~。。。印鑑。奥が深い。
そうですよね、職人が作るのですから。。。
とてもとても勉強になりましたね。。。

一般的なのが奥の二つ。
手前の右から二番目が
主に会社の実印に使われる形、
ちょっと湾曲してるのが特徴です。
今回の印鑑入れはこの会社の実印入れに
特化しようと思っています。
左側にあるのが個人向けの印鑑として使われることが
多いとか。
女性用、男性用もあるようです。
日本サイズは長さや直径もある程度決まっているようです。

本当に丁寧に細かく色々土橋オーナーにアドバイス頂きました
職人さんってやはり思いが深くて、拘りもすごい、
この世界にはこの世界独特の
職人さんがいるんだなって改めて感じました。。

主任のジュンさんも熱心に聞いていて、ちょっと改善する予定です。
ジュンさんとも、聞きに行って良かったね。。っと。。。
もう一回寸法を見直し又土橋さんに見せに行く予定です。。。
プロの印鑑職人さんが認めてくれる、印鑑入れをアルカヌエバと一緒に
作ります。

 

とてもしっかりとした出来上がりです。
職人技がぎっしり詰まっていますよ。
馬車道今井のロゴもしっかり入れて頂きました。

土田印房、お店のすぐ後ろ、リッチモンドホテルの入り口の正面にあります、
老舗の印鑑屋さんです。

口紅やUSBのケースとして

この実印入れ、若い女性が口紅入れにと買って下さいました。
先日はUSBを入れて持ち運ぶのにぴったりだというお客様も。

そんな使い方もありますね。。

会社の実印入れ  税込み¥5.000-
色:黒 茶 赤 緑

ご購入はこちらから。

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

横浜のレザーショップが扱うieribの馬革/ホースレザーフードジャケット

拘るメンズが持つべきはieribの一点物馬革/ホースレザーフードジャケット

オシャレなメンズは他人と同じレザーフードジャケットは避けたいはず。
レザー専門セレクトショップがメンズ達にお勧めする今回のierib馬革ジャケットはこの一点物の馬革/ホースレザーフードジャケット。
数多くある馬革ジャケットの中でもひときわ目立ち異彩を放つ、また技術と経験、才能に裏付けされた魅力を放つのがieribの馬革ジャケットであり馬車道今井が扱う馬革ジャケット作品。
他の人よりも圧倒的な差をつけるならやはりieribの馬革/ホースレザーフードジャケットでしょう。


馬革ですが薄く、比較的軽いです。
サイズは46と48でロット違いが二着あります。

ieribジャケット一覧はこちら

ierib商品一覧と在庫確認はこちらから

ieribとは

唯一無二を確立したアーティストREI

ロンドン カレッジ オブ ファッションパターン&ガーメントテクノロジー課の
イギリス式テーラーリングをベースとしたパターンデザインを学ぶ。
卒業後イタリアのフローレンスでテーラーの修行をし、帰国後京都にアトリエを構える。
革は自身が開発に関わる事もありますが、
それ以外はイタリアやアメリカの老舗のタンナーから
着分だけ取り寄せて作ります。
扱う革の拘りも半端でなく、私自身がほぼ今まで手に取った事のないような
革ばかりで、扱うこちらがまず勉強させられ、感動しています。
もちろん手に取られるお客様も一緒です。
そして、縫製も全てREI自身が手掛けます。
効率をよくする為少し外注に出したら?
と言うと、人の手が加わったら、自分らしさがなくなるから、
それはしない。との返事。。
そうですよね、そこまで拘るからこのオーラ―が出るんですよね。
金具にも加工を施しているのですが、そこまで手作業です。
昨今、デザインをする人や、作る人は
沢山いますがこんなにきっちりと勉強してきて、デザインも出来て、パターンもひけて、縫う力もある。
異彩という表現以上の形容詞が彼には必要なほどその世界観は経験と技術をもとに異彩を放っています。
日本中探しても今のところREIぐらい。

アーティストREIとの出会い

REIとの出会いは、数年前のアパレルの展示会。
数百社出展する中で、作品が一番際立っていて、鳥肌が立つような感動でしたね。
出会った時は、おおー、、出てきた出てきた!!って言う感動です。
作品が、「どうだ見てくれ。」って言わんばかり。
REIはそこにたたずんでいたような、口数も少なく、
ひたむきな海外の画家のような印象でしたね。
そんな出会いでした。。

工房へ

先日アトリエにお邪魔した時の写真です。
こうしてREI自身が作っています。
作る作業を見せて頂いたのも初めてでしたが、扱う革が厚いのでとても洋服の裁断とは思えない作業でしたね。

全て彼の手作業によって一着一着完成していきます。
REIの扱う革は一枚一枚革に寄っても表情が違います。
同じものをオーダー頂いても一着一着は一点物のように
同じようには出来上がりません。
その革の良さを最大限にジャケットに表現するからです。
魂のこもった一点ですね。
一度REIの作品を見て頂いた方には忘れられない作品のひとつに残ったはずです。
今井がまだこの先大きな伸びしろを感じるレザーアーティストの一人です。

アーティストの顔出しはNGなので。。

ショールムで来季の作品の打ち合わせ、

ショールームはREIの世界観そのままです。はっきり写るとご迷惑が掛かるので、なんとなくの写真です。
毎回ぞくっとさせられる作品を出してきますね。
そして今回思ったのは、「のってきた」
伸びしろも一番期待するアーティストですね。

販売について

この商品は実店舗三階でのみ販売をしています。
ご覧になりたい方はご予約下さい

参考価格 ジャケット20万円~25万円
(メーカーの意向により上代は提示していません)
サイズや扱う革によって値段は違ってきます。

サイズオーダー

ieribの作品はサイズオーダーが出来ます。
サイズ 44~52
オーダーの締め切りは年二回
3月末までのオーダーで出来上がりは年末
9月までのオーダーで翌春の出来上がり
全て手作業ですので多少納期は遅れることがありますがご了承ください

フルオーダー

オーナー様の体に合ったフルオーダーも可能になりました。
フルオーダーはアーティスト自信がお店でオーナー様の採寸から
行います。
*価格 既存商品価格の2倍~2.5倍+諸経費10万円

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日  その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜がオーダーメイドするレディースのライダース。

レディースのライダース、
オーダーメイド出来上がり。

お店にあるサンプルを元に羊革でライダースをオーダーメイドさせて頂きました。
「ファッションは生き様」そんなセリフが似合う大人の女性にかっこよく赤のレザーライダースをオーダーメイドです。
オーナー様のご希望もあり、かなり鮮やかな赤の羊革を用意させて頂きました。
赤の羊革を三色、少し落ち着いた色もありましたが、お勧めしたのはこの色目。少しお悩みでしたが、せっかくオリジナルでライダースをオーダーメイドするのだから思い切ってこの赤にしましょ、っと言う事でこの赤に決定。

そして堂々の出来上がり。
お似合いでございます、全くライダースに負けていません。。
いや~。。ホントお似合いでカッコイイ。
大人のレザーライダース、そうこういうふうに着こなすんですよね。
素敵です。

袖口のファスナーはオーダーならではのジャストサイズですね。
革のジャケットの袖丈詰めはなかなか難しいですもんね。
ましてファスナーならほぼ無理ですよね。
オーダーなら当たり前ですが、ジャストサイズで着れます。

内側も鮮やかなブルーにしました。
この配色もオーナー様らしい。。

ん~かっこいいですね。

オーダーの流れ

形の選択

今回はお店にあるライダースの形を選んで頂きました。
形は、雑誌やNETからの写真でも大丈夫です。

革の選択

革は柔らかく光沢のある上品な羊革に決定。

ご希望の革があればお探しします。

色の選択

色は赤という事。
赤にも色々あるので、革の色見本から何色かピックアップして、お店で実際
顔に当てて似合うかどうか試したいと言うご要望で、3色ご用意。
その中から一番鮮やかなREDを選んで頂きました。
こんな風に色を選ぶのもオーダーの楽しみですね。

真ん中の鮮やかな赤に決定

シーチングの作製

お店で採寸をして、それを元に一度こんな風にシーチングサンプルを作ります。
一回目のシーチングから若干サイズ直しをして全て整ったところで本番を作ります。
このシーチング作成をきっちりとするので今までお創りしたものは全てサイズはOKでした。そして安心してオーダーも頂けます。

このライダースはこのくらいピタッとしている方がカッコよく出来上がります。

内側の生地色の選択

80色ある中から好きな色を選んで頂きます。
この色きめも好みやセンスがひかります。

オーダーはこんな風に決めていきます。そして出来上がり。

オーナー様からのお便り

早速こんな写真を送って頂きました。
まだ肌寒い日が続いているので、お出かけの時に来て頂いているようです。
表参道や、銀座のお洒落な街へ。。そしてあの有名店でも褒められたとか。。
嬉しい報告です。
こんな風に気に入って下さり、写真まで送って頂きお作りさせて頂いてこちらも本当に嬉しく思います。
ありがとうございます。

オーダーの流れはこちらもご覧ください。

http://atelier-bis.jp/wp/leather-coat-and-jacket-order/

価格
セミオーダー

10万~15万円(サイズや選ぶ革によって違ってきます)

フルオーダー

20万ぐらい

納期

3~4か月

馬車道今井HPはこちら

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜でレザーベストをオーダーメイドするなら馬車道今井へ

レザーでダウン風ベストもオーダーメイドできますよ。

今回のレザーのフルオーダーはレザーでダウン風
のベストを作って欲しいとのリクエスト。
最初お聞きしたときは、
ん?ん?。。。
でしたが、単純にダウンを入れられるベストを
オーダーメイド、と言う事でした。
ダウンベストと言えば、ナイロン生地で横に縫い目が
何本かありその中にダウンが入っていますよね。
このナイロンの素材をレザーにして、中のダウンは
ご自分で調達されるとの事でした。
こんなレザーベストのオーダーメイドもお受けしていますよ。
馬車道今井ならではのレザーオーダーメイドですね。

こちらは採寸をした後に作ったサイズ合わせの
シーチングと言うものです。
馬車道今井のオーダーメイドはこのシーチングを
一度お作りして、サイズ感やデザインの雰囲気を
確認して頂きます。
このシーチングを作成することで、
サイズ感の間違いがありませんね。

 

今回は一回でOKでした。
小さかったり大きかったりする場合もありますから、
シーチングを修正する場合ももちろんあります。

 

シーチングを試着して頂き、こんな風に写真やスマホで
録画して、シーチングを作るパタンナーに修正箇所や着心地
を伝えます。
↓この写真の向かって右側は厚みをの
感覚を出すために綿を入れています。
こうして出来上がりの雰囲気を見て頂きます。
全てOKだったので、これで作成スタートです。

 

工場から出来上がりの写真が送られてきました。
前立てにボタンをつける予定でしたが、
このシンプルな前立ての方がいいのではないかと思い
オーナー様にメールでこの写真を見て頂きました。
そしてボタンなしのこの前立てで仕上げることに
なりました。
すでにボタンをつけるようにしたててたので、
前立てごと作り替えてもらいました。

 

そして出来上がり。
引き渡しの時はいつもドキドキですが。。
気に入って頂きました。
良かったです。
そのまま着てお帰りになられました。
ほっとしました。。。笑

 

革は強度も考え牛革です、そしてマスタードが良いと言う事でしたので、
ちょうどこの国産の牛革を気に入って頂きこの牛革に決定しました。

 

 

 

 

内側はこんな風にダウンを自分で入れられるように、
沢山ファスナーを付けました。
ダウンを入れるときはジップロックのようなものに
ダウンを一度入れてそしてこの中に一か所ずつ入れて
頂きます。

 

 

オーナー様、お待たせしてすみません。
気に入って頂き良かったです。
そして素敵な生き方ですね。
目標にします!

レザーであれば基本何でもオーダーメイドしますよ。
お気軽にご相談ください。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜レザーショプが作る、ヘビ革/パイソンの一点物ビジネスバック

拘るメンズ達へ、レアなヘビ革/パイソンのバックを持ちたいのならこれでしょ

厳選したヘビ革/パイソンを国内トップクラスの職人技を持ったアーティストに仕立てて頂き、極上の一転物ヘビ革/パイソンの/アタッシュケースが出来上がりました。人と同じものは嫌、世界に一つだけ最高の一転物のヘビ革バッグが欲しいという男性に勧めたいこの鞄。

蛇革をセレクト

あちこちレザーメーカーを訪ね、多くの蛇革の中から今回選んだのはこの蛇革。
蛇革選びも商品選びと同じ、蛇革自身が放つオーラにビビッとくるかどうかです。
そして出来上がりの鞄のイメージがある程度出来るかどうかです。

 選んだのはこの茶系ベージュの蛇革

選んだ蛇革で何を作ろう?

選んだ蛇革を持ってアーティストIshiguroのもとへ。
選んだ蛇革に惚れ込みましたがこの蛇革をどう仕立てたらよいかは私にはまだ何も浮かばない。そんな時はアーティストに直接会って相談するのが一番。
アーティストの出した答えは、メンズアタッシュ鞄。
まずどんなアタッシュにするのか大まかな形を決めていきます。
デザインはアーティストにお任せです。彼女はデザインから出来ますから。私はイメージや用途、どんな人がどのように持つかその感覚だけを伝えます。
大体の打ち合わせの後はいつもアーティストの感性にお任せします。

こういう作業を何度も何度も繰り返し、お互いの世界観、感覚、感性を共有していく事でよい作品創りが出来るようになります。
それはどのアーティストとも一緒です。
Ishiguroの場合は展示会で初めてお会いした時から素朴な人間性がわかる方でした、それは一緒に作ってくれてる旦那さんも同じでした、お二人の人柄にほれ込み癒されながら物創りをさせて頂いています。

堂々の出来上がり

待ってました。届くまでワクワク、ワクワク堂々の出来上がりです。
手前味噌ですが、素晴らしい!
アーティストの仕立ての腕が輝る極上のパイソンレザーアタッシュの出来あがり。

詳細とご購入はこちら

スーツに持って頂くとメチャクチャかっこいいです。
今日は大事な商談。中には企画書だけ入れて。。
なんていうときにお使い頂きたいですね。

茶系の革靴にとてもよく似合います。
季節も選ばず持って頂けます。
人目を引く存在感抜群のパイソンレザー鞄です。

価格 税込35万円

ヘビ革でバッグ/鞄のオーダーはこちら

ヘビ革一点物のキーケースはこちら

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜 祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>