ierib 馬革/コードバンのメンズ一点物レザーサンダル

この夏にieribの馬革/コードバンの
サンダルどうだろうか?

レザージャケットだったりレザーパンツ、革靴などレザーファッションを楽しみたい革好きには少し嫌な季節がやってきました。それでも何か革のものを身につけたい拘る男性たちにおすすめするのがieribの馬革/コードバンのレザーサンダル。
ワイルドな表情を前面に押し出しつま先にかけ上昇するシルエットとのコンビネーションによりひときわ目を引くieribの馬革/コードバンのサンダル。
一人の職人が仕上げるため生産数に限りがあり、また革からieribのオリジナルであるためまさに一点物のレザーサンダルです。

写真のようにとにかく存在感と高級感がものすごいです。
シンプルなスタイル、半袖半ズボンにも合わせやすいです。

馬革のサンダルって履き心地は?

ちゃんと木型から起こし、職人が作っていますから土踏まずもピッタリそうなので、とても履き心地も良い物です。
多少重さもありますが、不思議と靴の重いのは履き心地が良い物です。

靴底の拘り

ついつい靴底まで見せたくなります。この拘りよう。
かかとにある金属はテクタという日本古来からの履物である雪下駄のかかとに使用されているものです。
昔はかかとのすり減りを遅らせることと歩く際にカチッカチッと音を鳴らすことが粋とされていました。

ヒールの高さは約1.5cm程。
一般的な男性用の革靴などと同じ高さで疲れにくいです。

ieribの紹介はこちら

ierib象革のブーツはこちら

ieribの商品一覧はこちら

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜、ブライドルレザーのフルオーダービジネス鞄

絶対に床に着いてはいけないビジネス鞄を
ブライドルレザーでフルオーダー。

今回のミッションは「絶対に床に着いてはいけないブライドルレザーのビジネス鞄」
医療関係の社長様からのご依頼で仕事先の衛生上、床にビジネス鞄を置いた時にこのブライドルレザーのビジネス鞄が床に付かないように。
そんなリクエストを元にブライドルレザーでビジネス鞄のフルオーダーメイドの始まりです。

映像は、職人Bashareが出来上がった、ブライドルレザーのビジネス鞄を納品しに来てくれた時の映像です。タイミングよくブライドルレザーでセカンドバックのオーダーをご希望のお客様がご来店下さり、一緒に見ているところです。

オーダーシュミレーションはこちら

オーダーの流れ

どんなブライドルレザーの鞄が欲しいのか、どんな用途でブライドルレザー鞄を使うか、ブライドルレザーや革の好み、サイズ感、こだわるポイント、色の好み。などなどをまずヒアリング。
そんなヒアリングの中から参考にしたのがこのオイルレザーのビジネス鞄。
形はこんな感じに決定。

好みの把握

形が決まったら、オーナー様の好みをお聞きします。
男性は、身に着ける時計、アクセサリー、愛車、ゴルフファッション、オフの時のファッション。。靴、スーツの好みetc。
好きなブランドもお聞きします。そして自宅からそれらの写真を送って頂いたりもしています。

なぜ好みを把握するか

フルオーダーをお受けする時は、こうして好みを把握します。なぜかと言うとファッションの好みを把握しておかないと形はもちろん革の色やステッチの利かせ方微妙なジャッジが違ってきます。
そして把握しておけば、もし指定された革があったとしても革をセレクトする時に、いやこっちの革が似合うと思う瞬間もあるんです。
なので、なるべく好みは把握するようにしています。

二回目の打ち合わせ

ここまでにメールなどでデザイン画を見て頂いたり細かな打ち合わせを電話などもしながら進めていき、最終確認。
なるべくご来店頂き打ち合わせを重ね進めるようにしています。
形は決まっていましたが、一応何パターンかも見て頂き、迷いもないのか確認させて頂きます。サイズや収納ポケットの配置、コバの色等々、金額も含め最終確認。
多忙なオーナー様、この日はたった30分時間が取れるとからとその貴重な時間をさいてご来店頂きました。
体が心配になるくらい多忙な社長様です。

これから作成に入ります。

そして堂々の出来上がり。

素晴らしい。。まだオーナー様に見て頂いてないのですが。。
イヤ~。。素晴らしい。。
迫力のあるブライドルレザーのビジネス鞄の出来上がりです。
気に入って頂けるかドキドキです。

ここがポイントでした。
絶対に床に着かない仕様です。

カッコよく出来上がっています。

内装もオーナー様仕様です。
後はオーナー様のご来店を待つばかり。。

納品

オーナー様が奥様と一緒に受け取りに来てくれました。
ドキドキでしたが、気にって頂きました。
良かったです。。
カッコよくお似合いです。
かなり大容量に作ったので、持って頂いた時の迫力もありますね。
気に入って頂きほっとしました。。

そして次のオーダーは?

ちょい悪?パイソンでオフの日用の鞄とリュックを作ることに。
どんなのが出来るのかお楽しみに。

参考価格 ブライドルレザーフルオーダー
職人 Bashare
28万~35万円

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日  その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜、誕生日プレゼントの財布はこんなブライドルxヘビ革で

特別な方への誕生日プレゼントはやはり
オーダーメイドで作る
ブライドルレザーxヘビ革の財布。

今回は若く可愛い女性からパートナー様への誕生プレゼントにという事で、ブライドルxヘビ革の財布をオーダーメイドさせて頂きました。
我ながらかなりかっこよく出来上がったと自信作ではありましたが、送る相手がいる事ですから、私やお客様が気に入って下さってもお使いになる方が気に入ってくれるのか??
そこが心配でしたが、「すごく喜んでくれた。」とメールを頂きほっと一安心。。
お若いけど、上品にかっこよく作らせてほしかったので、提案したのがブライドルにパイソンとのコンビの財布でオーダーメイド。

オーダーの流れ
ヒアリング
まずどんな方かをお聞きします。年齢、職業、どんなファッションをするのか、好きなブランド、体格、趣味、とにかく特徴的な事や、写真を出来るだけ多く頂きます。
ただ作るのは簡単、でも趣味でない物を頂いても。だからなるべく喜んで頂ける一点をお作りするのに集中し全力をつくします。
オーダー頂けるお客様にも使って頂けるお客様にも喜んで頂ける一点を持ち合わせる感性でお作り致します。

表は上品に、ブライドルレザーにして、中は若さを出す為にパイソンで。
もちろんパイソンも好みを色々聞いてどんなパイソンが良いのか入念に打ち合わせしますよ。

表は上品にブライドルレザー。財布を開くとパイソンに圧倒されます。
ん~。。素晴らしい出来上がり。
素敵な財布の出来上がりです。
フルオーダーならではのオリジナル感がでましたね。
素晴らしい!

とにかくかっこよく上品に「大人の男の持つ長財布」っていう感じに出来上がりました。
ブライドルとパイソンの相性もなかなか良い感じでした。
こんなフルオーダーも出来ますよ。
お気軽にご連絡ください。

フルオーダーの参考価格
ブライドル×パイソン
職人 bashare15万~18万
(使う革や、職人によっても値段は変わってきます)

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

横浜の女性にお勧め、レザーコートのオーダーメイド

オーダーメイドしませんか?
理想のデザイン
理想の形のレザーコート

レディースのロングコートのオーダーメイドの始まりです。
ここのところレディースのオーダーメイドも多くなりました。
レザーでオーダーメイドってちょっと贅沢かもって思っている方も
多いかもしれませんが、馬車道今井のオーダーメイドは
気軽になんでも理想を言って頂き出来る限りお答えする
レザーのオーダーメイドです。
今回のオーナー様はお店のサンプルをとても気に入って頂き、
そこからアレンジのレザーコートのオーダーメイドです。

まずはシーチングサンプルの作製

お店で採寸をしてまずシーチングという生地で
サンプルを作成します。
この写真は一回目の体合わせです。
若干身幅や袖口が小さかったので、修正です。
着丈も縫い代分長くします。

 

2回目のシーチング

2回目も、ちょっと小さかった。
もう一度修正します。

 

3回目サンプルチェック

3度目OKでした。

こんな風にまずきっちりとシーチングサンプルで
形とサイズを合わせ決めていきます。

 

 

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

 横浜でプエブロレザーのリュックをオーダーメイドするなら

革マニアが好むプエブロレザーでリュックサック/バックパックをオーダーメイドしませんか?

存在感抜群のプエブロレザーリュック。
プエブロレザーを得意とする腕利きの職人がオーダーメイドで仕立て上げます。
プエブロレザーの色や、内側生地の色を選んで頂いて一点一点丁寧にお作り致します。プエブロレザーの独特な革の表情を上手く表現したこのプエブロレザーリュックサック/バッグパック。
プエブロレザーの良さをこれ以上表現できた鞄、リュックはきっと他には見あたらない。職人の腕も一目でわかるこのプエブロレザーリュックです。
男性からも女性からもこのプエブロリュックはオーダーがあります。
プエブロレザーはやはり革好きにはたまらないんですね。
それにこの仕立てですから、よそでは手に入りません。
プエブロレザーはどうしても色移りがありますからキャメルや、グレー、ワインがお勧めですが、あえて赤や、紺色と言う方もいらっしゃいます。
実物はL、Mとお店にサンプルを展示していますので是非実店舗で実際に手に取ってこの存在感を味わってみてください。

プエブロレザーって何?

プエブロレザーって何?って言われる方も多いかと思います。
プエブロレザーは簡単に言うとオイルをたっぷり含ませたレザーの表面を、あえてやすりのようなもので、毛羽立たせているのが特徴のレザーです。
使っていくうちにその毛が寝ていき艶もでて元道りの革に戻るようなイメージです。オーダー頂ければ、抜群の腕を持った職人Wakatsukiが最高の作品に料理します。

Lサイズ↓
こちらが基本の形になります。


大きさは、LサイズとMサイズの二種類。写真で見比べてみてください。
Lサイズは出張にも行けそうな大容量。Mサイズは普段通勤に使えるサイズ。LサイズMサイズ両方パソコンの収納スペースがあります。

Mサイズ↓

オーダーメイドの出来上がり

今回は都内からわざわざ馬車道に来てくださりオーダーメイドさせて頂きました。女性のお客様で少しパーツ部分をグレーにして欲しいというリクエストを頂きこんなラフ画を職人に書いて頂きました。基本の形を元にパーツなどある程度カスタマイズ可能です。このラフ画を見て頂き手元は本体と同じであとは絵のようにと言う事で作成に入りました。
本体の底の部分に特定の水筒入れが欲しいとのリクエストでした。職人はわざわざ同じ水筒を買ってピッタリのサイズにしてくれました。
職人の気合の入った一点です。と言うかこの職人の腕は半端じゃありません。
いつも完璧、別の職人も絶賛するほどです。

グレーとのコンビも良い感じです。

ここに水筒がすっぽりと入ります。

ファイルが入れやすいようにポケットの切り口を下げました。
携帯と名刺入れもつけて。
オーダーメイドですから、多少の融通がききますよ。

Lサイズの詳細
Mサイズの詳細

Lサイズ 税込¥190,000-
Mサイズ 税込¥180,000-
*上記のオーダーメイドのようにカスタマイズした場合値段は変わります。
納期 1ケ月~2カ月
馬車道今井HPはこちらから

プエブロレザー財布のセミオーダーはこちらから

ドイツシュリンクで作るリュックもご覧ください

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi