横浜で象革/エレファントレザーの長財布を購入するなら馬車道今井で

象革/エレファントの長財布
馬車道今井はクオリティーで
勝負します。

新作入荷
馬車道今井が一枚一枚厳選した象革を、最高の技術を持った若き腕利きの職人に託したメンズ用象革/エレファントレザーのラウンドファスナー型長財布の新作が出来上がり。
世に、これ以上の技術とクオリティーを誇る象革のラウンドファスナー型長財布が存在するだろうか。
そう自信をもってお勧め出来る象革/エレファントレザーラウンドファスナーの長財布です。
象革は私今井が、革屋で一枚一枚厳選しています。
そしてこのラウンドファスナー型長財布仕立てを託したのは
若き腕利きの職人WAKATSUKI

ワインレッド 13万円(税込)

ブラウン 13万円(税込)

ブルー 13万円(税込)

同じ形、仕様でクロコダイルでも作りました。

内側仕様

(内側の仕様は全て同じです)

カードポケット16
小銭入れ 1 (ファスナーYKKエクセラ)
マチポケット大(札入れ)2
マチポケット小(札入れ、領収書入れ)1
マチなしポケット(領収書入れ)3

ファスナーを開くと圧倒される様な、
職人技が目に飛び込んできます。
繊細な職人の技術の粋が隅々にまで見事に表現されています。
内側の仕様は黒色のイタリア産の牛革を使用しています。
生地等一切使用していないのにこの薄さと容量。
これこそ職人の技術の粋です。
全て同じ仕様です。

オンラインからもご購入できますが、ご興味のある方は
お電話を頂ければ取り置きします。

ご購入はこちらから
ワインレッド ブラウン ブルー

“横浜で象革/エレファントレザーの長財布を購入するなら馬車道今井で” の続きを読む

横浜レザーショップ、ieribのメンズ象革/エレファントレザーブーツ

異彩を放つieribの一点物象革ブーツ

こんな存在感のある象革/エレファントレザーのブーツを
見たことがあるでしょうか?
象革の独特の表情とワイルドさとieribの世界観がマッチした
世界に一つだけのゾウ革ブーツが出来上がりました。
さすがieribとしか言いようがないゾウ革のブーツです。
ieribのゾウ革ブーツはどのアーティストにも真似できない
世界観があります。
そう、このゾウ革ブーツ作品には、ieribの革を知り尽くしたレザーを扱う技術と
表現力はホント素晴らしい。
ieribレザー商品、ゾウ革ブーツは、実店舗三階にてご覧いただけます。(予約制)

そもそも象革/エレファントレザーはワシントン条約により輸入量が制限されているため数多くある革の中でも
希少価値がものすごく高いです。またデザインから作成までの工程を全て一人の職人が行うため生産数も限られています。
まさに世界に一つだけの一点ものです。

ブーツの紐には京都の組紐使用しコットンとラミーの混合の紐を使用しています。
かかとにある金属はテクタという日本古来からの履物である雪下駄のかかとに使用されているものです。
昔はかかとのすり減りを遅らせることと歩く際にカチッカチッと音を鳴らすことが粋とされていました。
靴の製造方法自体もグッドイヤー製法というもので数多くある製法の中でも手のかかる方法です。
底のソールの張替えが何回でも可能なので一生おつきあいできる靴です。

象革/エレファントレザーのラウンドファスナー長財布はこちらから。

オンラインページもご覧ください

ierib商品一覧はこちらから

アーティストREIの拘りをここから紹介します。

ロンドン カレッジ オブ ファッションパターン&ガーメントテクノロジー課の
イギリス式テーラーリングをベースとしたパターンデザインを学ぶ。
卒業後イタリアのフローレンスでテーラーの修行をし、帰国後京都にアトリエを構える。
革は自身が開発に関わる事もありますが、
それ以外はイタリアやアメリカの老舗のタンナーから
着分だけ取り寄せて作ります。
扱う革の拘りも半端でなく、私自身がほぼ今まで手に取った事のないような
革ばかりで、扱うこちらがまず勉強させられ、感動しています。
もちろん手に取られるお客様も一緒です。
そして、縫製も全てREI自身が手掛けます。
効率をよくする為少し外注に出したら?
と言うと、人の手が加わったら、自分らしさがなくなるから、
それはしない。
との返事。。
そうですよね、そこまで拘るからこのオーラ―が出るんですよね。
金具にも加工を施しているのですが、そこまで手作業です。

昨今、デザインをする人や、作る人は沢山いますがこんなにきっちりと勉強してきて、デザインも出来て、パターンもひけて、縫う力もある。
日本中探しても今のところREIぐらい。

アーティストREIとの出会い

REIとの出会いは、数年前のアパレルの展示会、
数百社出展する中で、作品が一番際立っていて、
鳥肌が立つような感動でしたね。
出会った時は、
おおー、、出てきた出てきた!!
って言う感動です。
作品が、
「どうだ見てくれ。」
って言わんばかり。
REIはそこにたたずんでいたような、口数も少なく、
ひたむきな海外の画家のような印象でしたね。
そんな出会いでした。。

工房へ

先日アトリエにお邪魔した時の写真です。
こうしてREI自身が作っています。
作る作業を見せて頂いたのも初めてでしたが、
扱う革が厚いのでとても洋服の裁断とは
思えない作業でしたね。

全て彼の手作業によって一着一着完成していきます。

REIの扱う革は一枚一枚革に寄っても表情が違います。

同じものをオーダー頂いても一着一着は一点物のように
同じようには出来上がりません。

アーティストの顔出しはNGなので。。

ショールムで来季の作品の打ち合わせ、

ショールームはREIの世界観そのままです。
はっきり写るとご迷惑が掛かるので、
なんとなくの写真です。
毎回ぞくっとさせられる作品を出してきますね。
そして今回思ったのは、
「のってきた」
そう、アーティストとしてだんだんのってきた。
そう感じました。
伸びしろも一番期待するアーティストですね。

販売について

この商品は実店舗三階でのみ販売をしています。
ご覧になりたい方はご予約下さい

参考上代 ジャケット20万円~25万円
(メーカーの意向により上代は提示していません)
サイズや扱う革によって値段は違ってきます。

サイズオーダー

REIの作品はサイズオーダーが出来ます。
サイズ 46~52
オーダーの締め切りは年二回
3月末までのオーダーで出来上がりは年末
9月までのオーダーで翌春の出来上がり
全て手作業ですので多少納期は遅れることがありますがご了承ください

フルオーダー

オーナー様の体に合ったフルオーダーも可能になりました。
フルオーダーはアーティスト自信がお店でオーナー様の採寸から
行います。
*価格 既存商品価格の2倍~2.5倍+諸経費10万円

象革のラウンドファスナー長財布はこちらから

象革xクロコダイルのフルオーダーキーケースはこちらから

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

横浜馬車道発、不良中年の象革フルオーダーのキーケース

遊び心いっぱいの不良中年に今回は
象革とクロコのコンビでキーケースをお作り。

親しくさせて頂いているいかつい不良中年。。
いやいや
まじめな経営者さんに今回は象革のキーケースをお作りです。
「今度はどんな革が良いかな??。。」
「ん~、、ヘビは前作ったし、シャーク、カバ、トカゲ。。
アッ象はどう?」
「アッ良いね。。」
「アッ、じゃあこのクロコ使ってもいい?」
ってな会話から、こんな象革のキーケースをフルオーダーで
お創りしました。
象革は革の中でもとても貴重な革です、そしてこのブルー色の
象革は出会いとしか言いようのない象革の中でも珍しいブルー色
一目で気に入って頂きました、でもこの方にはこれだけじゃ物足りない。
そこで、革の在庫を物色。。
アッこのクロコも使っちゃえ。
早速連絡して、了解いただき作成です。
表はゾウの革、キーケースを開けると中心に
クロコダイルの黒、脇に象革、両サイドはシャイニング加工した
ワインレッドのクロコダイルを組み合わせ。
出来上がりました、今回も飲み屋さんで話のネタにして頂けるような一点。
題して
「不良中年のキーケース」
いかつい男にフルオーダー。

そう、このイカツイ不良中年に、いや、真面目な経営者さんに。。

以前この不良に作ったのがこのパイソンのビジネス鞄

このパイソンのビジネス鞄のオーダーの模様はこちらから
http://atelier-bis.jp/wp/python-leather-full-order-bag/

出張ついでにふらっと寄ってくれます。

この方の好みは大体把握できているので、
こちらから提案させて頂き毎回ちょっと面白く
遊ぶ心があるけど高級感もある、大人の一点を
提案しています。
なんだかんだと言いながら、お立場のある方なので、
その辺は慎重です。でもパンチのきいたこの方
らしいアイテムの提案です。
楽しく作らせて頂いてます。
サンキュっ。

使った金具は全て 上白石の真鍮
上白石の真鍮は革と共に良い感じに
経年変化していきます。
馬車道今井は金具まで拘ります。

象革の表面はとても神秘的です。
見る角度によってはサンゴのような雰囲気も
持っています。
象革と言えばグレーが多くみられますが、
珍しい発色の良い象革ブルー。

参考価格 ゾウ革 クロコ使用。 6万円~8万円

ierib象革/エレファントレザーのブーツはこちらからご覧ください。

象革のラウンドファスナー長財布はこちらから

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

&nbsp