横浜レザーショップ、業績アップのW&D馬革のビジネスバック

「業績アップ」と評判の
ウルフ&ドックの馬革ビジネスバック

少し前ウルフ&ドックの馬革ビジネスバッグをご購入頂いたお客様が、
ふらりとお店にお立ち寄り下さいました。
そして嬉しいご報告。
この馬革のビジネスバックを手にしてから、メチャクチャ業績が上がった。
お仕事ばかりでなく、普段お話にならなかった方とお話の花が咲いたり、
とても調子がいいのだとか。。
「この馬革のバックとの出会ってから魔法にかけられたようだ」
とおっしゃって頂きました。
「もうこのウルフ&ドックの馬革バックは離せないよ、
愛しい恋人のようなビジネスバックだよ」
とも言って頂きました。
本当に嬉しいご報告です。
そう、このW&D/ウルフ&ドックのビジネスバックは
業績アップバックなんです。
この馬革のビジネスバックを持って会社や取引先に持っていかれたら、
きっと商談もうまくまとまります。
ビジネスバックの新調をお考えの方は
是非、
W&D/ウルフ&ドックの馬革ビジネスバッグをお持ちください。

 

馬革って重くないですか?

確かに世に出回ってる馬革のバックは堅く重い革が
多いですね、丈夫な証拠ですが。。
このW&D/ウルフ&ドックの馬革のビジネスバックは、とても軽くて丈夫、
そして馬革の表情がとてもワイルド。
独自の製法で馬革で作るW&Dの馬革シリーズのビジネスバック
初めて展示会で見た時は、
馬革の表面の表情に何これ馬革??。。
凄いな、この表面の馬革のワイルドな表情。。。
っと即決、でお取引開始。
一目ぼれってやつでした。。
独特の表情をした馬革を使用したW&Dのビジネスバック
元々独自の加工方法を施しているので、
傷だらけの様な馬革の表面の表情がありますから、
惜しげなく使って頂けます
そしてこの馬革バックはタンニン鞣し独特の経年変化があります。
とても軽くて丈夫なので、鞄が重いのが嫌な方、
傷が気になる方にはとてもお勧めな馬革の
出来る男のビジネスバックです。

オンラインからも購入できます

↓Mサイズ税込み¥78.840-

 

A4のファイルもすっぽりと入ります。

 

ショルダーバック

シリーズでショルダーバックもあります。
男性が肩掛けのバックを持つのも
オシャレですよね。
使いやすく大容量のショルダーバックです。

税込み ¥74.520-

 

 

 

馬革の鞣し、加工の拘りとは?

すこしグロテスクかもしれませんが、こんな風に馬皮から
馬革へと加工されます。馬革が塩漬けされて輸入されてきたものです。
まずは、大量の水を使いドラムの中で塩を抜いていきます。

 

施すピット槽鞣しとは?

いくつかある水槽に濃度の違う自然のオイルに濃い液から順番に、漬けては
乾かしを繰り返す事を二ヶ月ほどの時間をかけていきます。
この手間暇をかけるから、細部までオイルが浸透し革に余計なストレスが
かからなくなります、そして強くなるのです。
それと、短期間で経年変化していきます。
数種類のワックスも入っているので、とても艶も出ます。

この鞣しがこの馬革の拘りと特徴です。
この時間をかけ、丁寧な作業をするからこの革の表情が出ます。
とても貴重な馬革です。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231―0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜でオーダーメイドする、ちょい悪オヤジのヘビ鞄

遠方からでもヘビ革バックをオーダーメイド出来るの?

はい、もちろん、馬車道は仕事で地方から来られる方も多く
ふらっと寄ったのがご縁で、そこから鞄のオーダーメイドが始まります。
それも結構遠方の方に。。。
小さなレザー専門レザーセレクトショップだから、鞄のオーダーメイドの
融通は利かせて頂いています。
そしてヘビ革の鞄のオーダーメイドにもお答えできます。
ヘビ革の鞄をただオーダーメイドするだけでなく、
センス、感性はヘビ革の革選びも独自のもの。
他のショップではきっと提案できないセンスとオーナー様の世界観を
ヘビ革を使ってオーダーメイドの鞄に表現します。
それが馬車道今井のヘビ革の鞄のオーダーメイドです。
ご来店出来ない遠方の方でも可能です、メールや、電話、FBを使って、
やり取りしながら、楽しく作らせて頂いていますよ。
ちょい悪?でなくても、こんなヘビ革の鞄をオーダーメイドしたい、
という男性はぜひオーダーメイドのご相談をお気軽に。

 

 

「テーマは不良中年の夏休み」 提案した革はパイソン

こちらのオーナー様には前回は秋冬用でアザラシで鞄を
作らせて頂いていましたので、
今回は夏用の鞄です。
そして頂いた

 

アザラシの鞄はこちらから

http://atelier-bis.jp/wp/leather-bag-full-order/

選んだのは谷くろ染のこのパイソンレザー。

蛇革に一度ピンク色を染め、手作業で表面を拭き取る作業で
作られたパイソンレザー。
鱗の中のピンクが角度によって見え隠れします、とてもきれいな発色で
珍しいパイソンを見つけました。
一目でオーナー様にはこのパイソン!
っと私の中では決まりました。
白の表面に中が紫がかったピンク色のパイソンレザー。
派手さが欲しい、でも安っぽくなっては大人は持てない。
このパイソンレザーは、大人の派手さと、やんちゃさがうまく出るような
オーナー様のご希望通りというか、ぴったりお似合い。
この表情は女性が好みそうな色気、だからこそオシャレなちょい悪が
持つと思いっきりはまるパイソンレザーの表情です。
これです、このパイソンレザーです!決まりです。

 

 

フェイスブックでパイソンレザーを確認

オーナー様にこれどうです?
これ以外考えられないんですが。。。
いいね、いいね。。
ですよね。これですよね。。
ってな会話して、とりあえずパイソンレザーはオッケーでした。。笑

 

オーナー様は遠方の方なので、まずは手っ取り早くフェイスブックに
このパイソンレザーの写真を載せて、パイソンの色を確認して頂きました。
(フェイスブックはこのように遠く離れてる方に、簡単に確認して頂ける
ツールとして利用しています。)
写真で見て頂くのが一番分かりやすいのでね。
まずパイソンのオッケーを頂きました。

このターコイズとこのパイソンのコンビも綺麗だなと思いましたが、
オーナー様からは脚下されました。。笑
そして職人からもダメだし。。
飽きが来て、安っぽくなると。。

 

こうしてみると鱗の中にしっかりとピンク系の
紫色が見えますね。

パイソン当然自然の中の生き物ですから、
傷や穴も開いています、
そして良いパイソンレザーは裏側の表情が柔らかく
さわり心地がとてもいいです

デザインの決定

そしてこの選んだパイソンを職人に送り職人と共に
デザインを決めていきます。
オーナー様の今回のご要望を私の方で、電話やメールでお聞きして、
大体の形を決めていきます。

オーナー様のご要望

①前回が冬用だったので、今回のアザラシバックとは真逆のイメージ
②派手さの中に、上品さ
③大人のちょい悪だけど、品もあり高級感も欲しい
③イメージとして軽さと、夏らしさ
③明るい中にシャープさもある
⑤容量は前回と同じ
⑥ポケットのしようも前回と同じ
⑦内側はペイズリー柄のような派手な生地(紫、イエロー、ピンク)
⑧白が良いけど汚れが気になる
このイメージを元にラフ画のデザイン画5型をデザイン
その中から決定したのがこの形
(残りの4型に関してはデザイン画の流出を防ぐため投稿は出来ません)
デザイン画の意図を職人からよーく聞いて、職人と私とで、
ある程度この形なら、こう。こっちの形ならこうなると言うような事を
じっくりと聞いて共有します。
そして忘れないうちにすぐ、オーナー様に電話!

ご納得頂ける様説明をきっちりして、この形に決定!

 

それから、メールや電話、FAXで細かな打ち合わせを何度も何度も。。
とにかく空想の世界を形にしていく訳ですから
細かな感覚、世界観まで、気になるところは何度でも
聞きます。
何回も電話メールしますよ。。オーナー様も忙しいのにね。。笑
時には「今移動ちゅ~。。又あとで~。。」
どこまで派手にします?
大阪の派手なノリまでいきます?
そこまでいかない?
いや~。。
そこまで。。。ン~でもやっちゃいましょうか。。笑。。笑
じゃあこの位のパンチきかせましょうか??
ってな話を繰り返し、
派手さもどこまで出すかがポイント。
それを、オーナー様、私、職人で共有する作業をとことんするのです。
だから楽しい、でも私はかなりプレッシャー。。笑。。

 

細かな仕様の決定

何度も何度も、オーナー様と職人の感性のすりあわせ。
そしてオーナー様の希望が作成上無理がある場合
どう変更していくか
どう作ったら使い勝手がよく納得頂けるか細かな事まで共有していきます。
オーナー様の要望をお聞きして把握する、それを職人に可能かどうか
なぜだめか、どういう風に変更したらご希望に添えるか。
オーナー様の希望を出来るだけ叶える為に、職人とのやり取りも
入念に何度もします。
それが私の責任。

①革 パイソンがあまり経年変化しない革なので、
本体になる革も経年変化があまりないクロムなめしの革
②本体の色 オーナー様は汚れが気になるから白は避けたい、
っとおっしゃってたのですが、
このパイソンに合うのは白系かグレー。
迷われましたが、白は普通の人は持たない色で贅沢な色、
そしてかっこいい色。
迷われましたが、かっこよさを取って時は白系に決定
③金具色 私もそうですが金具の色で金色はあまり好きではありません、
なのでこの好みは必ずお聞きします、
今回のオーナー様はどちらでもよいとの事だったので、
作りながら職人の感性にお任せ
④コバの色 革と革を合わせた側面を削って磨く
コバしたてのコバの色は赤系に決定、
濃淡も職人の感覚にお任せ。
⑤鞄底の仕様 鞄が床に付かないように底鋲を付ける
⑥持ち手の予備  1本変えを作る
⑦内側生地  内側はペイズリー柄の、ピンク、紫、黄色、紺、の派手めな色を希望、
本体の色とのバランスを見て職人に任せる
⑧本体マチ部分がぼてっとならないようにする
⑨ポケットの仕様 ペンさし4本、ファスナーポケット、オープンポケット2か所
外ポケット パスモ入れ用。
ポケットはオーナー様から頂いた図面を元に作成

そして、出来上がりました!

堂々の出来上がり、素晴らしい!
創造道りです、美しい、かっこいい!
オーナー様の持つ姿が目に浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックスタイル

キャリーケースに差し込めるように後ろ身頃にはベルトを付けました。
これも前回のアザラシ鞄と同じ使用です。

 

内側の生地は職人にお任せでしたが、こんなオシャレな生地でした。
4本のペン刺しをご希望でした、ちゃんと付いていますよ。

 

そして、オーナー様のもとへ出荷

出荷前にFBにアップしてみて頂きましたが、
直接実物を見て頂くまではドキドキです。
作品を送る時は婿に出す気持ちになりますね。。笑
ちゃんと仕えてくるんだよ、っと思いを込めながら。。
そして、昨日無事到着。

お電話を頂き、気に入って頂きました!

とてもドキドキ緊張しますが、ホッとする瞬間です。
アザラシバックとは真逆で、シャープで、
本体を真っ白にしなかったこの革も良いと。。
リクエスト道りだと言う事で、とても喜んで頂けました
又次も考えるっておっしゃって頂けたので、
本当にホッとしました。嬉しかった!
良かった。そして職人にもすぐ報告

そしてなぜオーダーを自信を持って受けるか

私にはデザインする才能はないけれど、物を見抜く目利きには
何より自信を持っています、きっとそれが当店の強み、
物は作れなくても、デザインの発想がなくても、
売れる商品、クオリティーの高い物、職人の腕、
ここを見抜く力は誰にも負けない自信があります。
そして、お客様の感覚を掴む感性。
私にない才能は、デザイン力と縫製力です。
だから、デザイン力豊かで、抜群の縫製力を持ったアーティストと
組むのです。
もちろん彼らに絶対的な信頼がなければ、オーダー商品は実現しません。
ありがたく、素晴らしい若きアーティストと組むことが出来ています。
だから自信を持って、オーダーをお受けし気に入って頂ける
作品が提供できるのだと思っています。

納品。

 

そして、久しぶりにご来店

久しぶりに鞄が仕えてるオーナー様と
里帰り?
そんな気持ちですね。。
婿に出した息子が里帰りしてくれたような。。
突然でしたがとても嬉しかったです。
鞄もとても綺麗に使って頂いています。
そして今回はキーケースのオーダーを頂きました。
いつもありがとうございます。

 

 

 

レザーオーダーはお気軽にご相談ください。

参考価格 パイソンレザー使用 鞄30万~40万円

当店のオーダーは、私と職人が企画し、全てその職人一人が縫い上げます。

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

 

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜がおすすめする馬革ショルダーバック

ウルフ&ドック/W&Dの
馬革ショルダーバック人気の秘訣とは?

男性用の馬革のバックと言うと固いイメージを持っていませんか。
馬車道今井のウルフ&ドックの馬革バックは違います。

人気の秘訣はこの馬革の柔らかさにあります。
この馬革のバックを手に取ったほとんどの方はこの馬革の柔らかさに
まず込み惚れこみます。
固い馬革を好む方多く、それも魅力的ですが、
この馬革バックは薄く柔らかく、そして丈夫です。

そして何より
このワイルドな独特な表情をかもす馬革のシワ。

同じ型のバックであっても、革によって表情が異なるため、
一点ものの味わいがあります。
そしてご覧の通り、シワが良い感じに入っていますので、
乱雑に使っても気になりません。

 

 

↑¥74,520(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大容量ですのでA4厚手のファイルもすっぽり入ります。

↑¥85,320(税込)

馬革の鞣し、加工の拘りとは?

すこしグロテスクかもしれませんが、こんな風に馬皮から
馬革へと加工されます。馬革が塩漬けされて輸入されてきたものです。
まずは、大量の水を使いドラムの中で塩を抜いていきます。

 

施すピット槽鞣しとは?

いくつかある水槽に濃度の違う自然のオイルに濃い液から順番に、漬けては
乾かしを繰り返す事を二ヶ月ほどの時間をかけていきます。
この手間暇をかけるから、細部までオイルが浸透し革に余計なストレスが
かからなくなります、そして強くなるのです。
それと、短期間で経年変化していきます。
数種類のワックスも入っているので、とても艶も出ます。

この鞣しがこの馬革の拘りと特徴です。
この時間をかけ、丁寧な作業をするからこの革の表情が出ます。
とても貴重な馬革です。

 

馬革に興味がある方はこちらのジャケットもご覧ください

WOLF&DOGの商品
コインケース
L字ファスナー財布
二つ折りファスナー財布
ビジネスバック
クラッチバック
ラウンドファスナー長財布

ご購入はこちらから。

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

横浜レザーショップがヘビ革で提案するオーダーメイドのバック

お任せください貴方に似合ったバックを
ヘビ革でオーダーメイドしますよ?

横浜レザー専門レザーセレクトショップが提案する
お任せオーダーメイドのヘビ革バック。
好みの形や、革、用途等々、どんな風なヘビ革バックを作りたいか
漠然とでも教えて頂ければ、わたくし今井がオーナー様に似合う
パンチのきいたヘビ革バックをオーダーメイドします。
いわゆるお任せのヘビ革オーダーメイド。

今井にオーダーメイドのバックを託してみませんか?

今回のオーナー様にはヘビ革/パイソンのバックを提案しました。
パイソンと言ってもヘビの革も色々爬虫類専門の革屋さんの所で
オーナー様に一番似合いそうな、ヘビ革を選んでのオーダーメイドです。

ラグジュアリーって、こういう事?

今回のオーナー様は以前クロコダイルレザーでお財布を
作らせて頂いたオーナー様
今回は、
「荷物はほとんど持たないんだけど、何かかっこいい
鞄を作ってくれ。任せるよ。」
っと、完全お任せのフルオーダーです。
ファッションはいつも黒系でちょっとラフな洋服が多い、
ネクタイはしないけどジャケットはいつもはおってらっしゃる、
なので私がビビッときたのは、
あえてカチッとしたビジネス鞄色は薄いグレー系のパリッとカチッとしたビジネスバック。
やっぱりパイソンかな。。。

以前作らせて頂いたクロコダイルレザー財布はこちらから

菅原文太?

この方、見間違えますよね、文太さんじゃないんですよ、
でも相当間違われたようです、かっこいい方です。
たっぱもある方なので、荷物は入れなくても、
横40㎝縦30位はないとバランスがとれません、
写真は、W&Dの鞄を持って頂いてバランスを見させて頂いてる所です。

 

イメージが決まったらレザー選び

そして選んだのは、このグレー系の谷くろ染めのパイソン。
革屋さんに一枚だけありました。
迷いなく
「これだ。」
艶なしのパイソンレザー、文太さんにはこのパイソンレザーです。
パイソンレザー表面の表情が渋さもあり高級感もある、
そして落ち着いた大人のイメージもある
とにかくかっこいいパイソンレザーを発見。

そしてまたまた文太をお店にお呼びして、
パイソンレザーをお見せして、
「これで作ります。」
っと。。
有無を言わせません、笑。。

 

デザインの決定

パイソンを職人に送って、私のイメージをよーく伝えて、
出してくれた5型のデザイン画
(デザインの流出を防ぐため却下したデザインは投稿できません)
の中から決めてただいたのは、こちらのデザイン。
文太さんは細かなご要望はなかったので、
「じゃあ、とにかくかっこよく作りますね。」
っと言って打ち合わせが終わりました。
オッケーが出たので、後は職人に「とにかく文太風にかっこよく
作ってね」
っと念押し、そしてチェックはサイズ感。
後は待つばかり。今月末には出来上がるかも。

 

出来上がりました!

上品な出来上がり、さっそくオーナー様に連絡。
出来上がりの時の写真は残念ながら撮らせて頂けませんでしたが、
とても気に入って頂けました。
思ったより良い。っておっしゃって頂いたのでほっとしました。
フルオーダーはいつも引渡の時がドキドキです。
無事に婿入り出来た感じです。良かったです。

  • 堂々の出来上がり。

引手まで手作業です。渋くかっこよく出来上がりました。
色も良い感じに落ち着きました。
大人が持つへび革/パイソンバックですね

 

こんなお任せオーダーもお受けしています。
わたくし今井がオーナー様のイメージに合う一点をお作りします。
私に託して頂けませんか?

お気軽にご相談ください。
参考価格 パイソンフルオーダー鞄  38万円~45万円

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜のレザーショプが作る、メンズのセカンドバックのフルオーダー

メンズの拘るセカンドバックのフルオーダー

 

レザーに拘るメンズ、人とは違うメンズセカンドバックをお作りしますよ。
メンズレザーセカンドバックを探しても気に入った物がない方、
馬車道今井はとことんご要望をお聞きしますよ。
革,色や,仕様,オーナー様の使い勝手の良いようにフルオーダーで
メンズレザーセカンドバックをお作りします。

セカンドバックをそろそろ買い換えたいけど
どこ探してもないってことありませんか?

当店のお客様がよくおっしゃるのは
使ってるバックや財布がとても気に入ってるんだけど
どこ探しても同じようなの無いんだよね。
そうおっしゃる方にはフルオーダーはお勧めです、
今使ってる鞄を更に使いやすく、そして自分だけの
オリジナルが出来ます。
人とは一味違う使い勝手の良い鞄をフルオーダーで
お作りしますよ。

 

じっくりヒアリング

お使いだったこのレザーセカンドバックが気に入ってるのだけど
そろそろ買い換えたい、そして願わくば、
もうひとまわりサイズを大きくして、A4サイズが入る大きさにしたい。
そして、人気の海外ブランドバックのデザインも少し入れたい。。。etc。。。

色々とご要望をお聞きします。
ほんの数センチ大きくすることにしたのですが、
この数センチが結構難しいのです、大きすぎると不格好で、
持った時の安定感がなくなります。
でも小さいとA4ファイルが入りません。
何度も何度もファイルを入れるのを優先するか?
デザインを優先するか?
お聞きして。
そしてファイル以外は何を入れるのか、左手でどのように持って
右手でどうファスナーを開け閉めしたいか。
鍵は何個ぐらいどこに収めたいか。etc。。。
よーく、よーく。お聞きします。

 

セカンドバックに一番合う革の選択

アーティストと相談して選んだ革は、山羊の革/ゴートレザー。
柔らかく細かいシボがあるので、傷が目立ちづらい。
そして光沢があるので上品な高級感があります。
せっかくのフルオーダーですので、アーティストの腕も
もちろんですが、革選びも重要なポイントです。
絶対的な信頼の元お願いするアーティストですから、
革の最終的なジャッジはアーティストの意見を優先します。
作るレザーアーティストがこの革が一番、っと言う判断がなければ
よいフルオーダーの作品は出来ませんから。

 

ステッチの色や金具の色をアーティストと
連絡を取りあいながら、選んでいきました。
お客様のご要望は、A4ファイルを入れたいとの事でしたが、
A4ファイルをそのまま入れるサイズにすると
大きすぎてしまうので、ファイルは折って入れる事に
して頂き大きすぎず、小さすぎずのサイズになりました。

 

中の写真を撮り忘れてしまいましたが、
中のポケットの仕様も
携帯を入れるポケットや名刺入れを入れるポケット
など、持ち物を教えて頂き、どこにどう入れたいかなど、
細かくお聞きして形を決めていきました。

 

出来上がり

出来上がり後すぐにオーナー様が引き取りに来られたので、
写真がこの一枚くらいしかないのが残念ですが、
とても喜んで頂けました。
ありそうで、ないMen’sのセカンドバックです

 

参考価格
セカンドバック/フルオーダー  15万~20万円
革種類やアーティストによっても違ってきます。

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

 横浜でプエブロレザーのリュックをオーダーメイドするなら

革マニアが好むプエブロレザーで
リュックサック/バックパックを
オーダーメイドしませんか?

存在感抜群のプエブロレザーリュック。
プエブロレザーを得意とする腕利きの職人が
仕立て上げます
プエブロレザーの色や、内側生地の色を選んで頂いて
一点一点丁寧にお作り致します。
プエブロレザーの独特な革の表情を上手く表現した
このプエブロレザーリュック(バックパック)。
プエブロレザーの良さをこれ以上表現できた
鞄、リュックはきっと他には見あたらない。
職人の腕も一目でわかるこのプエブロレザーリュックです。

 

↓ 最近の出来上がり。このプエブロ火がついたようです。

 

最近の出来上がり。

ここのところこのプエブロレザーのリュックに火が
付いたかのように人気急上昇。
男性からも女性からもこのプエブロリュックはオーダーがあります。
皆さんやはり革好きの方ばかり、
プエブロレザーはやはり革好きにはたまらないんですね、
それにこの仕立てですから、よそでは
手に入りません。
先日もこのブログをみて決めたという方に
わざわざ遠方からご来店頂き即決で
このプエブロレザーリュックを
オーダー頂きました。
プエブロレザーはどうしても色移りがありますから、
キャメルや、グレーがお勧めですが、
あえて赤や、紺色と言う方もいらっしゃいます。
実物は大小とお店にサンプルを展示していますから、
是非実店舗で実際に手に取ってこの
存在感を味わってみてください。

プエブロレザーって何?

プエブロレザーって何?って言われる方も多いかと思います。
プエブロレザーは簡単に言うとオイルをたっぷり含ませたレザーの
表面を、あえてやすりのようなもので、毛羽立たせているのが
特徴のレザー、プエブロレザーです。
使っていくうちにその毛が寝ていき艶もでて元道りの革に戻るような
イメージです。
オーダー頂ければ、抜群の腕を持った
職人WAKATUKIがプエブロレザーを最高の作品に料理します。
出来上がるリュックの一つ一つが、それぞれの存在感を醸し出しています。

Lサイズ↓

ドイツシュリンクで作るリュックもご覧ください

 

大きさは、LサイズとMサイズの二種類
写真で見比べてみてください。
Lサイズは出張にも行けそうな大容量
Mサイズは普段通勤に使えるサイズ
LサイズMサイズ両方パソコンの収納ペースがあります。

Lサイズオーダーはこちらから

Mサイズ↓

Lサイズ↓

Mサイズ↓

Lサイズ ↓

Mサイズ↓

Lサイズ↓

Lサイズ↓

オーダーメイドの出来上がり

今回は都内からわざわざ馬車道に来てくださりオーダーメイドさせて頂きました。女性のお客様で少しパーツ部分をグレーにして欲しいというリクエストを
頂きこんなラフ画を職人に書いて頂きました。
このラフ画を見て頂き手元は本体と同じであとは絵のように
と言う事で作成に入りました。
本体の底の部分に特定の水筒入れが欲しいとのリクエストでした。
職人はわざわざ同じ水筒を買ってピッタリのサイズにしてくれました。
職人の気合の入った一点です。。。笑
と言うかこの職人の腕は半端じゃありません。。
いつも完璧、別の職人も絶賛するほどです。。

 

 

グレーとのコンビも良い感じです。

 

 

 

 

ここに水筒がすっぽりと入りますよ。

ファイルが入れやすいようにポケットの切り口を下げました。
携帯と名刺入れもつけて。。
オーダーメイドですから、多少の融通がききますよ。

オーダーメイドで作るプエブロレザーのリュック
とても味があってよいものですよ。
オーダーメイドで鞄を作ってみませんか。

価格 Lサイズ 税込¥190.000-

Mサイズ 税込¥180.000-

納期 1ケ月~2カ月

 

このプエブロレザーはシリーズで
財布もあります。
財布はこちらからご購入できます

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜レザーショプが作る、メンズの蛇革バック

拘るメンズ達へ、レアな蛇革バックを
持ちたいのならこれでしょ

厳選した蛇革を 最高の職人技を持ったアーティストに
調理して頂き、極上のパイソンアタッシュが出来上がり。
人と同じものは嫌、と言う拘ったメンズ鞄、特に蛇革を
お探しのオヤジに勧めたい。

蛇革をセレクト

あちこちレザーメーカーを訪ね、多くの蛇革の中から今回選んだのはこの蛇革。
蛇革選びも商品選びと同じ、蛇革自身が放つオーラにビビッとくるかどうかです。
そして出来上がりの鞄のイメージがある程度出来るかどうかです。

 選んだのはそう、この茶系ベージュの蛇革

蛇革の裏はこんな風になっています。
やさしいスエードのようですね。

選んだ蛇革で何を作ろう?

選んだ蛇革を持ってアーティスト ISIGUROのもとへ
選んだ蛇革に惚れ込みましたが、この蛇革をどう調理したらよいかは
私にはまだ何も浮かばない。
そんな時はアーティストに直接会って相談するのが一番。
アーティストISIGUROの出した答えは、メンズアタッシュ鞄。
そうメンズアタッシュ鞄にしました。
まずどんなアタッシュにするのか大まかな形を決めていきます。
デザインはISIGUROにお任せです。彼女はデザインから出来ますから。
私はイメージや用途、どんな人がどのように持つか
その感覚だけを伝えます。
そして柄の配置やステッチの色、鞄のベルトの長さ、
細かな打ち合わせ、大体の打ち合わせの後は
いつもISIGUROの感性にお任せします。
最終ジャッジは作り手が、出来上がりをイメージして決めるのが
一番と思うからです。

 

 

これかな?こっちかな??って実際ステッチを合わせながら決めていきます。
決定はいつも二人の感性で一致した色に決めます、もちろんアーティストの感覚を
もっとも重視して。

決め事決めたら出来上がりにワクワク期待して待つだけ

決めなければいけないことを徹底的にきちっと決め、
私の感覚と世界観を伝えたら、後はアーティストに全てお任せ。

大事なのはお互いの才能を認めあう事が出来るかどうか

こういう作業を何度も何度も繰り返し、お互いの世界観、感覚、感性を
共有していく事でよい作品創りが出来るようになります。
それはどのアーティストとも一緒です。
一番大事なのは、お互いの才能を認め合う事が出来るかどうか。
私は、作品を見ればクオリティーの判断は出来ます、
でもいくら良い作品を作るアーティストや職人でも人間性が伴わないと
長続きがしないものです。
ISIGUROの場合は展示会で初めてお会いした時から
素朴な人間性がわかる方でした、それは一緒に作ってくれてる
旦那さんも同じでした、お二人の人柄にほれ込み癒されながら
物創りをさせて頂いています。
そしてお二人にも、私を信頼して頂けなければいけませんが、
お会いしてからお互い疑う事のない関係がありがたく築けています。
これもご縁ですね、会うべきして出会ったと言う感覚です。

 

 

堂々の出来上がり

待ってました。届くまでワクワク、ワクワク
堂々の出来上がりです。
手前味噌ですが、素晴らしい!
ISIGUROの仕立ての腕が輝る極上のパイソンレザーアタッシュの出来あがり。
お店で是非現物を見て下さい。

オンラインからもご購入できます

 

 

 

スーツに持って頂くとメチャクチャかっこいいです。
今日は大事な商談。
中には企画書だけ入れて。。
なんていうときにお使い頂きたいですね。

 

茶系の革靴にとてもよく似合います
ジーンズにジャケット、なんていう服装にも似合いそうですね。
季節も選ばず持って頂けます。
人目を引く存在感抜群のパイソンレザー鞄です。

 

 

 

 

 

 

価格 税込35万円

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜 祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜、オーダーで作るドイツシュリンクのリュックサック

‏ ドイツシュリンクレザーを使った
リュックサックはなぜヒットし続けるのか?

ドイツシュリンクレザーを使用したオーダーメイドの
リュックサック。今だにオーダーが絶えません。
今回このドイツシュリンクレザーのリュックサックを
オーダーメイドして頂いたのはこんなキャシャな
そして粋な女性。
このリュックサックは圧倒的に女性からのオーダーが多いのですが
年齢もお使いになる用途も皆様様々。
でも共通点は皆様一目ぼれ。
ドイツシュリンクレザーの品質と仕立ての良さが
上手くマッチしたこのリュックサックの
シンプルで上品なオーラに吸い込まれるようです。
ほとんどの方が即決でオーダーをして頂けます。
私達も職人も驚きの大ヒットオーダーメイドの
リュックサックになりました。

こんな素敵な方々にオーダー頂きました。

(カテゴリーからセミオーダー、フルオーダーのページをご覧いただけます⇒)

クロコダイルフルオーダーはこちらから

 

レザー専門セレクトショップが提案する、ドイツシュリンクレザーを使用した、
リュックサックをセミオーダーでお作りさせて頂いています。
とてもシンプルなリュックサックだから、仕立ての良さが一目でわかり存在感が
とてもあります。
そしてドイツシュリンクは傷が目立たなく、安定した丈夫さと、
色の変化が少ないのが特徴ですね。
そんなシュリンクレザーをうまく引き立たせたこのリュックを
セミオーダーでお作りしています。

どうして一目ぼれでオーダーするのか?

抜群の仕立て力を持ったアーティストISIGUROのつくる
セミオーダーのドイツシュリンクレザーを使用したレザーリュックサック
昨年からずっとオーダーの絶えない、お店の人気のリュックとなりました。ほとんどの方が一目ぼれでオーダーして頂いています。
ではなぜ一目ぼれするのでしょうか?
理由はきっと簡単です。

素材のクオリティーと縫製力が対比
しているからです。
お寿司屋さんに例えると、新鮮な魚のネタを一流の板前さんが握る
だからお客様をうならせるお寿司が味わえる。
そんな感じでしょうか。。
オーダーメイド専門店で10年の修行を積んだ職人の腕と
感性。その縫製力を持って、なかなか手に入らないシュリンクレザーの
最高級ドイツシュリンクレザーを使っての作成。
だからオーラが違うんですね。
すべてがパーフェクト。
だからオーナー様皆さんが一目ぼれ。
見ちゃったから、出会っちゃったからと言われて皆様即決でオーダーされます。

プエブロレザーのリュックもご覧ください

使用するドイツシュリンクレザーとは?

 

シュリンクレザーとは、簡単に言うと牛革を収縮して表面にブツブツした
シボと言われる表情出した革の事をいいます。
そしてこのドイツシュリンクレザーと言うのは正式に言うと
シュランケンカーフと言って、ドイツの老舗タンナーが作る
革なのです。
カーフとは生後6か月までの子牛の事、このカーフレザーは
柔らかくしなやか。
そしてぺリンガー社の独自の加工によって作られるシュリンクレザーは
他社が作るシュリンクレザーとは比べ物にならないほどの
発色や弾力間があり、水にも強い、そしてシボのきめの細かさもとても上品で
高級感があります。
革の中ではとても安定していて、傷も目立たないですね。
だから海外有名ブランドも長くこの革を使用していますね。
シュリンクレザーと言ってもぺリンガー社のシュリンクレザーを
使用してのはごく稀です。
このリュックサックは、
このぺリンガー社のシュランケンカーフレザーに
も拘りがあります。

選んで頂く色は3色とアンテロープレザー
一番人気のドイツシュリンクレザーのグリーン色

どちらかと言うと女性に人気で一番人気は写真下の
このグリーン色。

 

 

可愛いさと爽やかなブルー色

この色は、わたくし今井とアーティストによって配色を決めたものです、
写真では分かりずらいかもしれませんが、ステッチに効かせてる
ピンクとの相性がっても良く、年齢をとわず女性に人気のカラーです。

現在一点在庫があります。

男性に人気のアンテロープレザー

(シュリンクレザーとは別の革です)

こちらは、アンテロープと言う牛にかっこいい角が生えたような
牛化の動物の革です。
こちらの革は荒々しさがあるので、男性に人気です。
この革も、水に強く傷も目立ちずらいです。

 

 

 

 

 

たっぱもあるがっちりとした男性からのオーダー

少し前に作らせて頂いた、アンテロープレザーで作ったものです。
こちらのオーナー様は、野球部体系の
とてもがっちりとした背の高い男性でしたので、
ショルダーベルトは別注で、体に合わせて長さを長くしてお作りしました。

 

そしてオーナー様の好きな赤色をきき色にして。
とてもワイルドな雰囲気に出来上がりオーナー様の
雰囲気にもピッタリでしたね。。

 

 

アンテロープレザーとは

アンテロープレザーとは、牛にかっこいい角が生えたような動物です。
アンテロープは革一枚一枚全て表情が違います。
薄い部分が多かったり、濃い部分が多かったり、
生きていた頃の傷も様々。
傷もあじの一つになっています。
雨にも比較的強い革になります。

 

 

ファスナーの色と、内側のピックスエードの色を赤にしました。

 

 

女性のオーナー様に気に入って頂きました。

こちらのオーナー様は先週末引き取りに来て頂きましたが、
何度も「可愛い、可愛い」を連呼して頂き
とても喜んで頂けました。
引渡の時がいつもドキドキですが、
喜んで頂けると、本当にこちらも嬉しいです。
そしていつもすぐそのオーナー様の声を
アーティスト達にも伝えるようにしています。
そうアーティスト達もそれが励みになるのです。
そして喜びを分かち合い、又次も良い物を提案するのです。。

 

 

 

 

この下の写真は、アーティスト自身がしょってるものです。
作品を作るにあたっては、何度も何度もアーティスト自身チェックを
しながら修正もしながら、形になっていきます。

 

 

 

 

 

アーティストISIGUROのご紹介

神戸のオーダーメイド専門店にて10年の修行後
静かな場所で物創りがしたいと、京都の自然の中に
工房を構え移り住み作品を作っています。
豊かな感性を持ち合わせていて、デザインも出来るアーテストです。
革を縫う技術力は日本でもトップクラス。
女性の細やかさが出来栄えに映し出されます。
縫製のどの細部を見ても一切の妥協がありません。
そしてデザインをまねて作ったとしてもこの完璧なオーラは
他のどの職人にも出せる技術ではありません。
馬車道今井がアーティストと認めた一人女性職人ISIGUROです。

 

価格について

 

価格 税込19万円
革色 ブルー ベージュ グリーン アンテロープレザーの4色が基本ですが、
他にもお選びいただけます。
納期 3ヶ月~6ヶ月

(オーダーの込み具合にもよります)

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

ショルダーバックをオーダーメイドするなら馬車道今井で

真っ白のショルダーバック、持つのに勇気いりませんか?

真っ白の革のショルダーバックのオーダーメイドの
出来上がり。
真っ白のショルダーバックって使うのに
汚れが気になりますよね。
でもそんなこと言ってたら白のバックは持てません。
いつもお洒落なSINさん、イタリアンレザーの革から
思い切って真っ白の革を選ばれました。
そして内側の革は悩んだすえ、鮮やかなブルーに決定。
ステッチは紫。
なかなか大胆な色の配色ですが、オーダーだからこそ
少し遊んでオリジナリティーを出しました。
SINさんだけのオリジナルショルダーバックの
オーダーメイドの出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は雨でしたが、雨に濡れたら濡れたで
どんな表情になるかそれはそれで。。
っとおっしゃって雨の中そのまましょって
帰られましたね。
そう白を選ばれるオシャレさんはそうなんですよね。
白を選ぶんですから。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~20時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

ダレスバックを選ぶならレザーショップ横浜 馬車道今井で

男性なら誰もが憧れるダレスバック、
抜群の仕立て力でオーダーメイド致します。

この堂々としたダレスバック、ドイツシュリンクレザーで仕上げました。
日本人には少し繊細で、なんとなくヨーロッパ調。
ダレスバックの職人というと男性職人と思われがちなのですが、
馬車道今井のダレスバックを仕立てる職人は女性です。
なぜなら、仕立てる女性職人はダレスバックを得意とする大手メーカー
のダレスバックを数多く仕立ててきているので、仕立ての腕は抜群、
安心して任せられるからです。
長く使えて上質のダレスバックを、と考えている方には
とてもお勧めのドイツシュリンクレザーのダレスバックです。
ダレスバックといえばダークな色が多いと思いますが、
このドイツシュリンクレザーの色はベージュなのでジーンズにジャケットなんていう
スタイルにも持って頂けますね。
一目置かれる、上品でクオリティーの高い
職人仕立ての素晴らしいダレスバックです。
ドイツシュリンクレザーから色も選んで頂き、オーダーメイドでお作りします。

ダレスバックに仕立てる革は選べるのか?

はい、ダレスバックといえば、コードバン。
コードバンのダレスバックもとても素敵です。
もちろんコードバンでもお作り致します。
このベージュのダレスバックに使用した革は
ドイツシュリンク と言われている、海外の老舗ブランドが
長く使用している高級感がある革ですね。

 

馬車道今井がダレスバックに使うドイツシュリンクレザーとは?

シュリンクレザーを簡単にいうと牛革を収縮して表面にブツブツした
シボと言われる表情を出した革の事をいいます。
そしてこのドイツシュリンクレザーというのは正式にいうと
シュランケンカーフと言って、ドイツの老舗タンナーが作る
革なのです。
カーフとは生後6か月までの子牛の事、このカーフレザーは
柔らかくしなやか。
そしてぺリンガー社の独自の加工によって作られるシュリンクレザーは
他社が作るシュリンクレザーとは比べ物にならないほどの
発色や弾力感があり、水にも強い、そしてシボのきめの細かさもとても上品で
高級感があります。
革の中ではとても安定していて、傷も目立たないですね。
だから海外有名ブランドも長くこの革を使用していますね。
シュリンクレザーといってもぺリンガー社のシュリンクレザーを
使用してのはごく稀です。
このぺリンガー社のシュランケンカーフレザーを使うところもにも拘りがあります。

このリュックサックも同じドイツシュリンクを使用し同じ女性職人が仕立てたリュックです。↓

 

ダレスバックと言えば錠前

職人の、コレクション?。。
いや。。もう手に入らない錠前だそう。。
重みもありますが、こんな錠前付けたらと思うと
ワクワクしますね。
この錠前をあえて活かすような鞄も作ってみたいものです
これぞ男の拘りですな。

 

内側に使用した革は、ピックスエード、あえて色っぽくピンク系に
してみました。
カバンを開けるととても華やかです。

 

 

 

価格 指定革使用の場合 税込36万円
上記 表革 指定外革ベージュと茶を使用 内側指定革ピンクを使用した場合
指定外表革は一色につき5万円アップチャージ。
合計アップチャージ10万円で合計46万円
納期 3か月~6か月

 

こちらは一回り小さいサイズのダレスバック、少し柔らかく
出来上がっています。

ISHIGUROのオーダー料金について

本年度より料金システムが変わりました。

商品の本体表側に使用する指定革の色を3色
内側に使用する指定革の色を3色
と限定しました
この指定革以外の色や革をお選びの場合は一色につき
アップチャージ
表革 +5万円
内側 +2万円
この料金が掛かります。

表側指定の革3色↓

上から
①ドイツ製シュリンクカーフ グリーン
②アンテロープ
③イタリア製オイルタンニン ブラック

 

内側指定革3色↓

左二色はピックスエード

G2 ピンク
F22 紫

右 牛革

6 グレー

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>