不良中年シリーズ第5弾テーマは「不良中年のお散歩トートバッグ」

またまた始まります、不良中年シリーズ。今度は不良中年のお散歩?トートバッグ?

毎回楽しい鞄をオーダーして下さる、某不良中年様からこの前シークレットボックスを作ったばかりなのに、「シークレットボックスは外に持って出たいけど持って出れないから外に持って出るバック作って」って、今度のテーマは「不良中年のお散歩バック」って事で。って嬉しいバックのオーダーメイドのリクエストです。毎回楽しませてくれる不良中年のオーナー様、全て任せ頂けるこんな楽しませてくれるオーダーメイドって。。。いつもありがとう!不良中年シリーズ第5弾「不良中年のお散歩バック」ワクワクが始まりました。

形のイメージ

バックのイメージは、アザラシを使って欲しいと聞いた時にひらめいたのが、今回は表はダークに渋くいこうと。。そしていつものようにバックを開けてパット派手に。って浮かんだイメージを元に革屋さん行ったらイメージ通りの革が。。何度か使ったことのあるベルギー産のルガトー革のオリジナル色があり、これがとても良い感じの色だったんです、そして今回のご要望はパリッと張り感のある革を使って欲しいとの事だったので条件にピッタリ。迷わずこのルガトー革を選びました。そしてアザラシの革もㇷが沢山あるのが好きなオーナー様なので、何枚かあった中から凄く迷いましたが、この一枚を選びました。

アーティストとの打ち合わせ

今回のアーティストは前回シークレットBOXを作成してくれたアーティストバロック。依頼を受けてから、暫くアーティストの手の空くのを待っていました、やっと手が空いたと言う事で、お互い集中してイメージの共有とアイデア出しです、私の作って欲しいイメージを精一杯伝えてそれに対してアーティストの方からデザインと技術面のアイデアを出してもらいあーでもないこーでもない、こういうのはどう、いやこっち、それはイメージでない、とか色々とセッションを重ねこんな感じのデザイン画が出来上がり。お互い集中すると、決まるのは早いんです、やはり最初に浮かんだイメージが一番良い結果になるので、その辺は始めれば一気に出来上がっていきます。

オーナーにざっくりとこんな感じでいきますよ、っとラインで連絡、「良いね~。それでいいよ進めちゃって。」ってOK頂きました。内側はエナメルで行こうと思います、今回はちょっとシックにワイン色にしようかと思いましたが、ん~。。不良中年にはパンチが足りない。笑。やはり赤にすることに。

表のデザイン画今一つ煮え切らない、その間に中の仕様や部分部分の仕様の試し縫いから進めています。

作製開始

なぜか今回は気持ちがざわつくのか思うようにスタートがきれないバロック、時々プレッシャーもかけながら。。「大丈夫だから、楽しむような気持ちで作ってくれればいいから」っと伝えて。いよいよ作成スタートです。どんなバックになるのか出来上がりが楽しみです。

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前にお電話又はメール、LINEでお問い合わせ下さいませ。

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

実店舗&オンラインショップ情報
馬車道今井ホームページはこちら

馬車道今井
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54 馬車道会館ビル1F
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜で、クロコダイルポロサスでボディーバックをオーダーメイド

クロコダイルの王様、ポロサスクロコダイルでボディーバックをオーダーメイド

クロコダイルポロサスと言えばクロコダイルの中でも最高級のクロコダイルレザー。そんなクロコダイルポロサスを使用して、お気に入りのボディーバックを元にオーダーメイドさせて頂きました。ボディーバックをクロコダイルでオーダーメイドってなんてオシャレ。それもオールポロサスで、ってなんて贅沢なボディーバック。。堂々の出来上がりです。詳しくはクロコダイル専門ページを見て下さい。

サイズもピッタリ、とても喜んで頂けましたよ。良かった!

今回のオーナー様にはクロコダイルン中でも王様と言われるポロサスをお選びしてボディーバックをお作りしました。

こんな大きなクロコダイルポロサスを使います、一枚はボディーバックに、もう一枚はお財布に。。とてもオシャレで仲良しのオーナー様ご夫婦、記念に一枚パシャリ。。

詳しくはこちらのクロコダイル専門ページをご覧ください

 

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

実店舗&オンラインショップ情報
馬車道今井HPはこちらから

馬車道今井
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップ
http://bis.shop-pro.jp/

レザーショップ横浜が提案する、ちょい悪オヤジのオーダーメイドのレザーバッグ

ちょい悪オヤジが
オーダーメイドで作る、自己流レザーバッグ

ちょい悪オーダー鞄

あれこれオーダーしたい、自分の使い勝手のいいレザーバッグにして欲しいけどわがまま言えるオーダーメイドのお店ってあるのか?ってお探しの方はぜひ馬車道今井に。
当店のレザーオーダーメイドは可能な限りオーナー様のわがまま?いえ。あーしてほしい、こんな革で、こんな風に、でもここはこういう感じ。。
みたいな事をオーダーメイドで理想の鞄ににしますよ。どこまで出来るかとことん職人と一緒に考えます。
そしてただ作るのではなく、オーナー様の好みやファッションに関する感性を感じ取って、オーナー様の出来る限り理想に近い世界観でかっこ良い鞄をお作りするのが、馬車道今井のオーダーメイドのバック/鞄です。
他のレザーショップでは味わえないオーダーメイドの満足感を提供します。

高級感のある大人のやんちゃ鞄って探してもないですよね。

若い人のやんちゃな鞄は沢山あるけれど、やんちゃなオヤジが持てる高級感のある鞄って探してもなかなかないですよね。
任せて下さい、とっても得意です。やんちゃなオヤジオーナー様の為にお作りさせて頂きました、アザラシの革を使ったオリジナル鞄。

テーマは「不良中年の休日」レザーオーダーバッグです。。笑

オーダーメイド鞄メンズ
このバックを見てオーダーして下さった女性のバックはこちらから

オーナー様との出会い

お仕事で横浜に来られ、近くのホテルにお泊りになっていて、たまたまお店に立ち寄って頂いたのがきっかけです。
お使いになっていた、パイソンの鞄をそろそろ変えたいから何か作ってほしいとの事から。

じっくりとヒアリング

ご来店の時に、どんな形にするか、どんな革がいいのか、ある程度お店の中の商品から、形や大きさを決めて頂きました。
そしてオーナー様の好みや、仕事で使うのか普段用にするのかできるだけヒアリングをさせて頂き、私がご提案したのはシルバーのアザラシ。
ヒアリングから大まかな事を決めさせて頂きました。
オーナー様は地方の方で、しばらくこちらには来ないと言う事でしたので、ご自宅に帰られてから、クローゼットの洋服、履いてる靴、時計、車、趣味のゴルフスタイル、普段着や好きなファッション等々を写真を撮って頂き送って頂いました。
下記がオーナー様に送って頂いた一部です。(プライベート写真もありますのであまりはっきりとはおみせできません)
オーナー様は、仕事上、設計も出来る方なので、ご自身で全体のサイズやポケットの仕様をえがいて送って下さりました。
打ち合わせ資料

そして、好みや、休日のスタイル、趣味、好きなブランドもお聞きします。
そして鞄を持つスタイル。肩にしょうのか、肩掛けにするのか。
こういうやり取りをさせて頂き、オーナー様のファッションの好みを把握します。

デザインの決定

そしてその感覚をアーティストに伝え、デザイン、組み合わせる革、付属品をアーティストと考えていきます。
ある程度、私とアーティストの間で、形や、使用する革の提案が決まったところで、デザイン画の提案をさせて頂きました。

デザインのポイント

まず形をヘルメットバック型にする事で若さが出ます。
アザラシやパイソンと言ったエキゾティックレザーきかせることによって高級感が出ます。スタッツをきかせる事によって派手さを演出します。
ざっくりとしたデザイン画ですが、3型デザイン画を提案させて頂き、気に入って頂いたのが、こちらのデザイン。この絵型から決めていきます。

革の選択

このデザイン画を元に細かな仕様やデザイン、革の種類や色を決めていきます。
革は大きく分けるとタンニンなめとクロムなめし。
このなめし方によっても革は大きな違いがあります。
自然のオイルで時間をかけて鞣すタンニン鞣し革を基本的にはお勧めします。タンニンなめしの革は使い込めば使い込むほど色が大きく変化していきます。
女性は色の変化を嫌がる方が多いですが、男性は変化を好まれる方が多くその経年変化が革独特であり、とても楽しめるものでもあります。
この説明もきっちりとしてご納得頂きます。
そしてまだまだ細かな打ち合わせです。

FAxやメールで細かな仕様の打ち合わせ

ポケットの仕様やサイズ、ファスナーの色、内装や色。外ポケットの中にペンさしが必要と言う事で、何本にするかなど細かな事を決めていきます。
写真はその時のやり取りの資料ですが、何度も何度も電話したりメールしたりしながら決めていきました。

打ち合わせ資料

どこまで派手にするか?

これが、最大の課題でした、アーティストが選んだのが「丸型のスタッズ」
なぜかと言うと、派手になりすぎないようにと言う事です。
今回のテーマは「不良中年の休日」ですから。
何度も何度もオーナー様とfaxや、メール、LINEで連絡をとり、時にはfacebookに写真を載せ、確認していただいたり、その感想やオーナー様の感覚を今度は何度も何度もアーティストとやり取りをしてデザインを固めていきました。
これがとても大変でワクワクする作業でした。

大人のやんちゃを表現する

まず形がヘルメットバック。この形が若さを表現します。
アザラシと言うエキゾティックレザーを使う事で、高級感が出ます。メタリックのパイソンを使う事によって華やかさが出ます。スタッズを使う事によって、チョイ悪さが出ます。これらの組み合わせに寄って不良中年の休日の完成です。

出来上がった デザイン画がこちらです。背面の大きなベルトのようなものは、キャリーバックに固定する為のベルトのようなものです。
そして若干アザラシの革が残るので、その革を利用して、札入れを作ることにしました。

鞄オーダーデザイン画

内側の色は、オーナー様の気に入ってるブルゾンの色から選びました。内側は開けないと見れないので、思いっきり派手でもいいですね。

オーダーメイドバックメンズ

メンズ鞄オーダーメイド

アザラシレザー

アザラシの革は当然、固体によっても表情がそれぞれ違います。この革はオーナー様のイメージにあわせ、ちょっと白の色が奇抜な感じのものを選んできました。

少し見えるかな、手前にペンさしを作っています。
オーダーメイド鞄メンズ

持ち手もリクエストで、牛革とパイソンで3セット作りました。どうしても持ち手は手の汗で傷んでしまうので、最初から3セット用意しました。
持ち手はご自身で変えられるような仕様にしています。

レザーオーダーバッグ完成!

出来上がり。アーティストが直々にお店に持ってきてくれたのですが、開けて見るまで、ワクワクでした。。見て感動!
アーティストbashareに「良いねェ~!!!」
私の中では、思った以上の出来上がり!
少し鳥肌ものでした。。

 ちょい悪なオーナー様の嬉しいご感想

そしてオーナー様にご連絡。
すぐに見たいとおっしゃられたので、facebookに急いで投稿。
ドキドキしながら、感想待ち。暫くすると 大笑いしながらオーナー様よりお電話。気に入って頂きました。
もちろんお手元に届いてからも感想は変わらずでしたから、とにかくほっとしました。
そしてオーナー様からも、「この数か月のやり取りはとても楽しかった。また次回何かお願いするね」とおっしゃって頂け、すぐにアーティストに報告しました。
私達も喜んで頂け、楽しかったと言って頂け、幸せなお言葉でした。
オーダーメイド鞄メンズ

そして、お久しぶり、突然オーナー様ご来店

もちろん鞄を持って。
どこに行っても、いじって頂けているようです。
狙いどうり!
良かったです。
オーダーメイド鞄メンズ

本体の革はタンニンなめし革らしく、かなり深みを増した色に変化していますね。
アザラシの美しい艶はそのままです。
なんだか奉公に出した息子がご主人様と一緒に久しぶりの里帰りのような気持でした。
アザラシ 鞄メンズ

オーダーメイドバック横浜
アザラシオーダー鞄

鞄メンズオーダー

参考価格

鞄フルオーダー35万~40万
使う革やデザイン、アーティストに寄っても違ってきます。

オーダーをお考えの方はこちらをご覧ください。

不良中年シリーズ第2弾「不良中年の夏休み」

不良中年シリーズ第3弾「不良中年の象革xクロコダイルキーケース」

不良中年シリーズ第4弾「不良中年のシークレットボックス」

不良中年シリーズ第5弾「不良中年のお散歩」

クロコダイルオーダーお考えの方はこちらをご覧ください。

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

実店舗&オンラインショップ情報
馬車道今井HPはこちらから

馬車道今井
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップ
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブック
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

ホームページ

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜発、ieribブルレザーレザーの大容量バック

ieribレザーバッグ
使用するブルレザーって知ってましたか?

ierib bullleather rucksackブルレザーリュックサック
ieribの作るブルレザーの鞄シリーズ。

ierib bullleather rucksackブルレザーリュックサック

ierib bullleather rucksackブルレザーリュックサック

ierib bullleather rucksackブルレザーリュックサック

ierib bullleather rucksackブルレザーリュックサック

エキゾチックレザーの中でも、このブルレザーの鞄。エキゾチックレザー好きにはきっと一目ぼれバックではないでしょうか。
ブルレザーとは革の表面に出る深いシワの様なシボの出方が特徴の革です。そのシボは三歳までの雄牛にしか出ないとても貴重な革です。その革を作り手のアーティストが日本のタンナーと共に更に魅力的な革に開発したのがこのエキゾチックなブルレザーです。
革から開発したとてもレアーなエキゾチックな革です。

そしてこの革は見た目よりずっと柔らかく弾力があります。若干重みはありますが、力持ちの方なら、男性はもちろんですが、女性が持ってもかっこいいですね。

ierib bullleather clutchbagブルレザークラッチバッグ

ierib bullleather clutchbagブルレザークラッチバッグ

ierib bullleather clutchbagブルレザークラッチバッグ

ierib bullleather clutchbagブルレザークラッチバッグ

リュックサック詳細はこちらから

クラッチバッグしょうさいはこちらから


ieribブルレザー ビック鞄のバックスタイル  サイズL

ieribブルレザーショルダー鞄 サイズM

ieribショルダー鞄 バックスタイル

デザインはいたってシンプル

形も縫製もいたってシンプル。
だからこそ革の高級感が出るのですね。
そして大容量、鞄の中もいたってシンプル。

ブルレザージャケットはこちら

ierib商品一覧と在庫確認はこちら

アーティスト ierib
鞄の参考価格 10万円~20万

アーティストの意向により上代は実店舗でのみ提示しています。
上記はあくまで参考価格で、使用する革や、加工方法によっても
値段は違ってきます。

店舗&オンラインショップ情報
馬車道今井HPはこちらから

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

馬車道今井
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイドするなら

革マニアが好むプエブロレザーでリュックサック/バックパックをオーダーメイドしませんか?

当店の人気ナンバーワン、存在感抜群のプエブロレザーリュックサック/バックパックのオーダーメイド。最近は遠方のお客様からもこのブログを見て頂き、メールや電話でやり取りをしながらオーダーさせて頂く事もとても多くなりました。
プエブロレザーを得意とする当店がリスペクトする腕利きの職人がプエブロレザーの色や、内側生地の色を選んで頂いて一点一点丁寧にお作り致します。プエブロレザーの独特な革の表情を上手く表現したこのプエブロレザーリュックサック。プエブロレザーの良さをこれ以上表現できたリュックはきっと他には見あたらないはず。職人の技術も見て頂ければ一目で納得頂けると思います。当店が自信を持ってお作りするリュックサックです。

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド
プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド
男性からも女性からもこのプエブロリュックはオーダーがあります。
プエブロレザーはやはり革好きにはたまらないんですね。
それにこの仕立てですから、よそでは手に入りません。

色の選択

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド
表のプエブロレザーは6色からお選びいただけます。プエブロレザーは革の性質上どうしても色移りがありますから色移りが少ない下の2色をお勧めしています。
革の在庫状況などにより使用できない色がある場合がありますのでお問い合わせください。
プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

裏地はグレー、ベージュ、ブラウンの3色からお選びいただけます。スエードの様なとても気持ちがよい手触りの生地です。
プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド
実物はL、Mとお店にサンプルを展示していますので是非実店舗で実際に手に取ってこの存在感を味わってみてください。

プエブロレザーって何?

プエブロとはイタリア語でプエブロインディアンの集落を表し民族的な表情を持つ革という意味です。
製造元のタンナーはイタリアのサンタクローチェ地方のフィレンツェにあるバダラッシー・カルロ社。
プエブロはイタリア植物タンニンなめし協会が認める1000年の歴史を誇る「バケッタ製法」で作られています。
通常の革よりも時間をかけてゆっくりとオイルを染み込ませていくので、オイルが抜けにくく色や艶が非常に良い味を出してくれます。

表面はわざと毛羽立たせるような加工がしてあり、そこからさらに人の手の脂や水蒸気によって他の革よりも素早くエイジングしていくというのが最大の特徴です。
新品の時は少しザラザラしていますが、時間が経つと革が寝ていき、つやつやになります。革の色の変化も他の革よりも大きく、味わい深いものになります。
もちろん新品の時の色も使い込んだ後の色も両方とも綺麗なことはいうまでもありません。
オーダー頂ければ、抜群の腕を持った職人Wakatsukiが最高の作品に料理します。

Lサイズ↓
こちらが基本の形になります。

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド
大きさは、LサイズとMサイズの二種類。写真で見比べてみてください。
Lサイズは出張にも行けそうな大容量。Mサイズは普段通勤に使えるサイズ。LサイズMサイズ両方パソコンの収納スペースがあります。

Mサイズ↓
プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド
A4サイズが余裕をもって収納できビジネス向け。ノートパソコンや厚みのある書類、お財布などたっぷり収納できます。

オーダーメイドの出来上がり

今回は都内からわざわざ馬車道に来てくださりオーダーメイドさせて頂きました。女性のお客様で少しパーツ部分をグレーにして欲しいというリクエストを頂きこんなラフ画を職人に書いて頂きました。基本の形を元にパーツなどある程度カスタマイズ可能です。このラフ画を見て頂き手元は本体と同じであとは絵のようにと言う事で作成に入りました。
職人の気合の入った一点です。と言うかこの職人の腕は半端じゃありません。
いつも完璧、別の職人も絶賛するほどです。

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

グレーとのコンビも良い感じです。

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド

ここに水筒がすっぽりと入ります。

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド
背面のポケットはパソコンなどを収納することを想定して仕切りに厚めのパッドが入っています。

プエブロレザーのリュックサックをオーダーメイド
(↑こちらは店舗にあるMサイズのサンプルの内側の写真です。サイズ感の参考にご覧ください。)


↑普段のビジネスバッグとしてはやはりMサイズがお勧めです。
A4サイズが余裕を持って入り、タブレットやお財布など、夏場などは着替えのお洋服もごっそり収納できます。
背面のポケットの仕切りには集めのクッションパッドが入っているためパソコンやタブレットなどの収納に適しています。

Lサイズの詳細
Mサイズの詳細

Lサイズ 税込¥190,000-
Mサイズ 税込¥180,000-
納期 1ケ月~2カ月
馬車道今井HPはこちらから

プエブロレザー財布のセミオーダーはこちらから

YouTubeでも紹介しています。

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
オーダーをお考えの方はこちらをご覧ください。

馬車道今井HPはこちらから

馬車道今井
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日  その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

ヴィンテージ 手染め牛革の一点物ダレスバッグ

まるで古き良きヨーロッパ絵画を思わせる
手染め革鞄、この世界感を体感して頂きたい

 

 

 

 

 

 

カバンというより芸術作品
使うことすらもったいないと思わせるほどの存在感はアーティストの技術と独特の世界観により表現されています。

画家がキャンバスに向かい筆をあてるようにアーティスト自身がヌメの革に向かい筆で染色を行うため一つとして同じものは出来ません。まさに一点物の中の一点物。
芸術作品は作者の心情や感情の投影物だとよく言われますがこの手染め牛革の鞄もまさにその芸術作品の一つ。
アーティストのもの作りへの情熱とこだわりがその存在感とともに人々を魅了します。

 

 

 

 

 

溢れるヴィンテージ高級感

1800年代後半の海外ブランドが鞄を作り始めた頃の鞄創りにインスパイアされたアーティストはそこに独自の感性と染め、技術を加え唯一無二の世界を表現します。
筆を使い薄い染料を色味と濃さを変えながら染めては乾かす工程を手作業で何回も繰り返す気の遠くなるような作業により絵画のような染めの表情が現れます。
そしてなによりも高級感を引き上げるのは手縫いの技術。
手縫いだからこそ与えられる温かみはビンテージ感も引き立て、強度を増し、一生物という付加価値を与え、鞄に命を吹き込む大切な作業です。

 

世の中には山のように「職人仕立て」の鞄がありますが細部まで徹底されたこだわりと技術に裏付けされたクオリティー、異彩を放つ独特の世界観において一線を画すこの手染め牛革シリーズで鞄をオーダーしてみませんか?
馬車道今井が自信をもっておすすめする手染め牛革の鞄はあなたの一生の相棒になります。

価格:約38万円~45万円
納期:約3~6カ月*受注の関係などによって変化します。

手染め牛革のバッグ

手染め牛革マルチケース&長財布

手染め牛革カードケース&キーケース

最近の出来上がり

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

オーダーをお考えの方はこちらをご覧ください。

実店舗&オンラインショップ情報

馬車道今井HPはこちらから

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜、オーダーで作るドイツシュリンクのリュックサック

‏ドイツシュリンクレザーを使った
リュックサックはなぜ人気なのか?

ドイツシュリンクレザーを使用したオーダーメイドのリュックサック。
このリュックサックは圧倒的に女性からのオーダーが多いのですが年齢もお使いになる用途も皆様様々。でも共通点は皆様一目ぼれ。
ドイツシュリンクレザーの品質と仕立ての良さが上手くマッチしたこのリュックサックのシンプルで上品なオーラに吸い込まれるようです。
ほとんどの方が即決でオーダーをして頂けます。
人気のオーダーメイドのリュックサックになりました。

どうして一目ぼれでオーダーするのか?

オーダーメイド専門店で10年の修行を積んだ女性職人の仕立て。
ではなぜ一目ぼれするのでしょうか?理由はきっと簡単です。
素材のクオリティーと縫製力がマッチしているからです。
お寿司屋さんに例えると、新鮮な魚のネタを一流の板前さんが握る。だからお客様をうならせるお寿司が味わえる。
その抜群の縫製力を持って、なかなか手に入らないシュリンクレザーの最高級ドイツシュリンクレザーを使っての作成。だからオーラが違うんですね。すべてがパーフェクト。

↓プエブロレザーリュックサックはメンズの一番人気です、こちらもご覧ください。
https://atelier-bis.jp/wp/pueblo-leather-backpack-order/

プエブロメンズリュックサック

プエブロメンズリュックサック

そしてこちらのieribリュックサックも革に拘るメンズには人気です。

こちらをクリック

使用するドイツシュリンクレザーとは?

シュリンクレザーとは、簡単に言うと牛革を収縮して表面にブツブツしたシボと言われる表情出した革の事をいいます。そしてこのドイツシュリンクレザーと言うのは正式に言うとシュランケンカーフと言って、ドイツの老舗タンナーぺリンガー社が作る革を指します。
カーフとは生後6か月までの子牛の事。このカーフレザーは柔らかくしなやか。
そしてぺリンガー社の独自の加工によって作られるシュリンクレザーは他社が作るシュリンクレザーとは比べ物にならないほどの発色や弾力があり、水にも強い、そしてシボのきめの細かさもとても上品。
革の中ではとても安定していて、傷も目立たないです。だから海外有名ブランドも長くこの革を使用しています。

同じドイツシュリンクのダレスバッグはこちら

可愛いさと爽やかなブルー色

この色は、わたくし今井とアーティストによって配色を決めたものです。
写真では分かりずらいかもしれませんが、ステッチに効かせてるピンクとの相性がっても良く、年齢をとわず女性に人気のカラーです。

男性に人気のアンテロープレザー

こちらは、アンテロープと言う牛にかっこいい角が生えたような牛化の動物の革です。こちらの革は荒々しさがあるので、男性に人気です。この革も、水に強く傷も目立ちずらいです。

アンテロープレザーとは

アンテロープレザーとは、牛にかっこいい角が生えたような動物です。
アンテロープは革一枚一枚全て表情が違います。
薄い部分が多かったり、濃い部分が多かったり、生きていた頃の傷も様々。
傷もあじの一つになっています。雨にも比較的強い革になります。

内側に使用するピッグスエードは21色からお選びいただけます。

2way仕様

ドイツシュリンクは下記の15色から。

内側のピッグスエードは下記の21色からお選びいただけます。

アーティストのご紹介

神戸のオーダーメイド専門店にて10年の修行後静かな場所で物創りがしたいと、京都の自然の中に工房を構え移り住み作品を作っています。
豊かな感性を持ち合わせていて、デザインも出来るアーテストです。
革を縫う技術力は日本でもトップクラス。女性の細やかさが出来栄えに映し出されます。縫製のどの細部を見ても一切の妥協がありません。
そしてデザインをまねて作ったとしてもこの完璧なオーラは他のどの職人にも出せる技術ではありません。馬車道今井がアーティストと認めた一人、女性職人です。

馬車道今井HPはこちらから

3月28日の日テレ放送の「ぶらり途中下車の旅」を見て頂き多くの問い合わせを頂いていますが、このリュックに関しセミオーダーを承ってきましたが、コロナの影響で使用するドイツシュリンク革の入荷のめどが立たなくなった事と、革代が高騰するおそれが出てきましたので、このリュックに関しては職人を直接ご紹介させて頂いています。もしドイツシュリンクに拘らなければ国産の革を選んでお作りも可能なようなので、お手数ですが下記のログシー石黒さん宛てにお問い合わせ頂けますでしょうか。

ログシー

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

オーダーをお考えの方はこちらをご覧ください。

実店舗&オンラインショップ情報
馬車道今井HPはこちらから

馬車道今井
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜の社長に仕える業績アップビジネス鞄のオーダーメイド

業績アップ。出来る社長がオーダーメイドする
ビジネス鞄

業績アップビジネス鞄の企画です。
出来る男に、ビジネス鞄もオシャレで機能的な鞄を提供したい。
そんな打ち合わせを職人としながらデザインから考えていきます。
まだまだ日本の男性陣はオシャレに抵抗がありますよね。
オシャレなビジネス鞄で取引先に向かった方が
きっと「出来る男」っと印象付けるはず。
そう、ビジネス鞄も堂々とオシャレしましょ。今井がお勧めするこのビジネス鞄のオーダーメイド。
イタリア産バケッタレザーの色を選んでオーダーメイドするビジネス鞄。このオーダーメイドのビジネス鞄を持てば業績アップ間違いありません。

 

職人KAZANが描いてくれたビジネス鞄のデザイン画。
大きさやポケット、金具の色や形も考えて。。出来上がったのが、こちらのビジネス鞄

バケッタレザー10色より選べます。税込15万円 納期2カ月

前面のベルトの間に新聞や傘が挟めます。金具は上白石の真鍮を使っています

そしてこの鞄を元にオーダー頂いたのがこちらの赤いビジネス鞄。今井が仲良くさせて頂いています、日本の町工場を支える物作りの会社,ケイテックデザインの社長様よりオーダー頂きました。

社長がおっしゃるには、いつか空港で男性が持っていた赤い鞄がとてもオシャレでずっと記憶に残っていたようで、
オーダーメイドでビジネス鞄を作るなら赤い鞄、っと決めていたようです。そう、物作りの社長らしく情熱の赤ですね。
内側は、会社のイメージカラーのオレンジにしました。そして、持ち手や部分使いに赤のクロコダイルを使って作る事に。

だんだん出来てきました。納品が楽しみです。

 

‾ひとまず社長にこんな感じですよと、写真で報告。そしたら「スゲーー!イイっすね。」っと返ってきました。一安心。。でもお渡しするまではいつも気に入って頂けるかドキドキです。

そして出来上がり!

とても個性的なオリジナルの鞄の出来上がりです。とても良い感じに出来上がりました。この鞄で業績アップ間違いなし、ですね。。。笑

良いたたずまい。社長に気に入って頂けるかな??

 

 

暫くお店に展示させて頂いていましたが、先日無事納品。気に入って頂けました、良かったです。いつも納品の時はドキドキ。。安心しました。そして海外出張にお供したようです、早々お使い頂き嬉しいです、それも海外デビュー。。良かった。

こちらは送って頂いた写真です、クマ社長ありがとう。

参考価格 17万円
本体革 イタリア産バケッタ革使用
内側生地 岡山産キャンパス使用
持ち手とパーツにクロコダイルを使用

オーダーをお考えの方はこちらをご覧ください。

実店舗とオンラインの情報はこちらから。
馬車道今井HPはこちらから

馬車道今井
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜発、一点物の 手染め牛革xハラコのダレスバッグ完成!!

唯一無二、古き良きヨーロッパ絵画を思わせる手染め牛革ヴィンテージ感ダレスバッグ

当店の顔の一つとなった手染め牛革xハラコのダレスバッグ。その存在感と魅力はまさに唯一無二。この手染のダレスバック人々を魅了します。
画家がキャンバスに向かい筆をあてるようにアーティスト自身がヌメの革に向かい筆で染色を行うため一つとして同じ手染ダレスバックは出来ません。まさに一点物の中の一点物のハラコ×牛革手染のダレスバックです。今年の一点が出来上がりました。

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

溢れるリッチなヴィンテージ感

1800年代後半の海外ブランドが鞄を作り始めた頃の鞄創りにインスパイアされたアーティストはそこに独自の感性と染め、技術を加え唯一無二の世界を表現します。
筆を使い薄い染料を色味と濃さを変えながら染めては乾かす工程を手作業で何回も繰り返す気の遠くなるような作業により絵画のような染めの表情が現れます。
そしてなによりも高級感を引き上げるのは手縫いの技術。
手縫いだからこそ与えられる温かみはビンテージ感も引き立て、強度を増し、一生物という付加価値を与え、鞄に命を吹き込む大切な作業です。
手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

手染め牛革ハラコメンズレザーダレスバッグ

価格税込¥450,000-
手染め牛革×ハラコ
生産国:日本 職人仕立て
素材:牛革(手染め)×ハラコ かぶせの裏側ピッグスエード 裏地/綿100%
サイズ:横38x縦35(持ち手を含まない)xまち14x持ち手から底まで47.5(cm)
カラー:キャメルxレッド

馬車道今井HPはこちら

ご購入はこちらから

古き良きヨーロッパ絵画を思わせる手染め革の鞄

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日  その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

ダレスバックを選ぶならドイツシュリンクの一点物バッグ

男性なら誰もが憧れるダレスバック
抜群の仕立て力

この堂々としたダレスバック、ドイツシュリンクレザーで仕上げました。
日本人には少し繊細で、なんとなくヨーロッパ調。
ダレスバックの職人というと男性職人と思われがちなのですが、馬車道今井のダレスバックを仕立てた職人は女性です。
なぜなら、仕立てる女性職人はダレスバックを得意とする大手メーカーのダレスバックを数多く仕立ててきているので、仕立ての腕は抜群、安心して任せられるからです。
長く使えて上質のダレスバックを、と考えている方にはとてもお勧めのドイツシュリンクレザーのダレスバックです。
ダレスバックといえばダークな色が多いと思いますが、このドイツシュリンクレザーの色はベージュなのでジーンズにジャケットなんていうスタイルにも持って頂けますね。
一目置かれる、上品でクオリティーの高い職人仕立ての素晴らしいダレスバックです。

馬車道今井がダレスバックに使うドイツシュリンクレザーとは?

シュリンクレザーを簡単にいうと牛革を収縮して表面にブツブツした
シボと言われる表情を出した革の事をいいます。
そしてこのドイツシュリンクレザーというのは正式にいうと
シュランケンカーフと言って、ドイツの老舗タンナーぺリンガー社が作る革なのです。
カーフとは生後6か月までの子牛の事で柔らかくしなやかな質感が特徴です。
そしてぺリンガー社の独自の加工によって作られるシュリンクレザーは他社が作るシュリンクレザーとは比べ物にならないほどの発色や弾力感があり、水にも強い。そしてシボのきめの細かさもとても上品で高級感があります。
革の中ではとても安定していて傷がついても目立ちずらく、色の変化がほとんどありません。
だから海外有名ブランドも長くこの革を使用していますね。
シュリンクレザーといってもぺリンガー社のシュリンクレザーを使用してのはごく稀です。
このぺリンガー社のシュランケンカーフレザーを使うところもにも拘りがあります。

ダレスバックと言えば錠前

職人の、コレクション?。。
いや。。もう手に入らない錠前だそう。。
重みもありますが、こんな錠前付けたらと思うとワクワクしますね。
この錠前をあえて活かすような鞄も作ってみたいものですこれぞ男の拘りですな。

内側に使用した革は、ピックスエード、あえて色っぽくピンク系にしてみました。
カバンを開けるととても華やかです。

価格:税込25万円

YouTubeでも紹介しています。

ご購入はこちらから

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

実店舗&オンラインショップ情報

馬車道今井
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>