レザーソムリエナイフケースを馬革コードバンでオーダーメイド

プレゼント用に新喜皮革コードバンの
レザーソムリエナイフケースをオーダーメイド

今回のオーダーは独立されbarを開業されたオーナー様へのプレゼントとしてレザーソムリエナイフケースをオーダーメイドさせていただきました。
赤と黒がお店のイメージカラーということで提案させていただいたのは日本が世界に誇るタンナー「新喜皮革」の赤のコードバンとブラックの牛ヌメ革の組み合わせ。
新喜皮革社製コードバン鮮やかな発色と美しい艶が特徴で世界的に人気が高く個人店が入手するのはかなり困難な革です。

たまたま以前のオーダーで使用した残りがあったためこちらで作成させていただくことになりました。

打ち合わせ

職人が製作に入る前の段階でもう一度ご来店いただき、サイドのコバ色やステッチの色、刻印の位置など最終打ち合わせをさせていただきました。
またその時に実際に収納するソムリエナイフを持ってきていただきお預かりさせていただき作成に入ります。

フルオーダーメイド
新喜皮革コードバンの
レザーソムリエナイフケース完成!!

新喜皮革コードバンのソムリエナイフケースをオーダーメイド





程良い厚みがありおしゃれで重厚感にあふれた仕上がりです。
内側に使用したブラックの牛ヌメ革とサイドのブラックのコバ塗とステッチが高級感を引き立てています。
背面にはベルト通しを付け、仕事中でも出し入れができるようなデザインです。

そしてお引渡し
レザーオーダーは初めてということでとても喜んでいただけました!!
不安もあったかと思いますが当店を信頼していただき本当に感謝です。
受け取り後、さっそくお渡しに行かれました。
本当にホッとした瞬間です。

オーダーをお考えの方はこちらをご覧ください。

馬車道今井HPはこちら

オンラインショップはこちら

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加
QRコードから友だち追加↓

instagramで日々情報更新中!!

Facebookにも情報を投稿しています。

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~19時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

BOMムエタイを見させて頂きました。

BOMムエタイを見に行かせて頂きました。

お客様のEIWAジムの中川会長率いるBOMムエタイが日曜日に大さん橋で開催され見に行かせて頂きました。

ボクシングは昔から好きで、特に辰吉丈一郎選手に熱狂した時もありましたが、ムエタイは初めて見させて頂きました。それもありがたくリングのすぐそばの席で。

試合のオープニングは大音量の音楽の中登場するのだけれど、リングに上がる時は跪く、戦いの前には中川会長と手を合わせる。そして試合前に踊りを見せてもくれました、神に捧げる踊りなのでしょうか。。きっと選手にとってリングは神聖な神の場所なんでしょうね。

そして、ムエタイ独特の音楽でしょうか、不思議な鈴と太鼓の音楽に踊るかのように戦い始める。選手はまだあどけなさも残った若い選手達、でも体は筋肉で岩のよう、その岩のような体に音を響かせあたるパンチやキックは凄まじい、一瞬のスキを突かれ受けるダウン、本当に死闘。ダウンしても又立ち上がり戦う、打たれたパンチで顔は流血、試合後に泣き崩れる選手もいたり、ふらふらになって退場する姿を見ていると、なぜそこまでして戦うのか、なぜ自分の命をも削ってまで戦うのだろう。。きっと彼らの前世は戦士、まだ、もっと強くなりたいのね、っと思ってしまう。

とにかく生で見るムエタイにこんな世界があるんだと圧倒され魅了されました。又次が楽しみです。又見させて頂きます。

https://bom.tokyo/

    中川会長が育てられた、吉成名高選手。

    吉成名高選手は日本人初のラジャダムナン・ルンピニー統一王者。ムエタイの事はちっともわかってないけれど、よその国の国技でチャンピョンになるってどんだけの事なんだろう。。やっぱり神の域ですよね。そして名高選手の謙虚な姿勢は中川会長の人柄そのもの、ムエタイに興味をもったのも中川会長の人柄に惹かれたからです。中川会長率いるEIWAジムと選手達をこれからも応援させて頂きます。お招き頂きありがとうございました。

    EIWAジムのHPはこちらから
    https://masc.jp/

    実店舗&オンラインショップ情報

    〒231-0013
    横浜市中区住吉町5-54
    (馬車道道り関内ホール前)
    ℡ 045-681-6356

    営業時間
    火曜日~土曜日 11時~19時
    日曜日、祝日  11時~18時
    月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

    オンラインショップはこちらから
    http://bis.shop-pro.jp/

    フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
    https://www.facebook.com/Mensbashamichi

    レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜馬車道で不良中年の象革フルオーダーのキーケース

遊び心いっぱいの不良中年に今回は
象革とクロコのコンビでキーケースをお作り。

親しくさせて頂いているいかつい不良中年。。いやいやまじめな経営者さんに今回は象革のキーケースをお作りです。
「今度はどんな革が良いかな?」「ん~、、ヘビは前作ったし、シャーク、カバ、トカゲ。。アッ象はどう?」「アッ良いね。。」「じゃあこのクロコ使ってもいい?」というような会話から、こんな象革のキーケースをフルオーダーでお作りしました。
象革は革の中でもとても貴重な革でこのブルーは特に珍しい色。
一目で気に入っていただきました。でもこの方にはこれだけじゃ物足りない。アッこのクロコも使っちゃえ。
早速連絡して、了解いただき作成です。
表は象、キーケースを開けると中心にクロコダイルの黒、脇に象革、両サイドはシャイニング加工したワインレッドのクロコダイルを組み合わせ。
出来上がりました。

この方の好みは大体把握できているので、こちらから提案させて頂き毎回ちょっと面白く遊ぶ心があるけど高級感もある、大人の一点を提案しています。
なんだかんだと言いながら、お立場のある方なので、その辺は慎重です。

使った金具は全て 上白石の真鍮。上白石の真鍮は革と共に良い感じに経年変化していきます。
馬車道今井は金具まで拘ります。

象革の表面はとても神秘的です。
見る角度によってはサンゴのような雰囲気も持っています。
象革と言えばグレーが多くみられますが、珍しい発色の良い象革ブルー。

馬車道今井HPはこちら

オンラインショップはこちら

象革のラウンドファスナー長財布はこちらから

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~19時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜でオーダーメイドする、ちょい悪オヤジのヘビ革のバッグ/鞄

遠方からでもヘビ革/パイソンのバックをオーダーメイド出来るの?

もちろんできます。馬車道は仕事で地方から来られる方も多く寄って行ってくれます。今回もその様なご縁でヘビ革/パイソンのバッグのオーダーメイドが始まりました。
小さなレザー専門ショップだから、鞄のオーダーメイドの融通はかなり利かせて頂いています。
ヘビ革の鞄をただオーダーメイドするだけでなく、センスや感性、ヘビ革の選択も独自のもの。
他のショップではきっと提案できないセンスとオーナー様の世界観をヘビ革を使ってオーダーメイドの鞄に表現します。
それが馬車道今井のヘビ革の鞄のオーダーメイドです。
ご来店出来ない遠方の方でも可能です、メールや、電話、SNSを使って、やり取りしながら、楽しく作らせて頂いていますよ。
ちょい悪?でなくても、こんなヘビ革の鞄をオーダーメイドしたい、
という方はお気軽にご相談ください。

「テーマは不良中年の夏休み」

こちらのオーナー様には前回、秋冬用でアザラシの鞄を作らせて頂いていましたので、今回は夏用の鞄です。

選んだのは谷くろ染のこのパイソンレザー

蛇革に一度ピンク色を染め、手作業で表面を拭き取る作業で作られたパイソンレザー。
鱗の中のピンクが角度によって見え隠れします。とてもきれいな発色で
珍しいパイソンを見つけました。
一目でオーナー様にはこのパイソン!
っと私の中では決まりました。
派手さが欲しい、でも安っぽくものは持てない。
このパイソンレザーは、高級感と派手さ、やんちゃさがうまく出るような
オーナー様のご希望にぴったりです。
この表情は女性が好みそうな色気、だからこそオシャレなちょい悪が持つと思いっきりはまるパイソンレザーの表情です。

facebookでパイソンレザーを確認

オーナー様にこれどうです?
これ以外考えられないんですが。。。
いいね、いいね。。
ですよね。これですよね。。
ってな会話して、とりあえずパイソンレザーはオッケーでした。。笑

オーナー様は遠方の方なので、まずは手っ取り早くフェイスブックに
このパイソンレザーの写真を載せて、パイソンの色を確認して頂きました。
(Facebookはこのように遠く離れてる方に、簡単に確認して頂ける
ツールとして利用しています。)
写真で見て頂くのが一番分かりやすいのでね。
まずパイソンのオッケーを頂きました。

デザインの決定

そしてこの選んだパイソンを職人に送り職人と共にデザインを決めていきます。
オーナー様の今回のご要望を私の方で、電話やメールでお聞きして、
大体の形を決めていきます。

オーナー様のご要望

①前回が冬用だったので、今回のアザラシバックとは真逆のイメージ
②派手さの中に、上品さ
③大人のちょい悪だけど、品もあり高級感も欲しい
③イメージとして軽さと、夏らしさ
③明るい中にシャープさもある
⑤容量は前回と同じ
⑥ポケットのしようも前回と同じ
⑦内側はペイズリー柄のような派手な生地(紫、イエロー、ピンク)
⑧白が良いけど汚れが気になる
このイメージを元にラフ画のデザイン画5型をデザイン
その中から決定したのがこの形

それから、メールや電話、FAXで細かな打ち合わせし、とにかく空想の世界を形にしていきます。

細かな仕様の決定

何度も何度も、オーナー様と職人の感性のすりあわせ。
そしてオーナー様の希望が作成上無理がある場合どう変更していくか。
どう作ったら使い勝手がよく納得頂けるか細かな事まで共有していきます。
オーナー様の希望を出来るだけ叶える為に、職人とのやり取りも入念に何度もします。それが私の責任。

①革:パイソンがあまり経年変化しない革なので、本体になる革も経年変化があまりないクロムなめしの革。
②本体の色:オーナー様は汚れが気になるから白は避けたい、
っとおっしゃってたのですが、このパイソンに合うのは白系かグレー。
迷われましたが、白は普通の人は持たない色で贅沢な色。かっこよさを取っては白系に決定。
③コバの色:革と革を合わせた側面を削って磨くコバしたてのコバの色は赤系に決定。
④鞄底の仕様:鞄が床に付かないように底鋲を付ける。
⑤内側生地:内側はペイズリー柄の、ピンク、紫、黄色、紺、の派手めな色を希望。本体の色とのバランスを見て職人に任せる。
⑥ポケットの仕様:ペンさし4本、ファスナーポケット、オープンポケット2か所
外ポケット、パスモ入れ用。ポケットはオーナー様から頂いた図面を元に作成。

そして、出来上がりました!

堂々の出来上がり、素晴らしい!
想像道りです、美しい、かっこいい!
オーナー様の持つ姿が目に浮かびます。

バックスタイル

キャリーケースに差し込めるように後ろ身頃にはベルトを付けました。

内側の生地は職人にお任せでしたが、こんなオシャレな生地でした。
4本のペン刺しをご希望でした、ちゃんと付いていますよ。

そして、オーナー様のもとへ出荷

出荷前にFace bookにアップして見て頂きましたが、直接実物を見て頂くまではドキドキです。
作品を送る時は婿に出す気持ちになりますね。。笑

お電話を頂き、気に入って頂きました!

とてもドキドキ緊張しますが、ホッとする瞬間です。
アザラシバックとは真逆で、シャープで、
本体を真っ白にしなかったこの革も良いと。。
リクエスト道りだと言う事で、とても喜んで頂けました
又次も考えるっておっしゃって頂けたので、本当にホッとしました。嬉しかった!
良かった。そして職人にもすぐ報告。

そしてなぜオーダーを自信を持って受けるか

私にはデザインする才能はないけれど、物を見抜く目利きには何より自信を持っています、きっとそれが当店の強み。物は作れなくても、デザインの発想がなくても、売れる商品、クオリティーの高い物、職人の腕、ここを見抜く力は誰にも負けない自信があります。
そして、お客様の感覚を掴む感性。
私にない才能は、デザイン力と縫製力です。
だから、デザイン力豊かで、抜群の縫製力を持ったアーティストと組むのです。
もちろん彼らに絶対的な信頼がなければ、オーダー商品は実現しません。
だから自信を持って、オーダーをお受けし気に入って頂ける
作品が提供できます。

納品


そして、久しぶりにご来店

久しぶりに鞄が仕えてるオーナー様と
里帰り?
そんな気持ちですね。。

レザーオーダーはお気軽にご相談ください。
参考価格: パイソンレザー使用 鞄35万~45万円

オーダーをお考えの方はこちらをご覧ください。

正統派ヘビ革のバッグ、オーダーはこちら

ヘビ革のジレのオーダーはこちら

ヘビ革のキーケースはこちら

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムーズに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

店舗&オンラインショップ情報
馬車道今井HPはこちらから

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~19時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>