レザーショップ横浜、男の拘り万年筆ケースのオーダーメイド

馬車道パラダイスカフェ滝ともはる氏監修
万年筆ケースのオーダーメイド

馬車道のパラダイスカフェのオーナー滝ともはる氏の拘りの万年筆ケースのオーダーメイド始まりました。
ミュージシャンの滝さん、万年筆に拘ってたのですね。
常時持ってるのは万年筆8本。
この万年筆と少し文具が入る万年筆ケースを作って欲しい、との話から
万年筆ケースのオーダーメイドが始まりました。

希望を聞いて、まずシーチングでサンプルを作りました。

今日はこのサンプルからもう少しこうしよう、あーしようと楽しく打ち合わせ。。
二つ折りにしては手帳の様でいま一つ。でもくるくると巻くようにしたら。
あッ良い感じ。。。。
このサンプルから本チャンを作っていきますが、今度は職人の意見も聞いて打ち合わせ。。
まだ続きます。

 

パラダイスカフェ滝ともはるさんの情報

/www.paradisecafe2001.com

 出来上がり

とても綺麗に仕上がりました。
お好みの革の柔らかさの実現を目指し、職人は革探しから始めてくれました。
しっとりと手に馴染む良い質感の革です。

一枚革にすることで、機能面だけでなく裏面の革の美しさや手縫いのステッチが上品さを醸し出しています。信頼のおける職人の技です。
紆余曲折ありましたが、お気に召していただけたようで、ほっとしました。

ペンケースフルオーダー 参考価格¥100,000-(税込)
実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

超ミニ携帯カバーをオーダーメイドに横浜馬車道まで。

どんな小さな携帯のカバーでも
ヘビ革を使ってオーダーメイドしますよ。

ブログを見て電話を頂き、小さな携帯カバーを作って欲しいと。。
埼玉からわざわざ来て頂けるとの事、
小さなものだからメールや電話のやり取りでもオーダー出来るんだけど。。
なんだかとても申し訳なく思ったりして。。
でも出来たらご来店頂きたいのです、なぜなら直接会ってお話を
するとその方がわかるし、着ている洋服や、持ち物など
から趣味がわかります。
そしてお仕事や趣味などもお聞きしたり雑談の中から
その方のファッションの世界観のような物や価値観。。
似合いそうな感覚がなんとなくつかめます。
その感覚が、革選びや職人選びに活かされるんです。
話の中から、好みなどを把握したうえでまず職人を決めます。
そして革選びをしますが、お願いされてる革があったとしても
実際に革屋さんに言った時、お願いされた革より、
「こっちが似合う」っとビビットきたりするんですね。。
だからなるべくお会いしてその方の色々な情報を頂く事にしています。

 

 

そして高速に乗って朝一でご来店頂きました。
お話の途中気が付きました。。
何このくつ!!??
そうお会いすると電話だけではこんな遊び心のある
靴のセレクトもするってわからないですものね。。笑

 

肝心のオーダーはこんな小さな携帯
この携帯ケースカバーを作ります。

選ぶ革はパイソン
このナチュラルパイソンのオーダーメイドの始まりです。

そしてこんなお土産まで頂きました。
なんだか地元の友人が来てくれたそんな温かさを
感じました。
初めて来て下さるのに、そんな店にわざわざお土産まで。。
本当に恐縮でした。
でもとてもお気持ちが嬉しかったです。
有難くさっそく頂きました、とてもフワフワとして、
始めて頂く食感で、本当においしかったです。
お気持ちに感謝です。

そして今日は革屋さんへ

あらかじめ革屋さんには、
リクエストしていたので、何枚か取っていてくれました。
その中から厳選したのがこの三枚。
その場で、ラインを使ってオーナー様に写真を送付、
三枚から選んで頂きました。
っといってもほぼ私の選んだのを押したかたちでしたが。。笑。

艶加工のナチュラルヘビ

マットタイプ
この蛇もシックで良い感じでした。

選んだのはこのモラレスパイソン

貴重な一枚でした、柄が面白い!
モラレスパイソンはダイアモンドパイソンに
比べ入荷がとても少ない革です。
それもギリギリのサイズでしたが、一枚だけありました。
この携帯ケースの為にあったかの様なジャストサイズ。
最初見た時にビビット来たので、
「これだ。」
っと思いましたが、一応オーナー様に確認
OK頂いたので、これで進めることに
でもサイズがジャストなので、万が一サイズが合わない場合は
マットパイソンで作ることになりました。
明日はさっそく職人に送りサイズが合うかどうか
見てもらいます。
サイズが合えばいいんだけど。。

サイズはOKでも内側に使う分は足りずでした。

そして出来上がりました。

小さな小さな、携帯電話のケースの出来上がりです。
サイズと柄の大きさもちょうど良いです、小さいけどちゃんと存在感があります。ちょっとマットな革なので、これから使っていくうちに艶が上がって行くと思います。
早速オーナー様に送ります、今回は納期がギリギリだったので、展示も出来ず写真どりもちゃんとできず。。ちょっとあせって。。送っています。そしてこんな時に限って、レターパックで送ろうと思ったらポストの中は郵便物で一杯。。投函できない。。こんな事ってあるのね。。焦りました。。。

 

 

 

携帯カバーとを縫ってあるんです、素材によっては縫えるんですね。こんな風に内装は出来上がり、もちろん形態をはめれば縫い目は見えませんから。

名刺とあまり変わらない大きさ。

ラウンドの財布と並べてみたら大きさがわかるかな

良い感じに出来上がりました。あとはオーナー様に気に入って頂けるかどうかです。。

オーナー様に気に入って頂けました。

有難く写真まで送って頂きました、いつもオーダーの時は気に入って頂けるかドキドキです私達が良いと思ってもオーナー様がどう思うか、、空想の世界ですから手元に届き感想をお聞きするまではずーっと気がかりです。とりあえずほっとしました。うちのお店を見つけて頂き、わざわざご足労頂き本当にありがたかったですね。今後もどうぞ宜しくお願いしますね。ありがとうございます。

 

わざわざ写真を送って頂きました、嬉しいです。。笑

オーダーはお気軽にお問い合わせください。

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

実店舗とオンラインの情報はこちらから。

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

 

レザーショップ横浜post&coオーストリッチレッグのベルトって、こんなにエキゾチック

オーストリッチの足の革って知ってましたか?

オーストリッチの革と言えば、オーストリッチのお腹部分の革のブツブツしたのが
多く出回っているので、知らない方はいないと思います。今回のベルトはpost&coオーストリッチレッグ(足)の革です。爪の手前にある固い鱗のような革が特徴なんです。
オーストリッチレッグの革の表情はとてもワイルドで個性的になるので、革ベルトに拘る方や変わったベルトを好む方に馬車道今井ではとても人気で、毎回入荷すると必ず売れていきます。
もう馬車道今井の革ベルトの定番のようになった、オーストリッチレッグのベルトです。
イタリアの職人が手作業で一本一本作られているとても味のあるオーストリッチレッグベルトです。タンニン鞣しの革ですので、自然と味が出てくる上質の革をベルトに使用しています。

実際の革はこんな感じ ↓

ベルトの先端が、こんな風にエキゾチックです。バックルの留めは手作業です。
安価なものは、ハサミで切って調節するのが多いですが、オシャレに拘るメンズはやっぱりこの仕立てでしょう。

サイズは90センチです。このベルトは小さくすることができますので、90センチより細い方ならサイズ調節ができます。
馬車道今井の職人が丁寧にサイズ直しをしますので。

ベルトの長さ調節修理の拘りとは

馬車道今井では、サイズが大きかった場合ベルトの長さを調節するサービスをしています。多少サイズが大きくても大丈夫です。
短くする修理は案外大変な作業で、職人でなければできません。革が重なる部分の革を薄くすいたり、革の先端をコバ磨きと言う作業をしたりします。この作業をするのも良いベルトだからこそです。
post&coのベルトはベルト穴が5個あいています。出来るだけベルトを通す穴を真ん中の穴に合わせます。

こんな風に。真ん中にぴったりくるように。


詳細と購入はこちらから

オーストリッチのオーダーや商品のご紹介

オーストリッチジャケット

ieribのオーストリッチ眼鏡ケース

オーストリッチレッグで財布のオーダー

オーストリッチで名刺入れのオーダー

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜のレザーショップで探すpost&co一点物のクロコダイルベルト

クロコにイタリアの職人技が輝る、ワイルドなワニ革ベルトシリーズ。

ワニ革/クロコダイルのpost&coのベルト。イタリアの職人の手作業により一本一本作られたpost&coの一点物クロコダイルベルト。
代表今井が一本一本セレクトしたクロコダイルのベルトは、国内でも貴重な物ばかりで、イタリアの職人が一本一本丁寧に作り上げられたベルトです。
post&coのクロコのベルトの表情はイタリアらしく職人のあじが色濃く出ていて、日本の商品とは革の歴史的にも一味違う魅力のあるベルトに仕上がっています。
クロコダイルに拘りを持ったお客様には大変気に入って頂いております。
オシャレなワニ革/クロコダイルレザーベルトをお探しの方は是非お店で。デザイン豊富なベルトの中から、お気に入りのベルトをお探しください。

やっぱりベルトもワニ革。イタリア製、ワイルド過ぎるのになぜかとってもお洒落にきまります

クロコダイルの背中から尻尾にかけて、まっすぐ一本取ったこちらのクロコダイルベルトは、鱗が綺麗に並んでいるのが特徴です。
野性的な、ゴツゴツとしたクロコダイルの鱗を前面に出しながら、鮮やか過ぎない濃淡で染められた色合いがとても優しいのです。
さすが、イタリアレザー職人ならではのセンスと技術です。

なぜベルトはpost&coにこだわるのか

馬車道今井がイタリア産のベルトに拘る理由は日本国内には、これほど拘ったベルトメーカーがないからです。
特にpost&coのイタリア産ベルトは一本一本イタリアの職人による手作業で作られます。そして日本国内産と大きく違うのは一本一本の表情の違いです。日本は良くも悪くも、生産する商品はサンプルと全く同じに作らないとB品扱いになり脚下されるので、物創りが一辺倒になり、味気のないものになりがちです。
その分、いい意味で少しいい加減なイタリア人気質がベルトの表情一本一本に現れるんです。全て表情が違う。
それが面白味であり、あじのあるベルトに仕上がっています。

クロコダイルベルトのセレクト

ベルトのセレクトです、都内の代理店のショールームでサンプルを元にセレクトします。セレクトはいつも時間を掛けません。
ほぼ直感でビビッとくるものを選びます。
営業さんがこれは人気だとか売れ筋だとか教えてくれますが、そのアドバイスはあくまで参考。人の意見で商品は選びません。
馬車道今井のお客様は目が肥えた方が多いため、普通の売れ筋を入れたところで面白みがありません。
基本パンチの利いたベルトしか入れません。


こんな色見本からセレクトします。色選びも直観です。
そしてリクエスト頂いている常連のオーナー様用に似合いそうなものも選びます。
post&coはサイズ80㎝から5センチピッチで110㎝まであります。
今井にお任せ頂ければ似合いそうなベルトを選んできますよ。
お気軽にご相談ください。

気に入ったけどサイズが合わなかったら

もちろんお直しします。
馬車道今井の手縫い職人が一度ベルトを外してから、折り返す部分や重なる部分は、皮を薄くすいて、丁寧に作りかえます。
この作業は、作ったイタリアの職人より細かな作業で上手かもしれません。。笑
もちろんサービスでお直しさせて頂いています。

ベルト穴は5個、一番お勧めなのは、真ん中の穴にバックルがはまる事です。
お直しの時は基本真ん中の穴でちょうどになるように直します。

購入はこちらから

post&coクロコのブレスレットはこちら

post&coの商品一覧はこちらから

店舗&オンラインショップ
情報〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日  その他の休日 年末年始 お盆休みオンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜、古くなったキーケースをオーダーメイドで再現します

「買い換えたいけど何処を探してもない」
お作りしますよそのキーケース。

よく聞かれる、「こんなキーケース作れる?」
今使ってるレザーのキーケースだんだん古くなって買い換えたいけど、何処を探してもない。そんな革のキーケース、同じようにもっとオシャレにオーダーメイドで再現します。
今回もレザーキーケースを長年愛用してそろそろ買い換えたいけど、どこを探しても同じ形がないからと馬車道今井にたどり着いたオーナー様。小さなキーケースなんてことないけどこのキーケースがとても使いやすい。
そして今回は職人Kazanに仕立ててもらう事に。女性は革に拘るよりデザインに拘る方が多いですよね。女性には楽しんで頂けるんです。
そして今回のオーナー様は持っている財布にも合わせたいとの事で、一緒に色々と決めていきます。

出来上がり

出来上がりました。
小さいけどオリジナル感いっぱいです。
いい感じに仕上がりました。

↓オーナー様への引渡し

 

↓オーナー様への引渡し

喜んで頂けて良かった。

参考価格  職人KAZAN 3万円

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

横浜でヘビ革/パイソンの一点物キーケースをお探しなら

誰とも被らない
ヘビ革/パイソン一点物のキーケース
ありそうでなかなか見つからない
職人仕立てのキーケース

いつもお使いのキーケース。
お洒落な一点物のヘビ革/パイソンのキーケースに替えませんか?珍しい柄のヘビ革/パイソンの革を厳選して、
手縫いの職人に一個ずつ仕立ててもらった蛇革のキーケース。
手作業で作るヘビ革のキーケースは
温かみがあり使うほどに手になじんでいきます。
ヘビ革の鱗の表情もとても迫力があります。
ヘビ革のキーケースは使えば使うほど鱗がしんなりと寝ていき、艶も上がっていきます。
とても個性的なパイソンキーケースの出来上がりです。誰とも被らない一点もののヘビ革キーケース。プレゼントとしても喜んでいただけること間違いなしです。大きさは大小2種類。こちらは小さいサイズ。


詳しくはこちら


詳しくはこちら

詳しくはこちら

谷黒染めのキーケース↓

鱗の中心にうっすらとワイン色が見えます。
使っていくうちにだんだんこのワイン色が
濃くなっていきます。
とてもワイルドで色気のある蛇革です。
こちらは大きいサイズ。


詳しくはこちら

詳しくはこちら

ヘビ革/パイソンの指輪

斬新でとてもおしゃれです。
本物のヘビ革を真鋳に貼り付けました。

ヘビ革でジレ/ベストのオーダーはこちら

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日  その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

手染め牛革のカードケース&キーケース

手染め牛革 カードケース

 

 

もはや芸術作品
使うことすらもったいないと思わせるほどの存在感はアーティストの技術と独特の世界観により表現されています。
画家がキャンバスに向かい筆をあてるようにアーティスト自身がヌメの革に向かい筆で染色を行うため一つとして同じものは出来ません。まさに一点物の中の一点物。

ヴィンテージ雑貨として飾りたくなるほどの気品は手染め牛革の芸術。
革の染めから仕立てまですべての工程を手作業で行うことにより温かみを増し、
どこか時代を経ても人々を魅了するまさにヴィンテージの趣を感じさせます。

内側には赤のピッグスウェードを使用することでより一層の品と高級感を増します。

染めの色はレッド、ブルー、イエローの3色からお選びいただけます。
フルオーダーになりますので大きさや内側の仕様などお客様のお好みにお作りします。

徹底されたこだわりと技術に裏付けされたクオリティー、異彩を放つ独特の世界観において、世の中に山ほどある「職人仕立て」に一線を画すこの手染め牛革シリーズで世界に1つだけのカードケース、キーケースをオーダーしてみませんか?

カードケース詳しくはこちら

キーケース詳しくはこちら

最近の出来上がり

価格:約10~12万円 仕様などにより変化します。

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加
実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

手染め牛革のマルチケース&長財布

手染め牛革のマルチケース

 

 

もはや芸術作品
使うことすらもったいないと思わせるほどの存在感はアーティストの技術と独特の世界観により表現されています。
画家がキャンバスに向かい筆をあてるようにアーティスト自身がヌメの革に向かい筆で染色を行うため一つとして同じものは出来ません。まさに一点物の中の一点物。

まるで古き良きヨーロッパ絵画を思わせるその表情は筆を使い薄い染料を色味と濃さを変えながら染めては乾かす工程を手作業で何回も繰り返す気の遠くなるような作業により完成します。
内側には赤のピッグスウェードを使用することでより一層の品と高級感を増します。

まるでヴィンテージ アンティークな長財布

ヴィンテージ家具として飾りたくなるほどの気品は手染め牛革の芸術。
革の染めから仕立てまですべての工程を手作業で行うことにより温かみを増し、
どこか時代を経ても人々を魅了するまさにヴィンテージの趣を感じさせます。

染めの色はレッド、ブルー、イエローの3色からお選びいただけます。
フルオーダーになりますので大きさや内側の仕様などお客様のお好みにお作りします。

徹底されたこだわりと技術に裏付けされたクオリティー、異彩を放つ独特の世界観において、世の中に山ほどある「職人仕立て」に一線を画すこの手染め牛革シリーズで世界に1つだけの長財布、マルチケースをオーダーしてみませんか?

マルチケース詳しくはこちら

長財布詳しくはこちら

価格:約20~25万円 仕様などにより変化します。

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加
実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜でオーストリッチの名刺入れをオーダーメイドするなら馬車道今井で

オーストリッチの革の表情から選んでオーダーメイド致します

黒のオーストリッチの名刺入れのオーダーメイドの出来上がり。
今回はずーっとオーストリッチの革がお好きだと言うオーナー様のリクエストで黒のオーストリッチの名刺入れをオーダーメイドさせて頂きました。
オーストリッチと言っても革の表情は様々。シボは大きい方が良いのか、上品な紳士ぽく仕上げるのか、ワイルドに仕立てるのか、お好みをヒアリングしてから、革を選びお作りさせて頂いた、オーストリッチの名刺入れのオーダーメイド。

セレクトしてきたのはこの三枚。
一番上は上品なシボの表情。
二番目はオーナー様のイメージに合ったワイルドなシボの表情。
三番目はセンターに平らな表情。

セレクトしてきたオーストリッチの革をオーナー様に見て頂きどの部位をどの場所に使うか見て頂きました。
一番大きく均等にフが出てる部位をこんな風に使う事にしました。

内側はここを使います。

これは革の裏側、ここにしるしを付けて職人にわかるようにしておきます。

そして出来上がり。
贅沢に革を三枚全部使い切ってのお作りです。

内側まで贅沢にオーストリッチの革を使いました。
職人が渡した革をすべて使いきってくれました。
どうしてもかさばるポケットの内側部分だけ牛革にしてあとは全てオーストリッチの革を使いました。とても贅沢なオーストリッチの名刺入れの出来上がり。

オーダー参考価格
4万~6万(フの出方やオーストリッチの革の使用量によって異なります)

当店オーストリッチの商品、オーダーの紹介
オーストリッチレッグで財布のオーダー

オーストリッチのジャケット

オーストリッチのベルトはこちらから

ieribのオーストリッチ眼鏡ケース

LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜、イギリス産ブライドルレザーの名刺入れ

イギリス産ブライドルレザー
出来る男の名刺入れ


ビジネスマンにとってレザー名刺入れは毎日使う必需品。そして自分の品格やセンスをひそかに表すのがレザー名刺入れですよね。そう、同じ持つならオシャレで上品なこのブラドルレザーの名刺入れをお勧めします。
ブライドルレザーを得意とする職人に全て手作業で名刺入れを作って頂きました。
ブライドルレザーと言えばレザーの中ではとても品格のあるレザー。当店のブライドルレザーはブライドルレザーの本場イギリス産のブライドルを使用しています。
同じ持つなら、当店のこのブライドルの名刺入れをお勧めしますよ。

英国産ブライドルレザーとは

ブライドルとは馬具の綱を意味し、もともとは馬具に使う革としてヨーロッパで生まれました。特に英国の王室に愛された革として有名です。
ピット槽と呼ばれるプールで数か月かけて鞣された丈夫な成牛の革だけを使い、手作業にで数種類の蝋を丹念に擦り込ませます。
「ブルーム」と呼ばれ浸み込んだ蝋の成分が白く表面に現れるのが特徴で、初めはマットな質感ですが、使えば使うほどに自然なツヤが現れます。
芯まで浸み込んだ蝋は革に耐久性と柔軟性を与え、防水の役割もあります。

色は茶色、グリーン、ネイビー、タン。この4色。側面のコバは、オリジナルのワイン色。

この名刺の使い勝手の良さはこれです。

沢山入るように、ポケットは2つ、普通の名刺なら70枚ほど収納できます。そして内側はヌメ革を使用しています。このヌメの革は使い込むとだんだんアメ色にだんだん変化していきます。革の好きな方にはこの経年変化がたまらないですね。
そして一つずつ職人に作って頂いていますからあじもありますし、丈夫で温かみもあります。そして使い込めばだんだん艶が出てきます。

購入はこちらから

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日  その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>