レザーショップ横浜が提供するオーストリッチのベルトって、こんなにエキゾチック

オーストリッチの足の革って知ってましたか?

オーストリッチの革と言えば、オーストリッチの
お腹部分の革のブツブツしたのが
多く出回っているので、知らない方はいないと思いますが、
意外と知られていないのが、オーストリッチの足の革です。
爪の手前にある固い鱗のような革が特徴なんです。
ヘビの鱗を大きくしたような感じですね。
オーストリッチの足の革は、かなり珍しいですね。
オーストリッチの足の革の表情がとてもワイルドで、
個性的になるので、革ベルトに拘る方や、変わったベルトを好む方に
馬車道今井ではとても人気で、毎回入荷すると必ず売れていきます。
もう馬車道今井の革ベルトの定番のようになった、オーストリッチの足の革のベルトです。
どこの革ベルトかというと、イタリアのPOST&CO(ポスト&コー)の革ベルトで、
イタリアの職人が手作業で一本一本作られているとても味のあるベルトです。
そして、値段も手作業で作られた割にはかなり抑えられたオーストリッチのベルトです。
使用しているイタリアの革はタンニン鞣しの革ですので、
自然と味が出てくる上質の革をベルトに使用しています。

実際の革はこんな感じ ↓

オンラインから購入できます、こちらから↓

http://bis.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2086411&csid=0

 

グリーン↓サイズ100センチ

ベルトの先端が、こんな風にエキゾチックです。

バックルの留めは手作業です。
安価なものは、ハサミで切って調節するのが多いですが、
オシャレに拘るメンズはやっぱりこの仕立てでしょう。。

 

 

サイズは、今回は大きめを選びました。
100センチです。
このベルトは小さくすることができますので、
100センチより細い方ならサイズ調節ができます。
馬車道今井の職人が丁寧にサイズ直しをしますので。

 

 

チョコ↓

 

個体によって鱗の出方が当然ちがいますので、

それぞれあじがありますね。

 

ブルー↓

 

 

 

 

ワイン↓

 

ブラウン↓

 

ベルトの長さ調節修理の拘りとは

こんな風に馬車道今井では、サイズが大きかった場合ベルトを短く
する修理のサービスをしていますので、多少サイズが大きくても
大丈夫です。
短くする修理は案外大変な作業で、職人でなければできません、
革が重なる部分の革を薄くすいたり、革の先端をコバ磨き
と言う作業をしたりするのです、この作業をするのも
良いベルトだからこそです。
POST&COのベルトはベルト穴が5個あいています、
出来るだけベルトを通す穴を真ん中の穴にしたいのです。
せっかくだから、きっちりサイズを合わせます。

 

こんな風に。真ん中にぴったりくるように。

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

投稿者: admin

横浜 馬車道 レザー専門セレクトショップ「馬車道今井」