レザーショップ横浜がモデル?にオーダーメイドするロングコート

背の高い男性にも水牛革でロングコートをオーダーメイド。

時間をかけ打ち合わせをさせて頂いていた、
水牛革のロングコートのオーダーメイドが出来上がりました。
出張ついでにお寄り頂き、ご試着の確認をさせて頂き
無事に引き渡し。
そう、このとおり水牛革のロングコートがピッタリのサイスに出来上がりました。
この方はご覧の通りモデルの様な方、当然市販のレザーコートでは丈が足りません。こういう方には当店のレザーコートのオーダーメイドは
本当に喜んで頂けますね。
袖丈も、拘っていたウエストのシルエットもピッタリでした。
そして気に入って頂けてほっとしました。。。
さっそくこの水牛革のロングコートを着て行かれました
喜んで頂き良かった。

ピッタリ。

袖丈も良い感じにピッタリ

見ごろのボタンは、革への負担を考えて、

最終的に縦に一個増やしました。

ボタン

選ばせて頂いたメタリックのボタンも
気に入って頂けました。
ボタン選びも悩みましたが、ボタン一つで表情が
変わりますね。

水牛革

この革は水牛、革の表面の表情がとても
独特で少し艶もあり、見た目より軽く仕上がっています。
とてもオシャレな革ですね。

 

↓ここからは今までの打ち合わせの様子です

この方はモデルの様な方、当然日本ではサイズの合った
レザージャケット、コートは少なくて、
レザーのオシャレすること自体を諦めがちだったとか。
もったいないですねこんなにスタイルが良いのに。
確かに袖丈や上着丈は合うはずもありませんね。
そしてオシャレな方なら自分の理想のシルエットも拘りたいですものね。
そうお作りさせて頂く事になりました。
お店のサンプルのこのレザーコートを気に入って頂いたので、
このレザーコートでオーダーメイドさせて頂きます。

 

 

なぜこんなかっこいいコートが作れるのか?

①仕立ての自信

馬車道今井がお願いしてる縫製メーカー「NINE LABEL」
国内外の有名ブランドのレザー衣料を50年以上作ってきた
レザーメーカーの老舗です。
熟練された職人の技術が違います。
キャリア30年のベテラン職人が仕立て上げますから、
縫製は本当に綺麗です。

②洗練されたデザイン

オーダーメイドって言うと、ちょっと古臭い
デザインになったり、着心地を優先するが故デザインの
シャープさがなかったり、
自分が思うラインに作ってもらえるか心配だったりしますよね。
でも、そこが違います。
数多くのブランドを作り続けてきた縫製メーカーだから、
その時代時代のはやりのデザインも知り尽くしています。
だから今のはやりのデザインも取り入れたオシャレな
デザインでオーダーメイドが出来るのです。

③上質な革の選択

縫製力やデザインも必要ですが、肝心なのは素材の選択、
そう革の目利きです。
このポジションもメーカーには長く革を扱ってきた目利きのプロがいるからです。
この方の革のセレクトや総監修があるからクオリティーの高い
革ジャケット、コートが出来上がります。

 

まずはサンプルチェック

お店で選んで頂いたサンプルからこのロングコートを選んで
頂きました。
サイズは合いませんが、雰囲気を見て頂く為に
試着して頂いています。

袖丈は全然足りません、そして身幅はちょうど位なのですが、
ウエストはスリムなラインがいいとの事で
ウエスト幅は若干絞ります。

たった2センチほどですが、
この2センチでラインは大きく違ってきます。

入念にチェックしてるところです。
採寸もして、試着して頂いた状態を携帯ビデオに撮って
サンプルを作るパタンナーに情報を送ります。
この情報を元にシーチングトワルを作ります。
まだまだ続きます。

シーチングサンプルの出来上がり、サイズチェック。

採寸を元にした、サイズ合わせのシーチングが出来上がってきました。
サイズを確認して頂いているところです。
「袖の長さが新鮮」
っておっしゃっていましたね。。
そういう感想なんですね、、でもそうですよね、
市販のものはほとんどサイズが合わないでしょうし、
特に袖丈は合うものなんてないでしょうから。。

  • ウエストラインはもう少し細くする事にしました。
    お店でささっと針と糸で、縫います。。
    そしてぴったりこれでよし!

迷いましたが、せっかくなら袖丈はもう少しこれでもかっ、
ていうくらい長くしましょ。
って事でギリギリの長さまで長くしました。
御仕立て感も出ますからね。。笑

これで本番を作ります。

工房の手の空くタイミングで一枚一枚一人の職人が縫い上げてくれます。

ある程度オーナー様のご希望を把握した上で、今日は都内までもっと素敵なボタンはないかとボタン探しに行ってきました。
ボタン一つでコートの印象も大きく変わってきます。
それにせっかくのオーダーですから、オーナーさんのイメージに合った
ボタンをお選びさせて頂きます。
今はボタン専門店がほとんどなくなってしまったけど
数少ないボタン屋さんを回ってきました。
選んだのは下記のボタン達

カフスにこんなのもいいかもと思い選びました。↓

金属っぽいシンプルなものならこれかな↓

この辺も面白いかな。。↓

 

意外とこんなのも合うかもと思ったら、
小さいサイズしかなかった。。

 

 

オーナー様からのリクエストとはちょっと違いますが
こんな雰囲気もオーナー様に似合いそうと思って
下記のボタンはあえてピックアップしました。
これは個人的に結構好きですね。

価格 (シーチング作成込み)

革 バッファロー(水牛)使用 ロングコート
参考価格 16万~20万円+税
サイズや革によって値段は変わります

ムートンのオーダーはこちらから↓

http://atelier-bis.jp/wp/mouton-jacket-semi-order/

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

投稿者: admin

横浜 馬車道 レザー専門セレクトショップ「馬車道今井」