ダレスバックを選ぶならレザーショップ横浜 馬車道今井で

男性なら誰もが憧れるダレスバック、
抜群の仕立て力でオーダーメイド致します。

この堂々としたダレスバック、ドイツシュリンクレザーで仕上げました。
日本人には少し繊細で、なんとなくヨーロッパ調。
ダレスバックの職人というと男性職人と思われがちなのですが、
馬車道今井のダレスバックを仕立てる職人は女性です。
なぜなら、仕立てる女性職人はダレスバックを得意とする大手メーカー
のダレスバックを数多く仕立ててきているので、仕立ての腕は抜群、
安心して任せられるからです。
長く使えて上質のダレスバックを、と考えている方には
とてもお勧めのドイツシュリンクレザーのダレスバックです。
ダレスバックといえばダークな色が多いと思いますが、
このドイツシュリンクレザーの色はベージュなのでジーンズにジャケットなんていう
スタイルにも持って頂けますね。
一目置かれる、上品でクオリティーの高い
職人仕立ての素晴らしいダレスバックです。
ドイツシュリンクレザーから色も選んで頂き、オーダーメイドでお作りします。

ダレスバックに仕立てる革は選べるのか?

はい、ダレスバックといえば、コードバン。
コードバンのダレスバックもとても素敵です。
もちろんコードバンでもお作り致します。
このベージュのダレスバックに使用した革は
ドイツシュリンク と言われている、海外の老舗ブランドが
長く使用している高級感がある革ですね。

 

馬車道今井がダレスバックに使うドイツシュリンクレザーとは?

シュリンクレザーを簡単にいうと牛革を収縮して表面にブツブツした
シボと言われる表情を出した革の事をいいます。
そしてこのドイツシュリンクレザーというのは正式にいうと
シュランケンカーフと言って、ドイツの老舗タンナーが作る
革なのです。
カーフとは生後6か月までの子牛の事、このカーフレザーは
柔らかくしなやか。
そしてぺリンガー社の独自の加工によって作られるシュリンクレザーは
他社が作るシュリンクレザーとは比べ物にならないほどの
発色や弾力感があり、水にも強い、そしてシボのきめの細かさもとても上品で
高級感があります。
革の中ではとても安定していて、傷も目立たないですね。
だから海外有名ブランドも長くこの革を使用していますね。
シュリンクレザーといってもぺリンガー社のシュリンクレザーを
使用してのはごく稀です。
このぺリンガー社のシュランケンカーフレザーを使うところもにも拘りがあります。

このリュックサックも同じドイツシュリンクを使用し同じ女性職人が仕立てたリュックです。↓

 

ダレスバックと言えば錠前

職人の、コレクション?。。
いや。。もう手に入らない錠前だそう。。
重みもありますが、こんな錠前付けたらと思うと
ワクワクしますね。
この錠前をあえて活かすような鞄も作ってみたいものです
これぞ男の拘りですな。

 

内側に使用した革は、ピックスエード、あえて色っぽくピンク系に
してみました。
カバンを開けるととても華やかです。

 

 

 

価格 指定革使用の場合 税込36万円
上記 表革 指定外革ベージュと茶を使用 内側指定革ピンクを使用した場合
指定外表革は一色につき5万円アップチャージ。
合計アップチャージ10万円で合計46万円
納期 3か月~6か月

 

こちらは一回り小さいサイズのダレスバック、少し柔らかく
出来上がっています。

ISHIGUROのオーダー料金について

本年度より料金システムが変わりました。

商品の本体表側に使用する指定革の色を3色
内側に使用する指定革の色を3色
と限定しました
この指定革以外の色や革をお選びの場合は一色につき
アップチャージ
表革 +5万円
内側 +2万円
この料金が掛かります。

表側指定の革3色↓

上から
①ドイツ製シュリンクカーフ グリーン
②アンテロープ
③イタリア製オイルタンニン ブラック

 

内側指定革3色↓

左二色はピックスエード

G2 ピンク
F22 紫

右 牛革

6 グレー

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜、オーダーで作るドイツシュリンクのリュックサック

‏ ドイツシュリンクレザーを使った
リュックサックはなぜヒットし続けるのか?

ドイツシュリンクレザーを使用したオーダーメイドの
リュックサック。今だにオーダーが絶えません。
今回このドイツシュリンクレザーのリュックサックを
オーダーメイドして頂いたのはこんなキャシャな
そして粋な女性。
このリュックサックは圧倒的に女性からのオーダーが多いのですが
年齢もお使いになる用途も皆様様々。
でも共通点は皆様一目ぼれ。
ドイツシュリンクレザーの品質と仕立ての良さが
上手くマッチしたこのリュックサックの
シンプルで上品なオーラに吸い込まれるようです。
ほとんどの方が即決でオーダーをして頂けます。
私達も職人も驚きの大ヒットオーダーメイドの
リュックサックになりました。

こんな素敵な方々にオーダー頂きました。

 

 

レザー専門セレクトショップが提案する、ドイツシュリンクレザーを使用した、
リュックサックをセミオーダーでお作りさせて頂いています。
とてもシンプルなリュックサックだから、仕立ての良さが一目でわかり存在感が
とてもあります。
そしてドイツシュリンクは傷が目立たなく、安定した丈夫さと、
色の変化が少ないのが特徴ですね。
そんなシュリンクレザーをうまく引き立たせたこのリュックを
セミオーダーでお作りしています。

どうして一目ぼれでオーダーするのか?

抜群の仕立て力を持ったアーティストISIGUROのつくる
セミオーダーのドイツシュリンクレザーを使用したレザーリュックサック
昨年からずっとオーダーの絶えない、お店の人気のリュックとなりました。ほとんどの方が一目ぼれでオーダーして頂いています。
ではなぜ一目ぼれするのでしょうか?
理由はきっと簡単です。

素材のクオリティーと縫製力が対比
しているからです。
お寿司屋さんに例えると、新鮮な魚のネタを一流の板前さんが握る
だからお客様をうならせるお寿司が味わえる。
そんな感じでしょうか。。
オーダーメイド専門店で10年の修行を積んだ職人の腕と
感性。その縫製力を持って、なかなか手に入らないシュリンクレザーの
最高級ドイツシュリンクレザーを使っての作成。
だからオーラが違うんですね。
すべてがパーフェクト。
だからオーナー様皆さんが一目ぼれ。
見ちゃったから、出会っちゃったからと言われて皆様即決でオーダーされます。

プエブロレザーのリュックもご覧ください

使用するドイツシュリンクレザーとは?

 

シュリンクレザーとは、簡単に言うと牛革を収縮して表面にブツブツした
シボと言われる表情出した革の事をいいます。
そしてこのドイツシュリンクレザーと言うのは正式に言うと
シュランケンカーフと言って、ドイツの老舗タンナーが作る
革なのです。
カーフとは生後6か月までの子牛の事、このカーフレザーは
柔らかくしなやか。
そしてぺリンガー社の独自の加工によって作られるシュリンクレザーは
他社が作るシュリンクレザーとは比べ物にならないほどの
発色や弾力間があり、水にも強い、そしてシボのきめの細かさもとても上品で
高級感があります。
革の中ではとても安定していて、傷も目立たないですね。
だから海外有名ブランドも長くこの革を使用していますね。
シュリンクレザーと言ってもぺリンガー社のシュリンクレザーを
使用してのはごく稀です。
このリュックサックは、
このぺリンガー社のシュランケンカーフレザーに
も拘りがあります。

選んで頂く色は3色とアンテロープレザー
一番人気のドイツシュリンクレザーのグリーン色

どちらかと言うと女性に人気で一番人気は写真下の
このグリーン色。

 

 

可愛いさと爽やかなブルー色

この色は、わたくし今井とアーティストによって配色を決めたものです、
写真では分かりずらいかもしれませんが、ステッチに効かせてる
ピンクとの相性がっても良く、年齢をとわず女性に人気のカラーです。

男性に人気のアンテロープレザー

(シュリンクレザーとは別の革です)

こちらは、アンテロープと言う牛にかっこいい角が生えたような
牛化の動物の革です。
こちらの革は荒々しさがあるので、男性に人気です。
この革も、水に強く傷も目立ちずらいです。

 

 

 

 

 

たっぱもあるがっちりとした男性からのオーダー

少し前に作らせて頂いた、アンテロープレザーで作ったものです。
こちらのオーナー様は、野球部体系の
とてもがっちりとした背の高い男性でしたので、
ショルダーベルトは別注で、体に合わせて長さを長くしてお作りしました。

 

そしてオーナー様の好きな赤色をきき色にして。
とてもワイルドな雰囲気に出来上がりオーナー様の
雰囲気にもピッタリでしたね。。

 

 

アンテロープレザーとは

アンテロープレザーとは、牛にかっこいい角が生えたような動物です。
アンテロープは革一枚一枚全て表情が違います。
薄い部分が多かったり、濃い部分が多かったり、
生きていた頃の傷も様々。
傷もあじの一つになっています。
雨にも比較的強い革になります。

 

 

ファスナーの色と、内側のピックスエードの色を赤にしました。

 

 

女性のオーナー様に気に入って頂きました。

こちらのオーナー様は先週末引き取りに来て頂きましたが、
何度も「可愛い、可愛い」を連呼して頂き
とても喜んで頂けました。
引渡の時がいつもドキドキですが、
喜んで頂けると、本当にこちらも嬉しいです。
そしていつもすぐそのオーナー様の声を
アーティスト達にも伝えるようにしています。
そうアーティスト達もそれが励みになるのです。
そして喜びを分かち合い、又次も良い物を提案するのです。。

 

 

 

 

この下の写真は、アーティスト自身がしょってるものです。
作品を作るにあたっては、何度も何度もアーティスト自身チェックを
しながら修正もしながら、形になっていきます。

 

 

 

 

 

アーティストISIGUROのご紹介

神戸のオーダーメイド専門店にて10年の修行後
静かな場所で物創りがしたいと、京都の自然の中に
工房を構え移り住み作品を作っています。
豊かな感性を持ち合わせていて、デザインも出来るアーテストです。
革を縫う技術力は日本でもトップクラス。
女性の細やかさが出来栄えに映し出されます。
縫製のどの細部を見ても一切の妥協がありません。
そしてデザインをまねて作ったとしてもこの完璧なオーラは
他のどの職人にも出せる技術ではありません。
馬車道今井がアーティストと認めた一人女性職人ISIGUROです。

 

価格について

 

価格 税込19万円
革色 ブルー ベージュ グリーン アンテロープレザーの4色が基本ですが、
他にもお選びいただけます。
納期 1ヶ月~2ヶ月

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜でクロコダイルレザーのジャケット&コートをフルオーダーするなら

クロコダイルでオーダーをしたいけど迷ってる方は馬車道今井でオーダーメイドしませんか?

ご自分の好きなデザインで、自分に合ったサイズで、ご予算内で、
クロコダイルジャケットやコートを完全フルオーダーにてお作りします。
デザインを手掛けるのは海外ブランド出身の若手デザイナー、
サンプル縫製を手掛けるのはレザーメーカーのパタンナー。
デザイナーもパタンナーも若く感性豊な実力者
そして縫製はレザー衣料専門に海外ブランドや
有名百貨店のレザー衣料を手掛ける確かな技術をもった
レザーメーカー

こんな実力者達と一緒に大人の男達の為にワクワクするクロコダイルの
一着を贅沢にお作りします。
当ブランドのお売りするものは贅沢かもしれませんね。

クロコダイルレザージャケット&コート
専門フルオーダーブランド
「NineーB」
の提案するクロコダイルスタイルとは

一般的に出回っているワニ革、クロコダイルジャケットやクロコダイルコートをどんなに
探してもテカテカときらびやかで昭和な匂いのするものばかり。
もっとオシャレなクロコダイルのジャケットやクロコダイルのコート
をお探しのお洒落な大人の男性に提案します。
オーナー様の為だけに、オシャレなクロコダイルジャケット&コート
を感性豊かなアーティスト達と確かな技術で、デザインからフルオーダーで
お作り致します。
今までにない感覚のワニ革、クロコダイルファッションを提供いたします。

使用した、ニュ-ギニア、ラージクロコダイルとは?

ラージクロコレザーのフは正方形に近く、フの大きさは比較的大きく、
横腹のうろこは丸い形状をしているのが、ラージクロコダイルの特徴です。
ラージクロコ/ニューギニアクロコのフの横列は24~32列あると
言われています。
生息地は、ニューギニアやインドネシアなど淡水の沼や川ですが
当店の扱うクロコダイルレザー/ワニ革は種類がニューギニア鰐で
インドネシアの工場から直接輸入をしています。
そしてクロコダイルレザー/ワニ革の選択は、種類に拘るのではなく、
クロコダイルレザー/ワニ革は当然個体によって大きく表情が違います、
商品のイメージにあったクロコダイルレザー/ワニ革を選びお作り致します。

提案する一着は、なぜクロコダイルのモッズコートなのか?

モズコートは1920年代の頃米軍の極寒地での防寒対策用に
作られたと言われているコートの形ですね。
モッズコートの内側にはライナーを付け着脱で寒暖を調節してたようですね。
欧米では1960年代頃からモッズコートがファッション着として
アレンジされて着られるようになったようです。
日本では1990年代からファッションとして取り入れられるように
なりましたね。
オシャレな方なら、今まで一着は持っていたのではないでしょうか。
そしてなぜクロコダイルレザーでモッズコートを提案するか?
男性は軍用のものは好きな方が多いのは当たり前ですが、
そういう軍のものをモチーフとした洋服やファッション雑貨は
流行り廃りがなく長く着用いただけるんですね。
そして、デザイン上、身幅にゆとりがあるのと
身幅にゆとりあるデザインですので、多少の体重の上減があっても
気にせず着られるんですね。
オシャレにこだわるけどいい歳のオヤジは体重がどうしても上減するもの。。笑
そう、そんな拘るオヤジに勧めたいポイントでもあります。

 

クロコダイルレザージャケット、コート専門フルオーダーブランド「Nine-B」とは

こちらをご覧ください

ジャケットでもお作りしました。
こちらから

 

フードも全てクロコダイルレザー/ワニ革の拘り

フードまで贅沢にクロコダイルレザーを使用しました。

フードは取り外し可能です

 

ポイントに使ったアザラシレザーの魅力

アザラシレザーはとても商品を引き立たせてくれる
かっこいいメンズ向けのレザーです。
とても密集した毛の艶と光沢が美しく、
刺さるような繊細な毛並も素晴らしい

 

実際に使ったのがこのアザラシです
つやつやで美しい表情です。
クロコダイルレザーを引き立たせるのには
とても相性の良いアザラシレザーです

 

 

 

付属の拘り

ファスナーの引手やボタンまで拘りました。
アクセサリ-デザイナーにデザインから起こして頂き
真鍮で作った物です。
いぶしたゴールド色も拘りです。
なぜなら、メンズファッションと言えばシルバー色
だからどこのブランドも使いがちなシルバー色は
当たり前すぎるので、あえてゴールド色、もちろんキラキラではなく
いぶしたようなアンティーク色に拘りました。
ファスナーの引手は取れるので、コートを着ない時期には
ネックレスのチャームとしてお使い頂けるよなデザインにしました。
そしてもちろんファスナーはYKKのエクセラ使用です。

 

 

フルオーダーの参考価格 (目安としてお考えください)
クロコダイルレザー使用ジャケット 50万~200万円
クロコダイルレザー使用ロングコート250万~500万円
価格は、クロコダイルレザーを何枚使うか、クオリティーによって違ってきます。
オーナー様のご希望のクオリティーとご予算に応じてお作り致します。
上記写真 モズコート クロコダイルレザー10枚使用 税込350万円

オーダーの流れ

①ヒアリング
どんなデザインをお作りになりたいかじっくりお聞きします。
②デザインの決定
サンプルから選んで頂いたり、サンプルからアレンジしたり、
一からデザインを起こしたりして、デザインを決めます。
③サンプルシーチングの作成
パタンナーによる採寸を元にシーチングトワルを作り
サイズ感を確かめます、。
④合皮でサンプル作成
シーチングを元に本物のクロコダイルレザーと
似たような合皮でサンプルをつくります。
⑤作成開始

オーダーをご希望のオーナー様は、まずお電話にてご予約下さい。

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~20時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜でブライドルレザー財布のオーダーメイドをするなら


横浜でブライドルレザー財布のオーダーメイド
をするなら馬車道今井で。

今回のブライドルレザーのオーダーメイドは
「一万円札を150枚をピタッと入れる」
これがメインのリクエスト。
これまでお使いの財布は、財布の横幅がお札のサイズより若干大きく
隙間が空くのが気に入らないとか。。
男の方はこう言う拘りを持つ方はホント多いですね。
そしてカードは5枚入ればよい。
領収書を入れるポケットが一か所。
このリクエストを元にブライドルレザーでお財布を、
フルオーダーさせて頂きました。

 

ブライドルの色は黒です、そしてコバの赤色がきいています。

 

内側はヌメ革、だんだんあめ色に変わっていくのも
楽しみの一つですね。
領収書入れのポケットが湾曲しているのは、
お使いの財布はこの湾曲してる部分がよれてきたから
その不安を取り除くためです。
まっすぐなラインでも構造上の問題は
無かったのですが、単純に不安を取り除くために
このラインにしました。
そしてイニシャル入り。

先日お渡ししましたが、
「150万ピタッと入るよ、
使いやすいよ。」
っと気に入って頂きました。
良かったです。。
こんなフルオーダーもお受けしますよ。
ご遠慮なくご相談下さい。

↓ここからは還暦のお祝いに作らせて頂いた
ブライドルレザーの二つ折り財布

今回は若い男性のお客様からお父様の還暦のお祝いにと言う事で、
ブライドルレザーを使った二つ折りの財布をお作りさせて頂きました。
お父様はいつも二つ折りの財布を使っているとの事で
形は同じような形にして、革はブライドルレザーの黒を
選んで頂き、還暦と言う事で赤のコバにしました。

職人からの提案で、せっかくの記念の財布なので、

イニシャルをサービスでお入れさせて頂く事にさせて頂きました。
出来上がりはとても立派に出来上がりました。
記念に贈るのにはとてもふさわしいオーダーメイドのブライドルレザーの
財布になりました。
きっと喜んで頂けるはずです。

お客様には何度かお店に来て頂き、
ご家族の事やご自身の事など聞かせて頂きました。
どんなご家庭でどんなご関係で、ご家族の何を
大切にされてるのかその辺もお聞きしながら
どんな革が良いのかどんな仕立てが良いのか
私の中で感覚をつかんでいく作業です。
決めて頂いたのをただ作れば良いというものではありません。
なんとなく会話の中から望まれている感覚を頭で整理させ、
一番お似合いになりご希望とされる目的にふさわしい財布
これを提案します。
今回私が提案させて頂いたのは、記念品ですから、
ブライドルのこの輝き、気品、重厚感。
この革しかない、そして還暦にふさわしい、
赤。
ブライドルレザーに赤のコバ仕立てが得意な
職人に仕立てはお願いしました。
立派な気還暦祝いの財布の出来上がりです。

 

 

 

↓ここからは以前オーダーメイドさせて頂いたブライドルレザーの財布です

愛用してきた財布だけど、ここにこんなのがあったらもっといいのに。って思っていませんか?

お任せください、ご愛用の財布を元にもっと使いやすくご希望通りにオーダーメイドしますよ。
よくお問い合わせ頂くのが、今使ってる財布にもっとカード入れが多いのが欲しいとかこの小銭入れがもう少しこうだったら。。っと言うように今の財布からもう少し機能を変えたのが欲しいという財布のオーダーメイドです。
市販のものをいくら探しても見つからない、と言う方にはお勧めな財布のオーダーメイド。
出来る限り使い勝手良く改善して、出来る限りかっこよく
丈夫なお財布をオーダーメイドでお作りします。
当店の財布のオーダーメイドは革の調達から縫製までをすべて一人の職人による
手作業で行うのが他社との違いです

 

ブライドルレザー長財布のフルオーダーの流れ

入念なヒアリングから始めます

今回のオーナー様のご希望は写真のお使いになっていた二つファスナーの海外ブランドの長財布を、二つのファスナーが面倒だから1つのファスナーにして容量は出来る限りそのままで、と言うリクエストを頂きました。

 

好みのレザー、革の選択、革は何で作ろうか?

何の革が良いのか革の種類の指定はあるのか?
革の鞣しは、タンニン鞣しにこだわるのか?
クロム鞣しが良いのか?
堅いのが良いか?
柔らかいのが良いか?
シボがあるのが良いか?
色の変色はしない方が良いのか?
色はどんな色にしようか?etc。。

決定したのは本場イギリス産のブライドルレザーとは?

ブライドルレザーとは。
古くからイギリスの王朝に愛されてたと言われている革です
馬具に使う革としてヨーロッパで生まれた革で、ピット槽と言われるプールで
数か月かけて鞣された丈夫な成牛だけを使い、
手作業にて数種類のロウを丹念に擦り込ませます
「ブルーム」
と呼ばれる浸み込んだツヤの成分が白く表面に現れるのが特徴です。
使い込めば使い込むほど美しい艶も出るので、
経年変化もとても楽しみなブライドルレザーです。
芯までロウが浸み込んでいますから、耐久性と柔軟性もあり
馬車道今井でもとても人気のあるレザーでとてもお勧めです

中の仕様はどう変えていきますか?
わがまま一杯言ってください

今の財布に入ってるカードはそのまま同じ枚数を使うか?
カードを増やすか減らすか?
お札入れは何か所いるか?
領収書など入れるポケットは何か所必要か?
小銭入れのファスナーはどっちの向きに付けるか?
実際に店内の同じような財布を手にして頂き
使い勝手を試してみます。

 

職人との打ち合わせ

オーナー様のリクエストを職人に確認して、
構造上の無理はないか?カードはスムーズに入れられるか?
カードの枚数は多すぎないか?
耐久性やコバの色のバランス。
などなど今度は職人との打ち合わせ。
オーナー様のご希望でも、構造上問題がある場合は
きちっと説明して、最善策のご提案をします。
基本的に、職人が勧めないものは私もお勧めできないので、
でもなるべくご希望に添う最善策を考えます。

そして、出来上がり。

 

ブライドルレザー長財布出来上がり

内側も肌色のヌメ革がとてもきれいです。
このヌメ革はだんだん飴色に変化していきます
コバの赤もとても鮮やかに効いています。

馬車道今井の職人について

馬車道今井の作品を作る職人は、基本一人の職人が
全て手作業にて仕立て上げます。
もちろんお願いする職人は
国内の中でも抜群の腕を持った若手職人達です。
そして何より作ることに一途で真面目な
腕利きばかりです。
私の目にかなった職人にしか
お願いしませんので、ご安心ください。
目利きには自信を持っていますので。

 

 

 

内側のヌメ革もとても綺麗です、
このヌメ革はだんだんあめ色に
経年変化していきます。
革の変化が一番わかりやすいヌメ革ですね。

ファスナーはなぜykkがいいのか?

長財布の幅は、最大限に大きくしました、約3センチほどあります。
ファスナーはもちろんYKKのエクセラを使用
YKKのエクセラの中でも一番街幅が大きなファスナーです
そうなんといってもファスナーはYKKです。
洋服でも小物入れでもなんでもそうですが、ファスナーは
やっぱり日本のYKKです。
長く使っていくと、引手部分が壊れることがまれにありますが、
本体のレール部分が壊れることはまずありません。
売る側の私達にとっても安心して商品を売る事ができます。
デザインとして時々メンズメーカーで海外のファスナーを使うのは
別として、ファスナーはやはり日本のYKKです。
そして馬車道今井が使うのは全てYKKの中でも
エクセラと言う最高級のクオリティーのファスナーです。
安価な物にYKKとついていたら騙されないように!
よーくみると  「Y」の部分が、「V」と「I」に分かれていますから、
海外の偽物、YKKに似せたファスナーですよ。
お間違えなく。

引手の拘り

ファスナーの引手もオリジナル、ここまで職人の手作業です
大柄なオーナー様だったので、かなり分厚く作りました。

 

同じブライドルレザーで作った鞄もご覧下さい
http://atelier-bis.jp/wp/bridle-leather-original-bag/

 

 

参考価格 ブライドルレザー使用フルオーダー長財布 15万円~20万円

上記ブライドル長財布 18万円

クロコダイルでのオーダーメイドはこちらをご覧ください

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

店舗&オンラインショップ情報

〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

 

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

クロコダイルレザーのジャケット&コート フルオーダー Nine-B

クロコダイルを使った、ジャケットやコートを
スペシャルなアーティストと共にデザインから
フルオーダーします

 

デザイン、縫製のクオリティーの高さをご覧ください。

オーダーに関しては実店舗にご予約下さい。
実店舗三階にてオーダーをお受けしています。

 

NineーB取り扱い 実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>

横浜で、ブライドルレザーのビジネスバックを選ぶなら当店で

正統派なメンズが持つビジネスバックなら、
英国産ブライドルレザーでしょ。

 

 

ブライドルレザーをご存知ですか?

ブライドルレザーは
写真に写っている白いロウが浮き出てるのが特徴のブライドルレザー。
このロウを磨きなら使う、出来るメンズの楽しみでもあるブライドルレザーのビジネスバック。
ブライドルレザーを作るのが、得意とするアーティストによって作られた
ビジネスバックです。
ビジネスのスタイルに拘るちょっと正統派のメンズに
お勧めしたいのがこのブライドルレザーのビジネスバックです。
もちろんカチッと感はありますので、スーツに似合うのですが、
ジーンズにジャケットスタイルでもかっこよく決まるのが、このブラドルバックです。
(革の表面の白い物がロウと呼ばれるもので、拭き取ってから使って頂きます。)

 

この商品はオンラインからもご購入できます

オンラインはこちらから

 

鞄や、財布の職人仕立てって?

上記の言葉をよく見ますが、馬車道今井のこのブライドル鞄は
一人の職人が、デザインから作る作業まで、全て一人です。
もちろんデザインは私と職人で決めていきます。

デザインの決め方はいつもこうです
こちらの要望をイメージやなるべく言葉で説明します。
そして必要なサイズや、どんな年齢層にターゲットを絞るか
どんな風に持ってもらうか等々
必要なイメージだけを伝え後はアーティストの感性で、
デザインを決めていきます。
信頼できるアーティストだからお任せできるのです。
私の抱えるアーティストは、私が認めた感性豊かで
技術力抜群、クオリティーの高いアーティスト達です。
小さな店だからこそ出来る作業になります。
人とかぶらない本物をお求めの方に馬車道今井の
作品は喜ばれますね。

 

タン

この色も珍しく贅沢な色ですね

 

グリーン

グリーン色のブライドルはちょっと珍しいので
人気がありますね

BRIDLE (ブライドル)

英国産ブライドルレザーとは

ブライドルとは馬具の綱を意味し、もともとは馬具に使う革としてヨーロッパで生まれました。
特に英国の王室に愛された革として有名です。
ピット槽と呼ばれるプールで数か月かけて鞣された丈夫な成牛の革だけを使い、
手作業にで数種類の蝋を丹念に擦り込ませます。
「ブルーム」と呼ばれ浸み込んだ蝋の成分が白く表面に現れるのが特徴で、
初めはマットな質感ですが、使えば使うほどに自然なツヤが現れます。
芯まで浸み込んだ蝋は革に耐久性と柔軟性を与え、防水の役割もあります。

 

「耐久性」と「気品」を両立したイギリス伝統の革

馬具用に作られただけあって耐久性はもちろんですが、
カラーや質感など英国革独特の上品さがあります。
使いはじめはブルームで表面が覆われていますが、
使い込む事で生まれるブライドル特有の奥行きのある艶感は
新品時の艶やコーティングによる艶とは全く別物です。
スーツ等のビジネススタイルでは勿論の事、ジーンズやカジュアルな
コーディネイトにもお持ちになれます。

 

内装はこんな感じ

内側は赤のピックスエード。
使い勝手良く、ポケットや仕切りをつけました。
大きさはA4ファイルがすっぽり入ります。
アイパットやお財布等々がちょうど程よく
入る要領、そしてかっこよくお持ちになれます。

 

ブルーム(ロウ)を拭き取ってみたら

下記の写真は底の部分だけタオルでブルームを拭き取ってみたものです。

ピカピカになります。そして使っていくだんだん艶が出ます
男性は磨くのが楽しみと言う方が多いので、本体はそのままでお渡しします。
軽くブルームを拭き取ってから使いだしてもいいですし、
綺麗に磨き上げてから使いだすのもでもどちらでも
好きなように使って頂きたいですね。

 

ジーンズ+ジャケットのスタイル

 

スーツスタイル

 

 

色 グリーン タン ネイビー 黒
在庫の無いものに関しては2ヶ月~3ヶ月ほどで
お作りします。
価格 税込み¥240.000-

実店舗&オンラインショップ情報

〒231―0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜 革ジャケットを選ぶならコードバンジャケット、。

自立するコードバン、馬革ジャケットを
見た事がありますか?

レザージャケットの自立。そう自分で立っている馬革ジャケット。
レザーの厚みも結構な物、そして固さもかなり固い、馬革(コードバン)レザージャケット。
そしてこの馬革はレザージャケットを専門として作る
アーティスト自身が日本のタンナーとの共同開発した馬革
(コードバンレザーを含む)なんです。
個性的な革ジャケットやコートや、レアな革ジャケットを好む方には
きっとたまらないコードバンジャケットの一点なはず。

オーストリッチジャケットもご覧ください

オーダー予約

4月頃に、黒色のみ46サイズと48サイズが入荷予定です
46サイズはすでにご予約いただいています、
48サイズをお求めの方はご予約下さい。

レザージャケット、コート専門に作るアーティストとは

若きアーティストREI
この作品は、REI自身が日本のタンナーと共同開発で作った馬革/ホースレザー。
革からオリジナルで作ってしまう拘り。
REIの代表作のような馬革レザージャケット作品です。

厳密に言うと革は馬のコードバンを含むお尻全体の革を使用
表になる方が内臓側になります。
馬の生きていた状態を、革の表情として、
荒々しく生かした作りになっています。
かなり革も厚く固いので、こうしてジャケットが自立するほどです。
2.3年かけて、自分の体になじませていく、
それも一つの楽しみですね。

同じ馬革で作ったこちらの靴もなかなかです。

コードバンとは

コードバンとは
馬革の中でも、馬のお尻のへこんだホッぺのような部分をコードバンレザー言います。
馬のお尻はムチでたたかれ固くなるとも言われますが、馬は後ろ足で蹴るので、そのほっぺのような部位が一番固くなるようです。
固く磨けばとても艶が出て丈夫な革として、
馬の革の中でも、高級とされ人気のあるコードバンレザーです。
固く黒っぽくなっているところが
いわいる、馬革の中でもコードバンと言われる部位ですね。
このジャケットは全てがコードバン部位を使ってると言う訳ではありません。
コードバンを含む馬のお尻全体の革を使用して作られたホースレザージャケットです。

 

経年変化

着込んでいくうちに自分の体にそっていきますが、
多分数年かかります。
革を育てる。
そういう事ですね。

数年かけてじっくり自分の体のシルエットにしていく
Men’sレザーならではの楽しみですね。
革好きにはたまらないレザージャケットになりますね。
どんな風に変化していくかは、オーナー様の
扱い次第です、。
経年変化にもワクワクしますね。
思いっきり着倒してやって下さい。

 

男前なすわり姿です。。笑
こちらの黒はかなり固いのですが、一番表情があります。
男性の力がないと着れないですね。
女性が着るときっと体中傷だらけになりそうな固さです。
もちろん着込んでいくうちにだんだん柔らかくなっていきます。。
長く味わって来て頂きたい一点です。

 

 

ムートンジャケット&メッセンジャーバック

こちらはREIの作る作品です。

ムートンはとても軽く光沢もあり、

シンプルですがとても高級感があります。

 

こちらからご覧ください ↓

http://atelier-bis.jp/wp/%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e9%81%b8%e3%81%b6%e3%81%aa%e3%82%89%e9%a6%ac%e8%bb%8a%e9%81%93%e4%bb%8a%e4%ba%95%e3%81%a7/

コートやジャケットも全て一点もの。

ご覧になりたい方はお電話でお問い合わせ下さい。

 

ブルレザー メッセンジャーバック

 

シンプルで上品なムートンジャケット

ムートンが持つ適度な光沢感もクオリティーの

高さを物語っていますね。

抜群の存在感。

人とは違う、そして本物のクオリティーを

求めるならREIのジャケットですね。

 

アーティストREIの拘りをここから紹介します。

ヨーロッパの学校出て、テーラーの仕事をしてきているので
パターンからオリジナルです。
革は自身が開発に関わる事もありますが、
それ以外はイタリアやアメリカの老舗のタンナーから
着分だけ取り寄せて作ります。
扱う革の拘りも半端でなく、私自身がほぼ今まで手に取った事のないような
革ばかりで、扱うこちらがまず勉強させられ、感動しています。
もちろん手に取られるお客様も一緒です。
そして、縫製も全てREI自身が手掛けます。
効率をよくする為少し外注に出したら?
と言うと、人の手が加わったら、自分らしさがなくなるから、
それはしない。
との返事。。
そうですよね、そこまで拘るからこのオーラ―が出るんですよね。
金具にも加工を施しているのですが、そこまで手作業です。

 

昨今、デザインをする人や、作る人は
沢山いますがこんなにきっちりと勉強してきて、
デザインも出来て、パターンもひけて、縫う力もある。
日本中探しても今のところREIぐらい。

アーティストREIとの出会い

REIとの出会いは、数年前のアパレルの展示会、
数百社出展する中で、作品が一番際立っていて、
鳥肌が立つような感動でしたね。
出会った時は、
おおー、、出てきた出てきた!!
って言う感動です。
作品が、
「どうだ見てくれ。」
って言わんばかり。
REIはそこにたたずんでいたような、口数も少なく、
ひたむきな海外の画家のような印象でしたね。
そんな出会いでした。。

 

工房へ

先日アトリエにお邪魔した時の写真です。
こうしてREI自身が作っています。
作る作業を見せて頂いたのも初めてでしたが、
扱う革が厚いのでとても洋服の裁断とは
思えない作業でしたね。

 

 

全て彼の手作業によって一着一着完成していきます。

REIの扱う革は一枚一枚革に寄っても表情が違います。

同じものをオーダー頂いても一着一着は一点物のように
同じようには出来上がりません。
その革の良さを最大限にジャケットに表現するからです。
魂のこもった一点ですね。
一度REIの作品を見て頂いた方には忘れられない作品のひとつに残ったはずです。
今井がまだこの先大きな伸びしろを感じるレザーアーティストの一人です。

 

アーティストの顔出しはNGなので。。

 

 

ショールムで来季の作品の打ち合わせ、

ショールームはREIの世界観そのままです。
はっきり写るとご迷惑が掛かるので、
なんとなくの写真です。
毎回ぞくっとさせられる作品を出してきますね。
そして今回思ったのは、
「のってきた」
そう、アーティストとしてだんだんのってきた。
そう感じました。
伸びしろも一番期待するアーティストですね。

 

 

 

 

販売について

この商品は実店舗三階でのみ販売をしています。
ご覧になりたい方はご予約下さい

参考上代 ジャケット20万円~25万円
(メーカーの意向により上代は提示していません)
サイズや扱う革によって値段は違ってきます。

 

サイスオーダー

REIの作品はサイズオーダーが出来ます。
サイズ 46~52
オーダーの締め切りは年二回
3月末までのオーダーで出来上がりは年末
9月までのオーダーで翌春の出来上がり
全て手作業ですので多少納期は遅れることがありますがご了承ください

 

フルオーダー

オーナー様の体に合ったフルオーダーも可能になりました。
フルオーダーはアーティスト自信がお店でオーナー様の採寸から
行います。
*価格 既存商品価格の2倍~2.5倍+諸経費10万円

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

 

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

 

 横浜でプエブロレザーのリュックをオーダーメイドするなら

革マニアが好むプエブロレザーで
リュックサック/バックパックを
オーダーメイドしませんか?

存在感抜群のプエブロレザーリュック。
プエブロレザーを得意とする腕利きの職人が
仕立て上げます。
プエブロレザーの色や、内側生地の色を選んで頂いて
一点一点丁寧にお作り致します。
プエブロレザーの独特な革の表情を上手く表現した
このプエブロレザーリュック(バックパック)。
プエブロレザーの良さをこれ以上表現できた
鞄、リュックはきっと他には見あたらない。
職人の腕も一目でわかるこのプエブロレザーリュックです。

最近の出来上がり。

ここのところこのプエブロレザーのリュックに火が
付いたかのように人気急上昇。
男性からも女性からもこのプエブロリュックはオーダーがあります。
皆さんやはり革好きの方ばかり、
プエブロレザーはやはり革好きにはたまらないんですね、
それにこの仕立てですから、よそでは
手に入りません。
先日もこのブログをみて決めたという方に
わざわざ遠方からご来店頂き即決で
このプエブロレザーリュックを
オーダー頂きました。
プエブロレザーはどうしても色移りがありますから、
キャメルや、グレーがお勧めですが、
あえて赤や、紺色と言う方もいらっしゃいます。
実物は大小とお店にサンプルを展示していますから、
是非実店舗で実際に手に取ってこの
存在感を味わってみてください。

プエブロレザーって何?

プエブロレザーって何?って言われる方も多いかと思います。
プエブロレザーは簡単に言うとオイルをたっぷり含ませたレザーの
表面を、あえてやすりのようなもので、毛羽立たせているのが
特徴のレザー、プエブロレザーです。
使っていくうちにその毛が寝ていき艶もでて元道りの革に戻るような
イメージです。
オーダー頂ければ、抜群の腕を持った
職人WAKATUKIがプエブロレザーを最高の作品に料理します。
出来上がるリュックの一つ一つが、それぞれの存在感を醸し出しています。

Lサイズ↓

ドイツシュリンクで作るリュックもご覧ください

 

大きさは、LサイズとMサイズの二種類
写真で見比べてみてください。
Lサイズは出張にも行けそうな大容量
Mサイズは普段通勤に使えるサイズ
LサイズMサイズ両方パソコンの収納ペースがあります。

Lサイズオーダーはこちらから

Mサイズ↓

Lサイズ↓

Mサイズ↓

Lサイズ ↓

Mサイズ↓

Lサイズ↓

Lサイズ↓

オーダーメイドの出来上がり

今回は都内からわざわざ馬車道に来てくださりオーダーメイドさせて頂きました。女性のお客様で少しパーツ部分をグレーにして欲しいというリクエストを
頂きこんなラフ画を職人に書いて頂きました。
このラフ画を見て頂き手元は本体と同じであとは絵のように
と言う事で作成に入りました。
本体の底の部分に特定の水筒入れが欲しいとのリクエストでした。
職人はわざわざ同じ水筒を買ってピッタリのサイズにしてくれました。
職人の気合の入った一点です。。。笑
と言うかこの職人の腕は半端じゃありません。。
いつも完璧、別の職人も絶賛するほどです。。

 

 

グレーとのコンビも良い感じです。

 

 

 

 

ここに水筒がすっぽりと入りますよ。

ファイルが入れやすいようにポケットの切り口を下げました。
携帯と名刺入れもつけて。。
オーダーメイドですから、多少の融通がききますよ。

オーダーメイドで作るプエブロレザーのリュック
とても味があってよいものですよ。
オーダーメイドで鞄を作ってみませんか。

価格 Lサイズ 税込¥190.000-

Mサイズ 税込¥180.000-

納期 1ケ月~2カ月

 

このプエブロレザーはシリーズで
財布もあります。
財布はこちらからご購入できます

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>

レザーショップ横浜が提案するメンズ用ブリーフケース

男性諸君ありきたりのブリーフケースじゃつまらなくないですか?

馬車道今井がお勧めする、ブリーフケース、メンズ用ですが
あえて鮮やかな色で作りました。
こんな鮮やかで綺麗なブリーフケースってめったに
ないですよね。
だから鮮やかな色で作ったメンズ用ブリーフケース。
ビジネス用バックといえばどうしても黒ばかりが目立ってしまう、
人とは違うオシャレをするメンズにはこの位
鮮やかな色のブリーフケースを持ってほしい。
出来る男のブリーフケース。
ビジネスバックの中でも王道をいく
ブルーフケースですが、こんなオシャレなブリーフケースは
馬車道今井のこのブリーフケースぐらい。
日本男児にはこのくらいオシャレしてほしい。。
そんな提案のオレンジのメンズ用、ブリーフケースです。

使用したイタリア製のベジタブルタンニンレザーとは?

イタリア製の革で、革の部位は成牛の肩の部位で、牛一頭から沢山は取れない希少性の高い革です。
天然植物を用いた染色で染色され、透明感があり発色が良く、
革そのものが持つ香りや質感を持ち合わせています。
オイルのしっとりとした鮮やかな風合いと、使い込むほどに味が出てくる
経年変化を楽しんで頂ける魅力的な革です。

仕立てた職人は?

抜群の腕を持ち妥協なく作り上げる、女性職人が
仕立てあげます。
出来上がった鞄からは、職人の拘りや風格さえ感じられる、
素晴らしい仕立て力です
革のクオリティーと、仕立力の高さのバランス、
両方のバランスがとてもマッチした
素晴らしブリーフケースが出来上がりました。

 

 

 

 

こちらのオーナー様には、イエローのブリーフケースを選んで頂きました。
この日は新しく気持ちの切り替えに、
と、今井の鞄をお選び頂きました
そんな風にお選び頂きオーナー様に仕えていく鞄。
今井の鞄は職人の気持ちが籠っていますから、
きっと鞄はご主人様に寄り添ってくれるはず。
大切な日に大切な鞄を今井で選んで頂き嬉しいです

 

 

内側はムラサキのピックスエードを使いました。
ファスナーのテープもムラサキに揃えています。
鞄を開けたとき鮮やかな紫が飛び込んできます。
内側のポケット一つとっても、
表側に出せるくらい
神経を研ぎ澄まして作ります、っと職人の技術の
拘りです。
仕立ての良いバックを持ちたいのなら、
馬車道今井にお任せください。
自信を持ってお作りさせて頂きます。

 

 

 

当店でのオーダーをお考え頂いた場合、
ご来店予定日やご希望の品の簡単なイメージ等を
事前にお伝えして頂きますと、オーダーがスムースに進みます。
お手数ですがご来店前に、お電話又はメールでお問い合わせ下さいませ。

 

実店舗&オンラインショップ情報
〒231-0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356
営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時
日曜日、祝日  11時~18時
月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み
オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/
フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi
レザーショップ横浜 馬車道今井>>

Ventriloquist/ヴェントリロクイストのガウン、コート        

Ventriloquist/ヴェントリロクイストの
魅惑のガウン/コート

Ventriloquist/ヴェントリロクイストの描くこの華やかで大人可愛い
独特の世界観のガウン/コート。
Ventriloquist/ヴェントリロクイストの洋服に出会った時のトキメキは表現の出来ない高揚感でした。
Ventriloquist/ヴェントリロクイストの作り出す一点一点の洋服には夢があり、女らしさがあり、そして可愛い洋服の数々。
女性の本来持つ女らしさと可愛らしさを根本氏ならではの感性と
技術で表現されたVentriloquist/ヴェントリロクイスト作品の数々。
女性なら「着たい」と思わせる一着がVentriloquist/ヴェントリロクイスト、ここにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

Ventriloquist/ヴェントリロクイスト今年のテーマ

「夜な夜な描いた夢の世界
煌びやかな光に妖しく誘う音色
目を閉じれば近づいてくる夜の足音に心躍る
とっておきの服に袖を通し
扉の鍵をそっと開ける」

代表兼デザイナー根本氏の紹介

服飾のデザイン学校の時にデザイン大賞を受賞、その賞金が
イタリアの服飾学校の1年間留学だったそう。
学校出た後は、誰もが知るイタリアのブランド
MAX MARA Linea Max&Coデザイナー、パタンナーに就任
帰国後Ventriloquistを設立
国内の有名デザイナーブランドや百貨店、繊維会社とも数多くデザイナー契約。
若くしてとても実力のある
Ventriloquistの根本氏。
馬車道今井が認めるデザイナーの一人です。
その才能にリスペクト。

商品 ガウン コート
サイズ:Free
色:モスグリーン
素材:コットン37% キュプラ34% ポリエステル29%

オンラインショップからもご購入頂けます。↓

http://bis.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2487797&csid=0

 

実店舗&オンラインショップ情報

〒231―0013
横浜市中区住吉町5-54
(馬車道道り関内ホール前)
℡ 045-681-6356

営業時間
火曜日~土曜日 11時~20時

日曜日、祝日  11時~18時

月曜日定休日   その他の休日 年末年始 お盆休み

オンラインショップはこちらから
http://bis.shop-pro.jp/

フェイスブックにも情報を投稿しています、こちらから。
https://www.facebook.com/Mensbashamichi

 

レザーショップ横浜 馬車道今井>>

パソコンでの閲覧という特性上
商品の画像が実際の色目と多少異なる
場合が有りますがご了承ください。